2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「合格体験記」日本女子大学家政学部4年(受験時)・個別授業10コマ付き!警察消防教養プレミアムコース90日講座12月生・最終合格先:東京都Ⅰ類B(新方式)

-公務員を志望したきっかけ-

 大学入学時は管理栄養士という職業を志し、その資格を取得することが出来る学科に入学しました。いざ進路を考える時期になると、自分が本当にやりたいことは何か、本当に資格を使って就職するのかどうかということで非常に悩みました。民間企業の説明会にも積極的に参加しましたが、これだ!というものは見つからず、その中でなんとなく東京都が主催する都庁セミナーに参加しました。そこで説明を聞き、東京都が行っている仕事や人事制度等に非常に関心を持ちました。そこで公務員に(東京都で働くことに)興味を持ち、また、資格を使って専門職として働くのではなく、より多様な仕事に携わりたいと思い、それが出来る事務職を志望することとしました。

-「90日で合格できる」に惹かれて入学を決意-

 公務員を志望すると決めた時期が遅く、「今からで間に合うのかな?」という不安がとてもありました。大学の生協で「90日で合格できる」というEYEのチラシを見て、個別相談に予約してみようと思ったのが入校のきっかけです。

-とにかく時間がない中での勉強-

 12月生として入校したため、とにかく残り時間が少ない中でのスタートとなりました。また、大学で実習があったりと、使うことの出来る時間が限られており、効率のよい勉強をすることに必死でした。私は、まずは受験先の出題傾向を分析し、出る!と予想できるところを重点的に勉強することに注力していました。時間がない中で各教科の要点がまとまったEYEのDVD、レジュメはとても心強かったです。

-短い勉強期間でも公務員は目指せます!-

 私と同じように比較的遅くに入校し、本当に合格することが出来るのかどうか不安に思っている方には是非、あきらめないでやりきって頂きたいと思っています。私も最初は周りの人がもっと前から勉強していることに焦りと不安を感じ、入校した後もこれで本当に良かったのだろうかと悩んでいました。しかし、それでもがむしゃらに勉強を進める中で、岡田先生や講師の方に相談に乗っていただいたり、同じような状況の友達が出来ていく中で自信を持って試験に挑むことが出来ました。公務員試験は長期戦で精神的に辛いとこも多いと思いますが、EYEならば人見知りな私でも支えあうことが出来る友達ができ、最後までやりきることが出来たので、自分を信じて最後まで頑張って下さい。

体験記一覧ページに戻る