2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「直前追い込み派でも合格できる」立教大学法学部4年(受験時)・個別授業10コマ付き!プレミアムコース8ヶ月講座9月生・最終合格先:国家一般職(財務省)・二次辞退:清瀬市上級

モチベーショングラフ

―公務員を志望するに至ったことは、自分としては非常に自然なこと―

 私が公務員を志望した理由は、正義を尽くし国民全体に貢献できることに魅力を感じたからです。自分の性格や、大切にしている軸、知識を活かしつつ仕事の出来る、公務員を志望するに至ったことは、自分としては非常に自然なことでした。

―EYEなら公務員志望の仲間が作れると強く感じた―

 受講生一人一人への対応の厚さを感じ、受講生同士も仲が良さそうで、公務員志望の仲間をつくれそうだと感じたからです。又、DVD授業が予約無しで、いつでも受講できることに魅力を感じました。

―マイペースで直前追い込み派な自分にとってDVDブース予約不要は助かった―

 担任の先生(岡田先生、長谷川先生)に何度も相談できたことで、その都度自分の今後の指針が明確になり、非常に頼りになりました。先生とメールなどで繋がれることは、EYEの大きな強みだと感じました。DVDブースも予約無しで受講できたため、マイペースで直前追い込み派な自分には助かりました。寺本先生のレジュメは秀逸でどの教材、先生より分かりやすかったです。経済の福嶋先生の授業とレジュメも大変分かりやすかったです。又、一次試験合格後のアドバイス会では、実際に職員として働いている先輩たちからアドバイスを頂けたのと同時に、同じ志望先の友人を創ることが出来ました。友人と面接練習を繰り返し行えたおかげで、自分の頭も整理出来、本番に活かすことが出来ました。

―月ごとの学習の流れ―

  • 9月入校→あまり通わず。
  • 10月~12月→DVD授業を受ける。
  • 1月→大学の学期末試験期間中は公務員試験の勉強を停止する。
  • 2月→毎日勉強するようになるも一日平均3時間程度でDVD授業の受講がメイン。
  • 3月→一日平均5時間程度の学習でDVD授業を受講。模試も受けず。ボランティア活動に参加する。
  • 4月→一日平均6,5時間程度の学習で、このころDVD授業が一通り見終わる。(4月でアルバイトのシフトに入るのをやめる。)
  • 5月→一日平均8時間程度の学習。小論文に取り組み始める。個別授業でも小論文を見てもらう。特別区の過去問で論文以外を10年分解く。公務員試験全般対応の過去問題集を解く。
  • 6月→試験直前は、自分でまとめたノートと「新・光速マスター」という、赤シート付の要点のまとまった教材を使って一通り目を通すようにしていた。国家一般職の専門試験を3年分、教養試験の過去問を1年分解く。「受験ジャーナルの公務員試験直前対策ブック」などを少し解く。
  • 7月→国家一般職の合格発表後に、官庁合同説明会に行き、そこで第一志望が厚生労働省から財務省へと気持ちが移る。財務省の個別説明会に行くと、後日個人的にメールを頂き、個人面談を設けて頂く。(今思えばこれがプレ面接だった。)7月3週目以降は、面接カードの書き方、官庁訪問の流れを把握し、週に3、4日程度面接練習を行い、月末に国家一般職の人事院面接を受ける。
  • 8月→財務省の個別説明会に4回、厚生労働省の個別説明会に1回、総務省の説明会に3回行く。ボランティア活動に復帰する(2回程参加)。説明会などが無い日は、友人と面接練習をしたり、官庁訪問カードを練ったり、面接指南書を読んだり、経済誌、財務省関連の文献や厚生労働省関連の文献、大学での自分の専攻分野に関する文献、関心ごとに関する文献など多くの文献を読む。時事は、携帯で産経ニュースなどを毎日チェックする。サークルやボランティアなど、外に行く機会も増やし、話の幅を広げるようにする。
    官庁訪問初日の22時半頃、内々定を頂く。

―私の論文・面接対策―

  • 論文対策→EYE校舎にある、先輩方の論文を骨組みに使い、論文対策の書籍を参考にし、個別授業で訂正を加えて頂きながら、自分の論文をwordで6論点程作成。
  • 面接対策→友人との練習、大学のキャリアセンターでの練習を行い、EYEの模擬面接を一回受けさせて頂きました。官庁訪問における面接は、原課面接がほとんどで、会話形式だったので、友人との練習が非常に役立ちました。

―私の勉強の工夫―

 とにかく全教科一通りやること。過去問をやって間違えたところは、テキストやインターネットなどで納得するまで調べて、試験直前に見直せるように、ルーズリーフに綺麗にまとめた。

―公務員予備校の中で、EYEが一番勉強環境も先生陣も友人関係においても優れている予備校―

 途中入学で、友人がなかなか出来ない受講生も居ると思いますが、EYEで公務員仲間が出来ていないのは実は自分だけじゃなかったことに後から気付いたりします。一次試験合格後のアドバイス会などで友人を作ることが出来るので、心配しなくて大丈夫です。EYEの仲間は優秀で心強いので、面接練習などで互いに高め合えるはずです。私は、昔から追い込まれないとやれず、直前に集中的に詰め込み、試験を越えるタイプの人間でした。今回の公務員試験でも、そのような勉強のスタンスのまま取り組み、もっと早くから取り組むべきだったと強く感じました。特に、数的処理は毎日地道に取り組むべきでした。他の科目はまだ取り返しが効きますが、私は数的処理を怠っていたため苦労しました。とはいえ、自分を正当化するつもりは微塵もありませんが、勉強の取り組み方、スタンスは人それぞれです。周りが自分より非常に早い進度だったとしても、地道に着実に勉強していってください。勉強を始めたのが遅くても、前向きにこなしていけば、結果はついてくると思います。私のような直前詰め込み型は全くお勧めできませんが、進度が遅いからと諦めないで頑張ってみてください。目指す場所が最初から決まっていなくても後から付いてくることもあります。私は、やりたい仕事を明確化するには自分が無知過ぎていたことに、官庁の個別説明会に参加していく中で気付きました。勉強面だけでなく、今までの全ての経験が、自分の色や話の幅に繋がって面接に活かせると思います。計画的に勉強を始め、進めることが最良の策です。しかし、スタートが遅れ気持ちに迷いが出ている方は、是非、こんな先輩も居たのだと思い出して、教訓にし、前向きに勉強に励んでほしいなと思います。皆さんの成功を心よりお祈り致します。

体験記一覧ページに戻る