2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「少しずつ、継続することが大切」法政大学経済学部4年(受験時)・ベーシックコース1.0年講座4月生・最終合格先:東京都Ⅰ類B、埼玉県上級、国税専門官

モチベーショングラフ

―公務員ならば将来の人生設計を立てやすい―

 私が、公務員を目指した理由は、なにより安定した職業だからです。私は、大学三年次のそろそろ就活について考えなければならない時期に、やりたいことがなかなか見つかりませんでした。そんな自分が目指すなら、公務員が有利と感じました。公務員は、失業の心配が民間より少なく、離職率が低い点が魅力的でした。また、年齢を重ねるごとに、段階的な給与が上がっていくため、将来の人生設計を立てるうえでも、やりやすいと考えました。

―他の公務員予備校と比べて、受講料が安いことが一番の決め手―

 また、ライブ授業に出られなくても、DVDで授業を受けることができ、また、それをDVDで繰り返し何度も見ることができることがよかったです。さらに、EYEの雰囲気がアットホームなこともあり、友達をつくりやすいことも魅力的でした。

―私の学習の流れ―

タート時期:EYEに入った当初は、バイトや大学の授業もあったこともあり、EYEの授業のペースに遅れないように、DVDを消化していきました。また、授業を受けた後は欠かさずに、少しでも復習するようにしました。
中間:スタート時期と変わらずに、授業のペースを守り、欠かさずに復習するようにしました。また、この時期ぐらいから、朝なるべく早く起きるようにして、少しの時間でも、数的処理の問題を解くようにしていました。数的処理は、多くの自治体で、出題数が多く、必須の場合が多かったので、この時期から少しずつコツコツとやっていたのは、とてもよかったです。
直前期:この時期には、すでにバイトをやめ、一日の大半をEYEの自習室で過ごしていました。また、過去問題を分析して、本番でどんな問題がでるのか想定し、本番当日までにどのくらい自分の学力をあげればいいのか、逆算しながら取り組んでいました。さらに、この時期に自分が捨てるべき科目はなんなのかを選定しました。

―受験仲間の存在がストレス解消にもつながった―

 私自身、家では勉強できないタイプだったので、EYEの自習室が直前期になると朝の7時から開くことはとてもありがたかったです。勉強しやすい環境をつくられていたことはとてもありがたく感じています。また、EYEの雰囲気がとてもアットホームで、何度か懇親会が行われるので、とても友達を作りやすいです。やはり、試験勉強は孤独になりがちなので、同じ目標をもって、一緒に勉強する仲間がいることはとても心強かったです。さらに、試験についての情報を交換したり、話したりすることでストレス解消にもつながりました。面接対策を一緒にやる仲間を見つけやすい点も魅力的です。

―私の面接・論文対策―

 面接対策はチューターの面接対策が行われるので、それを活用して自己分析や学生時代力を入れてきたことなどは、ある程度早い時期から固めていました。一次合格の後、EYEで面接アドバイス会が行われるので、そこで仲間をつくって、グループを組んで、面接対策をしていました。また、この時期にも、チューターの人たちが練習会を開いてくれたので、それにも参加していました。

 対策は講義は受けましたが、論文対策は特にしていませんでした。時事対策や面接対策の延長として、自治体の政策などを頭に入れていきました。書いて論点を覚えるということもしませんでした。しかし、本番では、論文があまり書けなかったので、もう少し対策をしておけばよかったなと感じています。

―とにかく午前中にしっかり勉強するようにしていました―

 午前中のほうが夜よりも圧倒的に頭が働くと感じました。また、そのためにも夜は夜更かしせずに、しっかりと寝て、朝早く起きるようにしていました。昼食後の眠たくなる時間は、短時間の仮眠をとるようにしていました。
 他には、出題頻度の高い科目から、優先的に勉強するようにしていました。公務員試験では、高得点をとることよりもボーダーをこえることが大切だと思ったので、重要な科目を重点的にやって、出題頻度の低い問題を捨てるなどメリハリをつけて勉強するようにしていました。

―積極的に個別面談は活用した方がいい―

 公務員試験は、少しずつ継続して勉強することが大切だと思います。あきらめずに、続けられれば、おのずと結果がついてくると思いますので、頑張ってください。また、試験勉強中に不安になった時には、岡田先生や長谷川先生をはじめ、講師の方々が親身になって相談に乗ってくれると思うので、積極的に個別面談は活用した方がいいと思います。皆さんが望むような結果を得られること願っています。

体験記一覧ページに戻る