2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「短期間集中型!ミクロマクロが苦手でも合格できる!」成城大学社会イノベーション学部4年(受験時)・個別授業10コマ付き!プレミアムコース1.0年講座5月生・最終合格先:特別区Ⅰ類、春日部市事務職1

モチベーショングラフ

―女性でも一生続けやすい仕事―

 大学2年生が終わる間際、就活について考え始めたとき、ぼんやり選択肢の中に入っていたのが公務員でした。初めは、安定してそうだし、なんとなく自分の性格に合っていそうと思っていましたが、勉強を進めるうちに、福利厚生がしっかりとしていて女性でも一生続けやすい仕事というところに魅力を感じました。

―EYEのあたたかくて面倒見の良い雰囲気に惹かれた―

 同じ高校だった友達が公務員を目指すと聞いていたので、どこの予備校に通っているのか連絡を取ってみたら紹介されたのがEYEでした。一応他の予備校と比べて選んだほうが良いと思い、大手の予備校の公務員講座説明会とEYEの個別説明に申し込みました。最終的には、「公務員専門」の予備校というところと、EYEのあたたかくて面倒見の良い雰囲気に惹かれてEYEに決めました(大手の機械的な対応が少し苦手でした。)。

―私の学習の流れ―

スタート時期 5月~7月(焦り度0%)

 たま~にEYEに来て教養数的などの基本講座を見たり、興味のあった憲法の授業などを気まぐれで見だした。

中間期 8月~1月(焦り度10%~20%)

 全くEYEに行かなくなる。WEB受講のサービスにも申し込んでいたので、いざとなれば家でもきちんとできると甘えてしまい、勉強しなきゃと毎日思いつつ何もしない日々。5月という早めの時期に入ったにも関わらず、ほとんど勉強が進んでいないのが恥ずかしくて個別相談にもいかなかった…(本当にもっと自分の状況を早く相談していればよかった…) 1月末に前述の友達とご飯に行き、今の自分の状況の深刻さを理解し、本当にしっかりやらなきゃと決意。すぐに先生にこれからの勉強の流れを相談して、これからは毎日予備校に通うことを決めた。

直前期 2月~4月半ば(焦り度90%)

 毎日朝から夜まで予備校にこもり、先生にアドバイスされた順番で、ひたすらDVDで講義を消費する。終わっていない教科も多いため模試が全くできずに焦る。

4月半ば~6月(焦り度120%)

 毎日早朝から21時くらいまでEYEの自習室にこもる。EYEがやっていない日曜や祝日は前述の友達と地元の図書館や大学に集まって勉強。過去問を少しずつ進めつつ、とにかくレジュメ(特に寺本先生のもの)を頭に叩き込んだ。この頃には、勉強の不安ごとは必ずその都度岡田先生に相談して解消するようになった。

―同じ目標に向かって頑張っている仲間がいることが励みに―

 「公務員専門」の予備校なので、周りで頑張っている人達全員が同じ目標に向かって頑張っている仲間だと思えることが励みになりました。自分より朝早く来て夜遅く帰っている人を見て、自分も頑張らないといけないなと思いました。また、DVD受講、WEB受講が便利で速見もできるため、時間を有効活用できること、いつでも相談できる優しい先生や受付の方がいたところがよかったです。特に池袋校の受付の方たちは本当に優しくて、いつも笑顔で「お疲れ様です!」と声をかけてくださったので癒されたし、面接の不安や些細なことでも親身になって聞いてくださったのでとても安心できました。

―私の面接・論文対策―

 面接対策は一次試験終了後、EYEで出会った面接仲間達と毎日集まってひたすら面接カードを精査したり、実践練習をしたりしました。お互いに、「ここはもっとこういう言い回しのほうがいいんじゃない?」「ここの話の構成は逆にして、結論を先に言ったほうが分かりやすい」「ちょっとここの回答は長かった」など、どんな細かいことでもアドバイスし合って、すごくお互いが高めあえたと思います。カードをチェックしてもらったり、使えそうなエピソードをいくつか話していいものを選んでもらったり、本当に皆を頼りにしていました。EYEがやっていない日曜、祝日も大学の空き教室を利用して練習しました。面接の感覚を忘れないために毎日練習をやること、いろいろな観点からアドバイスをもらうため、男女ともに、多様な年齢、性格の人と練習すること、実際にその地域に何度も足を運び、自分が肌で感じたエピソードや思いを伝えること、練習のときから「笑顔でハキハキと、感じよく」喋る練習をすることが大切だと思います。
 論文対策は林先生の授業と織田先生の直前対策講座をもとに練習しました。公務員試験で良く出るテーマ(人口減少、高齢化、格差、貧困、地方活性など20テーマくらい)については、友達と担当を割り振ってそれぞれが構成などを考え、できたものを共有することで時間を効率的に使いました。うまくまとめられないテーマ、本番ででたら不安なテーマに関しては、個別授業で林先生に相談していました。

―友達と一緒に帰る電車の中で暗記―

 短期間で合格点を目指さなければいけなかったので、短期に向かない(しかも超苦手な)ミクロ、マクロは村尾先生の「最初でつまづかない経済学」の本で理解できるレベルの確実に点になりそうなところだけをしっかりやり、その分ほとんどの時間を法律や学系などの暗記科目に費やしました。地理、思想、歴史科目などは語呂合わせや覚え方などを人と話しながら暗記したほうが記憶が定着するので、友達と一緒に帰る電車の中で暗記しました。特に地理、思想は、電車の中でポケット版のテキストを見ながらくだらない語呂合わせなどで一緒に覚えるだけで、ほぼ完璧になりました(笑)。学系のマイナーな人物は少しやらないだけで忘れがちになるので、これも友達と帰りながらクイズを出し合って、定期的に思い出すようにしていました。地理はとにかくいろいろな生産物系のランキングと最低限の河川を覚えることで、その組み合わせで解けるようになる問題がグッと多くなります。
 教科ごとの時間配分が心配になったときや進度が思うようにいかなかったときには、すぐに岡田先生に相談しに行きました。

―定期的に個別相談に行って勉強のアドバイスをもらうこと、不安を解消してもらうこと、モチベーションをあげることが何より大切―

 勉強は早く進めるに越したことはありません!!!でも、どんなにやる気が出るのが遅くなってしまっても、そこで諦めないでほしいです。実際に私のやる気に火が付いたのは2月でしたが、なんとか間に合わせることができました…結局は自分のやる気次第です!スタートが遅くても、先生にその時期に合わせた正しい勉強の進め方のアドバイスをもらって、「合格できる!」という強い気持ちを持って、自分さえ諦めずに死にもの狂いで頑張れば、必ず合格できます!!私は、やる気の出ない時期、一度も個別相談に行かなかったことを今でも後悔しています。どんなに進度が遅くても、岡田先生は怒らないし、責めません(笑) 勉強が進んでいなくても、定期的に個別相談に行って勉強のアドバイスをもらうこと、不安を解消してもらうこと、モチベーションをあげることが何より大切だと思います。また、友達ゼロでEYEに入った人でも、必ず仲間はできます!私は入学当初、EYEを紹介してくれた1人の友人しかいませんでしたが、集団討論の練習会や一次合格後のアドバイス会でたくさん仲間ができました。友達が少ない人ほど、不安に思わずにいろいろなイベントに積極的に参加して、仲間を作ってほしいです。一緒に頑張っている仲間の存在で自分も頑張れるし、一緒に合格できたときは本当に感動しました!
 本当に自分が就職できるのか、合格できるのか、不安な思いをたくさん抱える時期だと思いますが、人生長い目で見たら、本当に短期間の踏ん張りです。当たり前のことですが、今頑張れば頑張るほど、合格の可能性は高まります。民間就活の友達が遊んでいる中での勉強、内定をもらっていく中での面接対策など、自分のやりたいことや遊びたい気持ちを我慢して毎日頑張らないといけないのでモチベーションを保つのが大変だと思いますが、その期間だけ乗り越えられれば、誰よりも良い将来が待っていると信じて頑張って欲しいです。応援しています!

体験記一覧ページに戻る