2017年度公務員試験のEYE合格体験記

「半年でも合格できる!」

既卒22歳(受験時)プレミアムコース10 90日講座 12月生

最終合格特別区Ⅰ類

―ボランティアでの経験から公務員へ―

 元々は民間志望で就職活動をしていたのですが、住民の方々の為に働きたいという強い思いから、公務員を志望しました。大学時代にボランティアをしていた経験から、人の為に働くということに強い魅力を感じていたからです。

―EYE入学は大学の友人からの紹介がきっかけ―

 就職活動を止めて11月ごろから公務員の塾を探していたところ、大学の友人の数人がEYEで公務員合格を決めており、そこでお話を聞いて入学しました。やはり、知り合いが何人も合格しているというところに信頼性があったと思います。

―私の学習の流れ―

【スタート時期 12月・1月】

 私は12月という周りから見ても遅いスタートだったので、とにかく専門科目を中心に勉強を始めました。実際に合格者の友人からどの科目から手を着けたらよいかアドバイスを貰いながら、DVD講座やダーウィンで内容の理解に力を入れました。元々数的処理が苦手科目であったこともあり、12月・1月は専門科目の合間に数学系を挟んで勉強し、苦手科目を少しでも減らすことを意識しました。

【中間期 2月・3月】

 文章理解や社会科学といった教養科目を中心に勉強しました。また、スタート期に理解できていなかったミクロ・マクロ経済といった苦手科目をしっかりと復習し、また、スー過去も使うことで確実に本番で点数が取れるようにしました。また、2月中旬ごろから論文対策も行いました。

【直前期】

 この頃はひたすら過去問やスー過去を解いていました。直前と言うこともあり、時事関係の勉強にも力を入れました。実際に自分で時間を計って本番と同じ感覚で過去問を解いてみたり、本番で緊張しすぎないようにある程度慣れておくことを強く意識し、取り組みました。

―岡田先生との個別相談がとても役に立ちました―

 就職活動を止めて公務員試験の勉強をするという少々特殊な受験であった為、正直かなり先行きが見えない状況でした。失敗したらどうしようと不安になることも多々ありました。ですが、個別相談で担当の岡田先生から様々なアドバイスを貰っていたこともあり、自分は一人で受験勉強をしているのではないという安心を得ることが出来ました。

―私の論文面接対策―

 論文対策は寺本先生の論文講義で書き方の基礎をしっかりと押さえ、まずは稚拙でもいいから実際に文章を書くことを重視しました。後は過去問でしっかりと時間を計って本番の環境で臨んでいました。入学したのが遅い時期であったことから、あまり添削はあまりできなかったのですが、個別相談にて実際に論文を見てもらい、その都度修正していったことで何とか意味の通る論文を作ることが出来ました。

 面接対策は筆記試験後に開かれていた面接教室が非常に役に立ちました。受験者の集まりで知り合った友達と2,30分ほど面接練習を行い、お互いの良かった点、微妙だった点を言い合うことで自分自身を俯瞰的な視点で見ることが出来たので、これがとても役に立ちました。また、個別面談でも自分が喋る大雑把な内容を原稿にして岡田先生に見てもらい、修正を加えていくことで本番でも支離滅裂なことを言わないよう気を付けることが出来ました。

―12月スタートという短い期間の中での工夫―

 とにかく私の場合、入学してから試験までの期間が半年程度しかなかったので、勉強はほぼ詰め込みでした。そこで効率良く吸収していくために自分自身の時間割を作りました。大体1ヶ月先の学習予定を決めておき、難しそうな数的処理・ミクロ・マクロはなるべく早めに学習するようにし、得意そうな社会系はやや遅めに学習するようにして調整するようにしました。1日大体10時間ほどの学習ではあったので、つらい時もありましたが、その時には個別相談に通い、アドバイスを受けることで克服していきました。困った時には誰かに相談することは勉強においては非常に大切なことだと思います。勉強の基礎があらかた固まってきた後は、問題集でひたすら問題を解きました。ダーウィンだけでは足りないという場合でもEYEには様々な問題集があり、借りることができるのでそこは苦労しませんでした。短い期間で学習することを考えて、やはりEYEという環境は私には最適だったと思います。

―短期間でも努力すれば合格できる!―

 12月スタートから試験開始の5月まで僅か半年、こんな短い期間で本当に勉強して合格できるのか?、と最初は思っていました。しかし、こうして私は合格することができました。勉強していく中で時間が足りないのではないかと思っている受験生の方々もいると思います。しかし、効率良く勉強さえすれば誰だって合格できます。私もどちらかというと勉強に関しては要領が悪い方でしたが、アドバイスを貰い、学習スタイルを変えていったことで、結果的に上手くいくことができました。それでも不安なら個別相談で相談してみましょう。勉強していく中で思ったことですが、一人だけで勉強していくのはプレッシャーを感じてしまい、精神的にもあまりよろしくありません。頼れる人を見つけて相談しながら勉強するほうが、より快適に進められると思います。来年や再来年受ける皆さんも諦めずに頑張ってください!

体験記一覧ページに戻る