2015年度公務員試験のEYE合格体験記

「時間をかけて、じっくりと」立教大学文学部4年(受験時)・プレミアムコース1,0年講座4月生・最終合格先:特別区Ⅰ類・二次辞退:国家一般職・三次辞退:清瀬市

モチベーショングラフ

―私は予てから年齢や体力に囚われず、ずっと続けられる仕事に就きたいと考えていた―

 そういった意味で、安定性があり福利厚生も充実し、転勤等の移動が少なく長期的に続けられるのは公務員であると感じました。また、説明会に足を運ぶ中で、一つの業務に特化するのではなく多様な分野を経験し、多くの人と関わりあえるところに魅力を感じ、公務員を志望しました。

―EYEなら分からないことや、悩みをすぐに相談できる場所があると感じた―

 公務員試験を受けるにあたって、私はいくつかの予備校に実際に足を運び、説明を聞きました。しかし、パンフレットを貰い軽い説明を受けるだけで何から手をつけたらいいのか分からない状態が続いていました。そんなとき初めてEYEを訪れ、担任の岡田先生が試験の種類や時期等の基本的なことすら分かっていなかった私にも分かりやすく丁寧に説明して下さり、親身に話を聞いて下さいました。また、受講生同士がラウンジで意見を交換し、解けなかった問題を一緒に考えている姿を見て、ここに入れば受験仲間をつくり、ともに切磋琢磨することができるのではないかと思い、説明を受けたその日に入学を決めました。

―最初の頃は忙しく、予備校から足が遠のいていた―

 わたしは4月生として入学したのですが、実際には大学の授業やアルバイト等の日常生活と勉強の両立が上手く出来ず、最初の頃は予備校から足が遠のいていました。しかし、6月頃に「このままではいけない」と思い、授業の回数が多く消化に時間がかかる経済・法律・数的処理の3科目に取り掛かりました。夏休みいっぱいまでは週に2~3日EYEに通い、映像授業を受けていました。

―12月頃にアルバイトを休職し、勉強に専念―

 本格的に授業の消化を始めたのは10月頃でした。その頃から科目数が増えたこともあり、復習に時間を費やすようになっていたので、自ずと勉強時間が増え少なくとも週に4日はEYEに通っていました。特に秋から冬にかけて民法・行政法といった法律科目は一度授業を受けただけではすぐに忘れてしまうので、意識的に復習時間を設けるよう心掛けていました。個人的には、この時期にどれだけ主要な専門科目に時間をかけられるかが鍵になってくると思います。私は1年生の頃からアルバイトを続けていましたが、12月頃に休職し、勉強に専念することにしました。

―直前期の2月以降はほとんど毎日のように8時間以上机に向かっていた―

 私は特別区が第一志望だったので、一日にできる限り多くの科目に触れるために一日ごとの計画表と、一週間ごとの計画表をつくり、全科目万遍なく進めるようにしていました。4月~5月頃は基本的に過去問を回し、間違えたところを復習する作業に移っていましたが、それでも勉強時間は8時間以上をキープしていました。そのため、6月の頭に特別区の筆記試験が終わってからは、完全に燃え尽きてしまい、その一週間後に控えている国家一般職や二週間後の地方上級試験までの期間はダラダラと過ごしてしまいました。自分の第一志望に照準を合わせるのは大切なことですが、公務員試験は長丁場になるので時には休んだりリフレッシュすることが必要だと思います。

―EYEで多くの友人ができた―

 論文対策や面接練習を通して活発に意見を交わしあう仲間ができたことはかけがえのない財産になったと感じています。また、担任の岡田先生をはじめ、受付の方々も分からないことや不安なことを打ち明けるとすぐに相談に乗って下さったので、一人で抱え込むことなく最後までやり通すことが出来たと感じています。

―面接対策は11月頃に開催された第一回チューターゼミに参加―

 この時期に面接練習を始めたことで、これからの自分の課題をはっきりと自覚することが出来ました。また、面接直前期には面接期間に解放される教室で、友人と毎日のように練習していました。自分が納得するまで何度でも面接の練習ができたので、本番は自信を持って臨むことができました。

―秋頃に始まる寺本先生の小論文講座は、実際に今年の特別区の試験で出題されたテーマも扱っていたので、とって本当に良かった―

 また、2月頃から友人と数名で小論文のグループをつくり、一人一つテーマを割り振り、全員の前で発表するということを数回繰り返しました。小論文対策は友人と協力して行うことで、新しい意見やアイディア、自分が知らなかった政策や取り組みを知ることができたので、非常に有効だったと思います。

―参考書は評判に囚われず、自分に合ったものを選ぶことが重要―

 参考書は評判だけでなく、実際に自分が手にとってレイアウトや文章を確認してしっくりきたものを使うようにしていました。公務員試験を受ける人ならば誰もが知っているような有名な参考書は多数ありますが、評判に囚われず、自分に合ったものを選ぶことが重要だと思います。

―EYEの仲間や担任の先生に相談して一緒に乗り越えて下さい―

 私は約一年間筆記試験のために時間を費やしました。そのため多少科目数等が異なっていても複数の試験種に対応することができ、本番は万全の状態で試験に臨むことが出来ました。公務員試験は、筆記の勉強時間を含めると内定までの期間が非常に長く、心が折れそうになることも多くあると思います。そんなときこそ、EYEの仲間や担任の先生に相談して一緒に乗り越えて下さい!応援しています!

体験記一覧ページに戻る