2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「大変だけど何とかなる!」武蔵大学社会学部4年(受験時)・主要5科目+プレミアムコース2年講座11月生・最終合格先:特別区Ⅰ類・最終辞退:地方公務員共済組合

モチベーショングラフ

―公務員を志望した理由―

 自分は人を支えることや人のために何かをすることにやりがいを感じるので、地域住民のために働くことのできる公務員を目指そうと思いました。また、公務員は幅広い種類の業務を行えることにも魅力を感じました。

―武蔵大の先輩がEYEに通っていてその先輩に勧められ友人と一緒に入校―

 そして、他校と比べ料金が安いところは、学生の自分にとってとてもありがたかったです。また、早めに入校を考えていたので、特典も多くついたことがとてもよかったです。

―学習してみてよかったことは、個別のブースがあるので一人で集中して勉強できる点―

 ほかにも勉強していて不安なことや勉強の進め方に不安を感じたときは、いつでも気軽に岡田先生や長谷川先生と個別面談を行ってくれるので、不安なく学習することができました。
 他にもWEBで授業を受けることができるので忙しくてEYEにいけないときは、家や大学の図書館で授業を進めていました。WEB授業は非常に便利なのでおすすめです。

―私の学習の流れ―

 2年生の11月に入校しましたが、本格的に勉強を始めたのは3年生になってからでした。はじめは予備校で行われるライブ授業を受けながら、DVDで数的処理根度を先取りして進めていました。夏休みは苦手だった経済科目に集中して勉強をして苦手を克服し、得意科目になるまでやりこみました。過去問は年明けから始めましたが、もっと早く始めたほうがよかったと今思っています。自分はDVDを年内に消費することに精一杯になってしまったので、もっと余裕を持って進めるべきでした。年明けから直前期まではひたすら過去問をやり続けました。苦手な科目は10周回すなどして捨て科目をなるべく作らないようにしていました。

―私の面接・論文対策―

 論文対策は、年明けから始めました。5人ほどのグループを作りみんなで担当を割り振って論文を作り、みんなで添削していました。全部で20テーマほど用意し、作った論文を本番で書けるように一日一つ実際に書いて頭に入れました。書く以外でも電車の中や家で毎日5テーマほど読み込んでいました。
 面接対策は、友人同士で面接官役と受験生に分かれ、模擬面接の要領で行っていました。対策を始めたのは、筆記試験が終わった後から始め、毎日行っていました。EYEでは、過去にされた質問集が配られるので、それをもとにして質問を行っていました。

―とにかく苦手科目や捨て科目を作らない―

 自分は社会学部であったので、経済科目や法律科目がとにかく苦手でした。なので期間を決めて集中して勉強する時間を設け、苦手をつぶしていきました。捨て科目を作らないために、財政学や経営学も過去問やセレクト70を使い学習していました。公務員試験は1点が非常に重い試験なので、幅広く勉強することをお勧めします。

―応援メッセージ―

 公務員試験は、科目数も多く長期間勉強しなくてはならないので非常につらいものですが、あきらめずに努力を続ければ必ず結果が出る試験だと思うので、あきらめずに頑張ってください。

体験記一覧ページに戻る