2017年度公務員試験のEYE合格体験記

「数学が苦手でも合格できる」

立教大学 経済学部4年(受験時) プレミアムコース10 1,0年講座 4月生

最終合格特別区Ⅰ類

―公務員となり国民に奉仕しながら安定した生活をしたい―

 私は父が市役所職員であり、その背中を見て育ってきました。そのため将来は父と同じ道を歩みたいと考えていました。また私が成長していく中で日本の経済成長は乱高下しており、不況などで派遣切りやリストラなど民間企業への不安もありました。このようなこともあり私は将来、公務員となり国民に奉仕しながら安定した生活をしたいと考え志望しました。

―利便性の高さと安い受講料、個別授業でEYEを選んだ―

 まず一番の要素に池袋に校舎があるということでした。大学にはほぼ毎日通いますので、その帰りに勉強することができ、利便性の良い立地にEYE池袋校がありました。2つ目に様々な料金設定です。他の予備校と比較しても安かったことや、個別授業がついたコースなど自分に合ったコースを選ぶことができ、数学が苦手であった私は個別授業を選び、数学の苦手を克服することができました。私自身、家が遠いことやバイトと両立できるのかという多くの不安がありましたが、EYEの充実した制度のおかげで両立することができました。

―DVDが何度も予約不要で無料視聴できるのが非常に助かった―

 わかりやすい講義はもちろんですが、EYEでは生講義のほかにもDVDを何回も見ることができ、勉強をすすめている中で忘れてしまっても過去の講義を見ることができ非常に助かりました。また担任の先生方も非常に話しかけやすく、よく面倒を見て下さり、個別相談だけではなく緊急のときには予約なしにメールでアドバイスをいただくこともあり、受験に関する不安や今後の学習方法など事細かに教えていただきました。週間学習実績表など自分の勉強のやり方にアドバイスをもらえる制度もあり、EYEでは一人ひとりの受験者に合った勉強方法を提案してもらえます。

―私の学習の流れ―

 私は公務員の試験勉強は4月から始めました。スタートは憲法や判断推理など比較的難易度の低いものから始め自信をつけるようにしていました。また暗記科目などは通学の時間などを利用して定期的に見返すようにしていました。中間期は数的推理や民法など難易度が高く、時間のかかる科目を中心にやりました。数学が苦手だった私は個別授業を利用してわからない問題についてのアドバイスを直接もらうことや何度も参考書を解きなおし、問題を見て式がわかるようになるまで勉強しました。直前期はとにかく過去問を解きなおしました。文章理解なども受験先の傾向をつかむことや、試験時間を考慮しての解き方など自分の弱点や得意分野を見つけ、それに対して対策をしていくことで乗り越えました。全部の時期を通して、定期的に担任の先生にアドバイスをいただきながら適切な勉強をすることを心がけました。

―私の論文対策―

 まず論文対策についてです。私はEYEでの講義で論文の書き方など基本的事項を身に着けました。私は経済学部ということもあり日ごろから論文を書くことはなかったので、直前期にはEYEでの友人同士で添削しあうことなどを行いました。また市販の論文の参考書を購入し、頻出する論題とそれに対する自分の意見を簡単にまとめノートをつくり、本番では直前にそのノートを見返していました。

―私の面接対策―

 次に面接対策です。私は民間企業を受けておらず、面接の経験はほとんどなかったためとても不安でした。しかしEYEでは1次合格者向けに対策を開いています。そこでは過去の受験した先輩が聞かれた質問やアドバイスなどを知ることができます。その情報をもとに自分なりの意見を考えました。またEYEでは面接練習部屋を設けておりますので、そこで合格者対策会で知り合った友人とともに面接練習を行うことが来ます。そこで友人と面接練習を重ねることで自分の中でまだはっきりしていない意見やよかった点など発見することができ非常に助かりました。自分では想定してなかった質問も友人との面接練習を通して気づくこともあり、私が合格できたのも面接練習を重ねた結果だと思っています。

―Wikipediaなどを見ることで学者の背景知識を知る―

 私は数的推理そしてミクロ経済が苦手でした。そのため参考書で2回以上間違えた問題は対策ノートなどを作り、自分の苦手が一目瞭然で分かるようにしました。また類題を何度も行うことで乗り越えました。
 また社会学や政治学などたくさんの学者や学説が出てくる専門科目では、学説と学者を結びつけ暗記することが苦手でした。そこでWikipediaなどを見ることで学者の関連知識や背景を知ることで印象に残り、暗記もスムーズになりました。1人の学者が多くの学説を持っていることも多く、整理するためにも学者の背景知識を知ることも重要です。

―今後の40年を左右する人生の大きな選択肢―

 公務員試験は長丁場ですが、合格したときの喜びも大きいです。勉強する科目も多く、いままで触れたこともない分野もあると思います。しかしEYEでは充実した制度そしてやさしい担任の先生方がおり、それを乗り越える体制があります。今後の40年を左右する人生の大きな選択肢ですので、後悔しないよう全力で臨み、合格を勝ち取ることを期待しています。

体験記一覧ページに戻る