2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「理系でも研究と両立して合格できる!」日本女子大学理学部4年(受験時)・ベーシックコース1,0年講座4月生・最終合格先:東京都Ⅰ類B・二次辞退:西東京市(大卒程度)、小金井市(大卒程度)

―民間企業で働いている母親を小さい頃から見て―

 女性が家事・育児を両立しながら働くことの大変さを感じていました。自分自身も出産・育児などと両立して、長く仕事を続けていきたいという思いもあったため、福利厚生などがしっかり整っている公務員を志望しました。

―EYEに決めた理由はDVD視聴の環境や自習室の環境が整っているから―

 学業やアルバイトの関係で、なかなかライブ授業には参加できなかったので、自由な時間で勉強が進められるというのはとても良かったと思っています。また、EYEはどこの校舎も利用可能なので、勉強時間だけでなく勉強場所も融通が利くところが魅力的だったと思います。

―個別相談ができることや、受験仲間との交流が盛んなところがEYEの魅力―

 自身の勉強進度や不安などを相談できる相手がいるといった点で担任の先生、仲間の存在は大きかったと思います。また、公務員試験は情報戦的な部分もあるので、仲間がたくさんいることで多くの情報を集めることができたのは良かったと思っています。

―私の学習の流れ―

スタート時期(4月~8月)

 勉強を始めるなら早いうちに…と大学3年生の4月に入校したものの、アルバイトやサークルの関係で全く勉強ができず。このときアルバイト3つ、サークル2つを掛け持ちしていました。勉強時間の確保が難しかったため、少ない時間でもサクサクと勉強が進められるように、得意科目のDVDから消化していきました。

中間(9月~1月)

 今まで勉強を全然進めていなかったため、とりあえず全ての学習過程を一周しようと、ひたすらDVDの消化をしていました。得意科目に関しては、復習・演習もやりつつ勉強を進めていました。

直前期 (大学3年2月~)

 研究室での研究が忙しくなり始めたこともあり、勉強時間の確保が厳しくなりました。その分、必死に勉強しました。授業で重要度が高いと指定されたものを最優先で勉強し、効率よく勉強しようと意識して勉強していました。

―私の面接・論文対策―

 面接対策は授業以外にチューターゼミに参加しました。早い段階で大筋の面接準備はできてしまうので、直前期は面接のことは考えずに、集中して筆記試験に力を注ぐことができました。また、1次試験合格後は、林先生に模擬面接をしてもらい、最終チェックを行いました。
 論文対策は、2月頃からEYEで知り合った仲間とグループを作って行いました。膨大な頻出テーマを仲間で分担して書くので、一人あたりの負担が減ることや、他の人の考え方を学べるという点でとても良かったです。受験仲間を作りやすいEYEだからこそできたことではないかと思っています。

―量より質を意識して勉強するように心掛けた―

 というのも前述したように私は勉強時間の確保がなかなかできなかったため、量をこなして理解を深めていくという方法が最適ではなかったからです。その分、一回一回の勉強を集中してできたことは良かったと思っています。効率を考えながら行動することの大切さを実感できたことも良かったと思っています。また、公務員試験は長丁場なので、自分の体調管理にも気を遣うように心掛けました。体力面からではなく、精神面からでも体調不良を起こすことはあるので、適度な息抜きは取るようにしていました。

―積極的になることが大切―

 公務員試験は、膨大な量の勉強をしなければならないし、長丁場で内定が決まる時期も遅いし…と常に不安が付きまといます。実際、私もなんでこんな道を選んでしまったんだろうと後悔することも多かったです。そんなとき、大きな支えとなったのが、EYEの仲間でした。みんなも同じ不安を抱えているからこそ、励まし合ったりできるのかな、と。みんなが頑張っているから、自分も弱音を吐かずに頑張ってみようと思えたのも、仲間がいたからこそです。皆さんにも、受験仲間をつくることをお勧めします。一人でいるより、得るものは大きいと思いますよ。また、利用できるものはドンドン利用しましょう!(人も含まれます笑)EYEの先生への相談のしやすさや、仲間作りのしやすさといった利点を、利用しないなんてもったいない!積極的になることが大切です。利用したもの勝ちですよ!応援しています、頑張ってください!

体験記一覧ページに戻る