2015年度公務員試験のEYE合格体験記

「努力は裏切らない!」立教大学社会学部4年(受験時)・プレミアムコース1,0年講座4月生・最終合格先:特別区Ⅰ類、埼玉県警察官Ⅰ類・二次辞退:横浜市(大卒程度)、国立大学法人等職員、公立学校共済組合

―地方公務員の父の姿を見て―

 私の父が地方公務員ということもあり、幼いころからなんとなく公務員になろうという思いを持っていました。その時、大学のゼミの研究で困難経験を抱える人の多さを改めて認識し、自分もこれらを解消していきたいと思い、広くサービスを提供することのできる公務員を目指そうと決意しました。

―EYEは講師・生徒間、生徒同士の関係がとても親密―

 信頼できる講師や担任の先生との距離が近く、さらにともに切磋琢磨できる仲間・ライバルがたくさんできることで、負けず嫌いな私もモチベーションを高く保ち勉強できるのではないかと感じました。

―学習の流れ―

スタート時期:公務員試験はとにかく科目数が多いので、決められた授業の講義やDVDを着実にこなすようにしていました。大学の講義が終わり次第図書館へ行き、EYEの講義の予習、復習をして、その後EYEのライブ授業を受けていました。

中間期:講義を受けた科目の数が増えてきたため復習に力を入れるようにしていました。特にミクロ・マクロや憲法・民法、数的処理は毎日触れるように努めました。

直前期:直前期はできる限り全科目に触れるようにしていました。それと同時に、志望先の過去問をひたすら解きました。点数やできなかった問題を細かくノートにまとめ、苦手を認識し着実に解消するようにしました。また、模試を受けて自分の位置を把握し、論文対策も始めました。私は朝方なのでEYEが開く時間に校舎に行き夕方までしっかり勉強して帰宅していました。

―ライバルの存在がモチベーションにつながった―

 自習室へ行くと仲間やライバルが一生懸命勉強している姿を見ることができ、私も負けずに頑張ろうと強く思え、モチベーションを高めることができていました。また、過去の先輩方が多くのデータを残してくださっているので、たくさん参考にさせていただきました。

―大学の面接対策講座や個人相談を頻繁に利用―

 EYEでは模擬面接や個別相談をして頂きました。また、EYEには過去の面接データが豊富にあるので、それを参考に想定質問を用意し答えられるように練習しました。
 論文はEYEにある過去の先輩方の論文の見本を参考に重要テーマの模範解答を自分で作成して、論文ノートにまとめ、試験の前に要点を見直していました。

―勉強で工夫したこと―

 間違えたものをまとめたノート、時事問題をまとめたノート、論文対策ノート、面接対策ノートなど自分だけのノートをたくさん作って、それを毎日持ち歩き隙間時間に見直ししていました。また、全科目をまんべんなく勉強できるように自分で勉強シートを作成して、勉強した科目にチェックを付けていました。

―自分が熱くなれる目標を立て、自分を信じること―

 勉強が苦手な人や面接が苦手な人、それぞれ様々な不安を抱えていると思いますが、努力し続ければ必ず結果はついてきます。私は面接がとても苦手だったのですが、回数を重ね何度も練習した結果、最後は得意だと感じるまでに成長することができました。今やるべきことは、計画を立ててコツコツとひたむきに努力すること、自分が熱くなれる目標を立てること、そして自分を信じることだと思います。つらいことの方が多いかもしれませんが、今頑張れば誰だって夢をかなえることができると私は信じています。頑張ってください。

体験記一覧ページに戻る