2015年度公務員試験のEYE合格体験記

「自分の人生を楽しむために」東洋大学経済学部4年(受験時)・プレミアムコース1,0年講座3月生・最終合格先:国家一般職、特別区Ⅰ類、さいたま市(大卒程度)

モチベーショングラフ

―自分の縁のある場所で、様々な仕事に関われる職場で働きたい―

 大学での、就職関係のセミナーで区役所の現職の方の生の声をきいたことが大きなキッカケでした。自分の縁のある場所で、様々な仕事に関われる職場はそうそうないのではないか、と思い公務員を志望しました。

―さまざまな公務員予備校の体験授業に全て行ったがダントツでEYEの面倒見の良さが魅力的だった―

 私が当時志望していた職場を、世間話程度に岡田先生に相談したらとても親身になって話を聴いてくださりました。それだけでなく、翌日に採用情報などのパンフレットを自宅に郵送してくださり、とても驚きました。他の予備校がやらないこと、できないことを生徒ですら無い私にしてくれたことが、EYEの素晴らしいとこだと思います。

―サークルや部活と両立しつつの勉強―

 EYEに入った当初は、1日4時間~以上やっていた気がします。あまり大学で時間を決めて勉強する習慣がなかったので、勉強のペースや感覚を取戻すことで精一杯でした。交流会で仲間もたくさんできたので、グループラインで励まし合ったり、習慣学習表で塾のスタッフのかたたちと交流したりしていたので、モチベーションのダウンはあまりありませんでした。勉強は、基礎ばかりやっていた気がします。

―寺本先生の夏休みの勉強方法アドバイス会など、モチベーションを持続させるようなEYEの講座がたくさんあり、とても助けらた―

 夏を制するものが公務員試験を制す!と寺本先生が言い切っていらっしゃったのは今でも覚えています。(笑)サークルの夏合宿にも参加したり、塾が閉まるまで勉強して、EYEの友人たちと一緒に飲み会をしたりしていました。とてもオン・オフがはっきりした生活だと覚えています。私は予備校の鍵当番をしていたので、他の鍵当番のひとと励まし合って、勉強をお互い診てもらうなどもしていました。寝坊してはいけない、といった責任感が生まれ夏休みも朝寝坊をすることがほとんどありませんでした。早起きが苦手な人こそ、カギ当番をオススメします!一日の勉強時間は10時間程、ダーウィンを何週もしていました。

―心理的不安もあり勉強に手が付かない…といった悪循環にはまりかけていた―

 時間が経つのがとても早く、焦りを感じていました。自分が一番勉強ができていないのではないか、などの心理的不安もあり勉強に手が付かない…といった悪循環にはまりかけていたこともあります。しかし、EYEのスタッフさん、なにより予備校の友人たちでお互い励まし合うことで乗り越えることができました。その頃にはDVDも消化し、EYEの冬の直前講習も受講して自分の弱点をひとつひとつ潰していく勉強が続きました。苦手をなくすことが自身につながり、直前期が一番成績が伸びた気がします。1日の勉強時間は11時間ほどでした。その頃にはアルバイトもやめており、電車や寝る前の数分に参考書を読むなど、スキマ時間を意識した勉強を実践していました。

―EYEはなによりも面倒見がよいことが、本当にここで勉強していてよかったと思った―

 私は一人で黙々と勉強することが苦手だったので、辛くなったら誰かに相談できる体制を一番しっかり整えているEYEだからこそ合格できたのだと思います。受験の直前期で先生方も忙しいにも関わらず、自分がやっている仕事の手を止めて私の愚痴を聴いてくださったこともありました。本当にありがたく思っていますし、今でも忘れません。
 また、EYEではEYEのOBの方を紹介してくれるので、そういった実際に合格した先輩達と連絡をとり、今の自分の勉強方法で間違っていないか、実際の職場の状況など生の声を聴くことが簡単にできました。EYEは横のつながりだけでなく、スタッフさんや先輩がたなどの縦のつながりも強い魅力的な学校だと思います。

―面接対策 友人たちとの模擬面接練習を中心に行った―

 EYEで面接対策の友人を作りやすくしてくれる会など、場の提供を積極的に行ってくださいました。私もまったく知らない人たちを面接練習をする機会があったのですが、練習を重ねていくうちに絆が生まれ、合格した後でも今でも仲の良い友人たちばかりです。面接練習は一人きりや、いつも同じ人とやるのでは効果が薄いです。EYEは受験生同士を積極的に繋げてくれ、最終的に自身をもって本番の面接に望むことができました。

―寺本先生の、論文の秋講習が本当に役立ちました―

 テーマがとても絞りこまれていて、とても取り組みやすかったです。今年の特別区のワークライフバランスも見事的中しており、試験でEYEに入っていてよかった!と思いました。他の予備校ではあまり優先度の高くないテーマだったので、差をつけられたと思います。論文の添削授業も何度もあったので、とてもお世話になりました。様々な先生が添削をしてくれるので、誰が読んでもウケのよい論文を書くよう気をつけるキッカケにもなりました。特別区は論文の配点がとても大きいことを授業で聞いていたので、EYEでとても丁寧に取り組むことができました。

―スキマ時間の勉強が大切にした―

 EYEで配っている週間学習表を書いて自分の勉強の進度を客観的に分析しました。また、休むときはしっかり休むなど、メリハリもつけるよう心がけました。就寝前や電車でのスキマ時間の勉強が大切だと思います。

―公務員試験は思っていた以上に長丁場―

 勉強だけでなく、論文や面接対策など、1年間の中で学ぶべきことがたくさんありました。そんな長期戦の中で、周りの友人や両親、EYEのスタッフの方など本当に多くの人に支えられました。筆記も面接もあって大変だと思いますが、頑張ってください。応援しています。

体験記一覧ページに戻る