2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「数的・小論文・面接が苦手でも合格できる!!!」大東文化大学法学部4年(受験時)・警察消防教養ベーシックコース1.0年講座2月生・最終合格先:警視庁警察官Ⅰ類、埼玉県警察官Ⅰ類、陸上自衛隊一般幹部候補生

モチベーショングラフ

―犯罪から安心・安全を守る警察官に強い憧れ―

 私が公務員を志望した理由は、幼い頃から多くの人の安心・安全を守り社会の役に立てる職業に就きたいと思っていたからです。その中でも特に犯罪から安心・安全を守る警察官に強い憧れを持ち、私も憧れの警察官になりたいと思い志望しました。

―大東の先輩にEYEを勧められた―

 いくら強い憧れがあっても、試験を合格しなければ公務員になれない。そこで、同じ志望先の二つ上の先輩に相談したところ、先輩自身が通っているEYEを勧められた。私自身、公務員試験と言えば「○原」や「○○C」や「○○C」など大手をイメージしていた。しかし先輩いわく大手では「問題集を貰えるだけ」や「面接対策に力を入れてない」や「放任主義」な所が多い。(※先輩と私の偏見かもしれません)一方でEYEは、勉強面はもちろん各校の担任の先生や講師の先生方が生徒一人一人に対して親身に相談を受けてくれたり、面接のアドバイスや小論文の添削を積極的にしてくれたり、先生と生徒の距離が近く様々なフォローをしてくれるとの事でした。さらに受験仲間ができる!と聞き私は苦手な小論文や面接をEYEであれば克服できる!EYEなら警察官になれると思いEYEに決めました。

―本当に数学が苦手で数的処理は天敵でした―

 さすが私大文系です。しかし、数学が苦手な私にもわかりやすくかつ、数学をなるべく使わないような数的処理を教えてくださる林先生や中学高校の数学の基礎から丁寧に教えてくださる横山先生のおかげさまで数的処理は得意になりました。
 更に佐々木先生の面接マナー講座など、他の予備校にはないとてもユニークかつ、ためになる講義もありました。また公安ゼミは試験に合格された先輩の貴重なアドバイスを聞くことができたり、受験を共に乗り越え支えあえる仲間ができたりと良いことばかりでした。

―私の学習の流れ―

スタート時期:私は2月からEYEに通い始めました。最初は数的処理や社会科学の基礎的な講座を中心に進め、公務員試験の問題がどの様なものかという概要を把握しました。上記したとおり私は数学が苦手で、林先生のアドバイスを受け高卒程度の問題集から始めました。数学が苦手な人にはおすすめです。また文章力UPや時事問題に対応するために、毎朝早く起きて新聞を読むと共に天声人語を書き写しました。

中間期:大学の夏季休暇からは大卒程度の数的処理に入りました。志望先のことを調べることや、自己分析やEYEの夏期講習で小論文対策をはじめました。自己分析や志望先を調べることによって、小論文や面接対策にも繋がりました。夏季休暇はひたすら数的処理、小論文対策、自己分析を繰り返しました。秋ごろになると講義もある程度終わり、少々気が抜けていた頃に担任の岡田先生から連絡をいただき、気が引き締まりモチベーションが上がりました。

直前期:試験の3ヶ月前から暗記科目をやり始め、問題集は3周以上しました。警視庁は試験に2級程度の漢字テストがあります。小論文や教養の勉強を続けていると、どうしても集中力が欠けてしまうときがありました。そこで集中力が欠けたときには、休憩の代わりにひたすら漢字の勉強に取り掛かりました。残りの1ヶ月はひたすら過去問(教養、小論文、漢字)をやっていました。

―私の面接・論文対策―

 面接対策は最初に佐々木先生の面接マナー講座や自己分析をやり、基本的な面接マナーなどを学びました。秋ごろから始まる公安ゼミで各志望先の面接対策を先輩にしてもらったり、同じ志望先の仲間と面接練習をしました。その中でも特に志望動機や自己PR、長所・短所を繰り返しみてもらい、何度も練り直しました。
 論文対策は私は文章力が皆無で、上記したように林先生のアドバイスを受け、新聞を読むことと天声人語の書き写しを毎朝しました。また夏季講座の公安小論文対策で公安特有の小論文の書き方を学び、それを参考に小論文を書きました。小論文は提出すれば先生が丁寧に添削をしてくださり、的確なアドバイスを添えて返却をしてくれるので、効率的に小論文の対策を進められます。

―毎日同じ時間に勉強して習慣付ける―

 毎日同じ時間に起きて勉強して、寝る前に勉強する。これを毎日続けることにより、習慣が付き嫌でも机に向かうようになりました。他には、勉強しているとき集中力が切れたらダラダラ続けることはせず、他の科目に切り替えるなど工夫していました。

―公務員試験は頭のいいやつが合格するのではなく、最後まで粘り強く勉強したやつが合格する―

 公務員試験の合格までの道のりは本当に長く険しいものだと思います。寺本先生がおっしゃるとおり「公務員試験は頭のいいやつが合格するのではなく、最後まで粘り強く勉強したやつが合格する」ものだと思います。また絶対に仲間を作って、仲間とともに協力して励ましあい公務員試験を乗り越えてください。苦楽をともにした仲間は一生の友であり、同僚になるかもしれません。
 絶対に○○に合格してやるという情熱と根性をもって頑張って勉強して、夢を叶えてください。

体験記一覧ページに戻る