2018年度公務員試験のEYE合格体験記

「自分に負けずに努力する」

日本大学 法学部4年(受験時) 1.0年講座 5月生
プレミアムコース10

最終合格特別区Ⅰ類、国家一般職、松戸市上級

二次辞退国税専門官

―将来の人生設計がしやすい―

 私が公務員を志望した理由は、将来の人生設計がしやすく、様々な業務を通して住民のために貢献することができることに魅力を感じたからです。そして、大学生活の中で実際にボランティア活動に参加したことで、行政の立場で社会貢献を行いたいという気持ちになりました。

―DVDで授業をいつでも受講できる環境があった―

 EYEには他の予備校と比べて受験生同士や先生方との距離感が近く、アットホームな雰囲気があったことでEYEを選びました。また、大学から近かったことや自分の予定に合わせてDVDで授業をいつでも受講できる環境があったので決めました。

―私の学習の流れ―

スタート時期(5月~8月)

 授業によっては4月からスタートしている科目がいくつかあったこともあり、まずは生講義のペースに追いつくために授業をDVDで見て復習を繰り返していました。その後、生講義のペースに追いついてからは、生講義に可能な限り出席して1週間の自分のリズムを作っていました。この頃は、数的、文章理解、憲法を中心に週に20時間ほど勉強していたと思います。

中間期(9月~1月)

 後期になりサークルも引退したので、アルバイトと勉強を両立させていました。この頃になると、科目が少しずつ増えてくるので自然と勉強時間が多くなった中で、数的と文章理解を疎かにしないように気をつけていました。そして、ミクロ経済学、マクロ経済学に関しては、授業がある程度進んだ段階でスーパー過去問ゼミを利用して問題を何度も解きながら理解と知識の定着に努めていました。民法、行政法に関しては、森井先生の授業をとって生講義を受けることを意識していました。

直前期(2月~5月)

 2月からはアルバイトも休んで、自習室に毎日来て1日10時間以上勉強するようにしていました。公務員試験において直前期の努力が合格につながると感じたので、友人と切磋琢磨し、時には情報を共有できる環境の自習室で勉強することは個人的におすすめです。また、2月の中旬以降からは模試を受けたり、受験先の模試を受けて自分の弱点を見つけて課題克服に努めていました。

―法島先生やチュータ―の方々と相談しやるべきことが明確に―

 私はモチベーション維持や不安解消をするために、法島先生やチューターの方々に個別相談をしていました。その度に自分がやるべきことを明確にできたことで、モチベーションを上げることができたと思います。また、EYEには友人を作りやすい環境があったので、特に面接対策の時にはみんなで協力して試験の準備を進めることができました。

―私の面接・論文対策―

 論文対策についてはあまり時間をかけることができなかったので、EYEにある先輩方が作成した模範解答と模試を活用して勉強していました。本番の試験で用意したテーマの問題が出てこない可能性もあるため、答案を丸暗記するというよりも文章の構成であったり、実際に書く練習を多くする方がいいと思います。その他にも、日頃から時事問題対策の中でニュースや新聞に目を向けて、幅広く社会問題に目を向けて行くことが大事だと思います。
 面接対策は筆記試験が一通り終わった後から、友人と10人ほどのグループを組みほとんど毎日行うようにしていました。様々な人と一緒に練習してお互いに改善し合うことで、面接のポイントをつかむことができました。自治体の情報についてもある程度調べる必要はありますが、とにかく話す練習をすることが一番大事だと思います。

―どの科目も繰り返し勉強し、特に重要な科目については毎日勉強―

 何度も同じテキストの問題を繰り返すことで、本番の試験で大事な1点をつかむことができると思います。また、苦手科目を補える科目を作ることも大事だと思います。私は数的が最後まで苦手だったので文章理解や知識科目もしっかり勉強していました。そして、EYEにはチューターの方や先生方と個別相談ができたので、その時に勉強の進め方やおすすめのテキストを聞くことでスムーズに勉強することができました。
 他に工夫したこととしては、直前期からはとにかく予備校に行くようにしたことです。予備校に行くことで他の受験生からも刺激を受け、モチベーションを上げることができました。しかし、そうは言っても毎日勉強するのは疲れてしまうので、日曜日は勉強を減らしてリフレッシュすることも大事にしていました。気持ちの切り替えを上手く行うことで勉強時間だけではなく質の向上にもつながると思います。

―コツコツと頑張ることができれば本当に受かる―

 公務員試験は民間就活と比べてとても長くて大変な部分があると思います。しかし、その大変な時にコツコツと頑張ることができれば本当に受かるということを感じました。公務員試験を合格した人達のほとんどはコツコツと努力し、不安や大変な気持ちを味わってきたと思うので、最後まで諦めずに頑張ることが大切です。
 公務員試験を受けるにあたって同じ目標を目指す友人の存在は大きいと思います。ぜひ、EYEの環境を活かして友人を作り、切磋琢磨してみんなで合格を掴み取ってください。応援しています。

体験記一覧ページに戻る