2015年度公務員試験のEYE合格体験記

「夢の実現!」東洋大学ライフデザイン学部4年(受験時)・プレミアムコース8ヶ月講座7月生・最終合格先:特別区Ⅰ類・二次辞退:多摩市上級、独立行政法人日本スポーツ振興センター

モチベーショングラフ

―ゼミナールがきっかけで公務員に興味を持った―

 大学のゼミナールの活動で自治体の方々と共に健康づくり教室を実施したことです。そこで住民の方々と接するなかで、とても大きなやりがいを感じ、一人ひとりが健やかに生き生きと暮らしていけるようサポートしていきたいと思い、公務員を志望しました。

―岡田先生が公務員試験について丁寧に教えてくださった―

 大学の先輩でEYEに通っている方がいて、いろんな話を聞くなかで自分に合っていると思いました。実際に個別相談に行ったとき、岡田先生が公務員試験について丁寧にわかりやすく教えてくださり、とても雰囲気が良いと感じ、入学を決めました。また、予定があって出られない講義もDVDですぐに見ることができるというところも決め手になりました。

―はじめはサークルやアルバイトが忙しく、スタートが遅れてしまった―

 予備校に入ったものの、サークルやアルバイトが忙しく、週に1、2度行くくらいでした。また、スタートが遅れていたため、講義はすべてDVDを見て受けていました。この時期は講義をただ受けているといった感じで、予習も復習もほとんど出来ていなかったと思います。まだ公務員試験に対して、真剣に考えていませんでした。科目は数的処理のみをやっていました。

―遅れていたので講義は倍速でみて、効率よく勉強することを心掛けた―

 教養試験の一般知能分野の科目の講義を終え、専門科目の講義を受け始めました。周りの人の勉強の進行具合を見て、このままではまずいと少しずつ焦り始めました。そしてこの時期から徐々に勉強量も増えていきました。遅れていたので講義は倍速でみて、効率よく勉強することを心掛けました。専門科目を中心に勉強を進めていましたが、数的処理は1問でも毎日解くようにしていました。この時期でもアルバイトは週4日ほどしていました。

―直前期になっても講義をすべて消化しきれずにいた―

 1日2本DVDを見たりして、最終的に必要な講義をすべて見終わったのは志望自治体の試験日の1か月前でした。講義を見終えてからはひたすら過去問を解きました。勉強時間は1日10時間程でしっかり計画を立てて進めていました。また本番の試験の時間に合わせた、生活習慣を心掛けていました。

―自分の時間に合わせて、勉強を進めることができた―

 どうしてもアルバイトなどで、決まった時間に勉強することができないという状況で、空いた時間にDVDを見たりすることができ、自分のペースで学習を進めることができました。また、少しでも不安なことがあれば、岡田先生や長谷川先生が相談に乗ってくださり、アドバイスをしてくれたことです。一人で勉強していると不安に思うことやわからないことがたくさんあるなかで、親身になって話を聞いてくれたので、気になることは何でも聞くことができました。

―正直、面接は余裕だと思っていた―

 一次の筆記試験を終えるまでは一切面接対策はしていませんでした。一次試験の結果が出た後から対策を始め、DVDで講義を見ました。正直面接は余裕だと思っていましたが、実際に模擬面接などを受けてみると、答えられないこともあり、しっかりと自分の中で考えをまとめておく必要があると感じました。またいろんな人に面接官をしてもらい、気になったことを指摘してもらい、改善していくということを繰り返しました。
 論文対策は友人と二人で各テーマを決め、それについての背景、問題点、解決策などをまとめ、情報交換するといったことを繰り返しました。全部で15テーマほど作りました。実際に論文を書くということは模試でしかしておらず、とても不安でした。

―試験日から逆算して今何をすればよいのかということを先生たちと相談しながらはっきりさせ、ひたすらそれを取り組んだ―

 周りに比べ、勉強を真剣に始めた時期が遅かったため、いかに効率よく勉強するかを意識しました。試験日から逆算して今何をすればよいのかということを先生たちと相談しながらはっきりさせ、ひたすらそれを取り組みました。また、空いた時間をうまく使うということで電車の中では時事の本を読むなどを決めて、無駄な時間をなくすことを心掛けました。他にも週に一度はリフレッシュする時間を設け、友人とスポーツをしたり、ご飯を食べに行ったりして気分転換を図り、勉強のモチベーションにしていました。

―合格したときの自分を想像して、自分を信じて勉強に取り組んで―

 勉強を進めていくなかで不安や苦しいと思うことがたくさんあると思います。私も何度も心が折れそうになりました。勉強をすればするほど、不安も大きくなってきて、このままで大丈夫かとマイナスに考えてしまうこともあります。でも合格したときの自分を想像して、自分を信じて勉強に取り組んでいけば必ず良い方向に進んでいくと思います。最後まで絶対に諦めないという強い気持ちをもって頑張って下さい。

体験記一覧ページに戻る