2018年度公務員試験のEYE合格体験記

「努力は必ず報われる!」

明治大学 情報コミュニケーション学部4年(受験時) 1.0年講座 2月生
プレミアムコース10

最終合格特別区Ⅰ類

二次辞退国税専門官、昭島市Ⅰ類

-人の役に立ちたい-

 ボランティア活動やアルバイト経験を通じて、人の役に立つことに喜びや充実感を感じました。そのため、「人の役に立つ仕事がしたい」と思い、職務内容が多岐にわたり、様々な形で多くの人と関わることのできる公務員を志望しました。また、女性として働きやすい環境にも惹かれました。

-アットホームな雰囲気が決め手-

 立地的にも通いやすく、何よりアットホームな雰囲気が入学を決めたきっかけです。個別相談など質問したい時にすぐに質問できる環境があったことや、先生方との距離が近く不安や悩みを相談することができたこと、一緒に合格を目指す仲間が多くできたことは強い励みになりました。

-私の学習の流れ-

スタート時期

 この時期はアルバイトやゼミナール活動が忙しく、なかなか勉強時間を確保することが難しかったです。そのため授業のペースに遅れが生じないように、なるべく生講義に参加するように心掛けました。

中間期

 夏休みにインターンシップに参加したことでモチベーションが高まりました。ですが、インターンシップやボランティア活動、旅行などあまり勉強時間を確保することができず焦りもありました。この時期は、生講義に加え、知識系や学系の授業はDVD受講をするなどとしていきました。主要科目を重点的に取り組み、レジュメの見直しに加え問題演習を行っていきました。

直前期

 私はとにかく特別区に合格したかったので、過去問を何回もまわしていました。問題を解く中でよく出る単元などを分析し、レジュメやテキストで再確認を行うなど過去問中心の勉強をしていました。また、この時期は一日の勉強のスタイルを午前に教養科目、午後に専門科目とし、科目ごとにかける時間の目安を決めて進めていきました。基本的には毎日予備校にきて勉強をしていました。予備校や図書館、カフェ、自宅など色々ありますが自分にとって一番集中できる環境を早いうちに見つけておくといいと思います。

-EYEで学習して良かったこと-

 直前期は、基本的にEYEの自習室で勉強していましたが、勉強している仲間を見て自分も頑張ろうとモチベーションを高く持って取り組むことができたと思います。また、個別支援が充実していたことです。20分間の質問枠や個別授業などを利用して、苦手な数的処理の質問や小論文の添削を行ってもらい、受験先の相談などにものっていただきました。

-面接・論文対策-

 面接に関してはチューターゼミに参加し、志望動機や自己分析を少しずつ進め、面接の雰囲気や基本的な情報を学びました。筆記試験が終了してからは、EYEの友人と練習し、また大学のキャリアセンターや仕事センターなどを利用して練習していました。とにかく、毎日話す練習をすることを心掛けました。
 論文対策は、山田先生の秋期講習や織田先生の直前講習を受け、基本的にはその内容を頭に入れるかたちで進めました。それと同時に、5人でグループを組み分担をして作成していきました。定番のテーマを15テーマほど用意し、それに加えて注意しておきたいテーマを先生や友人と相談して用意していくようにしました。また、模試の解答はなるべく暗記するように心掛けました。論文対策は個人でも出来ますが、グループで行うことでアイデアやテーマ等情報共有ができたことは良かったと思います。

-日々の勉強の記録を残していく-

 週間学習実績表などを使い、自分が取り組んだものや時間を日々記録しておくことでモチベーションを高めていました。常に時間を計りながら行い、バランスよく多くの科目に取り組むことができるように細かく管理していました。

-メリハリが大切-

 公務員試験は非常に期間が長く、筆記試験を通ってからも面接対策など大変なことが山ほどあります。モチベーションを維持することはもちろん、体調管理をしっかりと行ってください。休むときはしっかりと休む、メリハリをつけて取り組んでいくことが大切だと思います。「絶対に合格する」という強い気持ちをもち日々努力を続けていけば必ず結果はついてくると思います。後悔のないように、全力で頑張ってください。

体験記一覧ページに戻る