2015年度公務員試験のEYE合格体験記

「自分のペースで!」成蹊大学法学部4年(受験時)・個別授業付き!警察消防教養プレミアムコース1月生・最終合格先:東京消防庁Ⅰ類、いわき市消防職上級、警視庁Ⅰ類・二次辞退:千葉県警察官A、福島県警察官A

モチベーショングラフ

 大学の部活動でライフセービング部に所属し、ライフセーバーとして海辺での人々の安全を守る活動を行っていました。その経験から、将来は人々をもっと多くの災害から救えるようになりたいと考えるようになり、消防官を目指すことを決意しました。

 EYEに入学を決めた決め手は、料金の安さと90日で完成できるというコースがあったことでした。私は独学で勉強していたのですが、自分の勉強の質やスピードに危機感を覚え予備校への入校を決めました。EYEに通っている友人から90日コースの存在を聞き、「ここだ!」と思い入校を決めました。

スタート時期

 1月~2月は、Webの授業を早く消化したいという気持ちでただただ授業を見ていました。

 3月~4月初めは、ふとやる気が落ち始め予備校から足が遠のき、あまり予備校に行かなくなりました。家で学習したりしていたのですが集中力が続かず、授業の消化スピードがとても遅くなってしまいました。

中間期

 4月後半~5月は、気持ちを入れ替えて学習するようになりました。論文対策や自分のにがてな強化の対策に重点を置いて学習に励んでいました。

直前期

 ダーウィンや過去問をひたすら解いていました。問題を暗記できるくらい回して、試験の準備を進めていました。

 EYEで学習するようになって、勉強のペースを作っていけるようになり、ただただ無我夢中にやるのではなく、何をどの程度やればいいのか取捨選択しながら学習することができるようになりました。そのおかげで時間を効率よく使えるようになり、部活動と試験勉強を両立させることができました!無料のDVDブースやWEBでの授業を活用することで空いた時間に自分のペースで学習できたこともEYEの魅力だと思います!

面接対策

 EYEで行われるチューターゼミでは、合格者の方からお話を伺うことができ、過去の質問内容や面接の形式などの情報をいただけたので、とても助けられました。

論文対策

 私自身、論述が得意でなかったのでEYEの授業でいただいたレジュメにある参考答案や後者においてある過去の受講者の方の答案を参考に自分の答案を作っていました。

 部活や学校の授業があったので、空いた時間には勉強する習慣をつけていました。
 時間を見つけて学習することによって、自分の好きに使える時間も作ることができ、部活動にも積極的に参加することができ、要領よく生活できていたと思います。

 私のように公務員試験の勉強のスタートが遅くて、部活をしていてもEYEでなら第一志望に合格できました。試験に対して不安を感じ、これで大丈夫かわからなくなったときは、一人で悩まず、先生や友人に話してみてください。公務員試験は周りの支えが大きな力になる団体戦です。周りの力も借りながら、前を向いて合格に向かって突き進んでいってください!

体験記一覧ページに戻る