公務員予備校EYE創業の物語

  1. 第1話「これが公務員予備校の現実」
  2. 第2話「大手の限界、小規模の問題」
  3. 第3話「7つの誓い。いまが立ち上がるとき」
  4. 第4話「孤軍奮闘、そんなに甘くはなかった」
  5. 第5話「これからが本当の勝負!」
  6. 第6話「物語は続く」

第1話「これが公務員予備校の現実」

「なんてこった・・」

1993年8月。僕が大手の資格スクールで教鞭をとっていたときのこと。

行政法の授業をするために、ドアを開けた僕の目に飛び込んできたのは、空席だらけのスカスカの教室だった。開講からからたったの3ヶ月で、3分の1の生徒がドロップアウトしてしまった。

誰も最初から辞める気で予備校には入ってこない。50万近い学費を払って、3ヶ月やそこいらで挫折してしまうのは、どういうことなんだ?僕は、疑問に思った。


「気合、根性が足りない」
「そもそも、それほど公務員になりたいとは思っていなかった」
「所詮、親の金で来ているのだから、痛くも痒くもないだろう」

他の先生方は口々にそう言っていた。真面目に通って合格した者もしかり。

「そんなナマケモノは放っておいて、真面目にがんばる生徒にキッチリ授業をすればいい。むしろ教室が空いてたすかる」

その予備校では、そんな風に言う講師も少なくなかった。

それも当然、ある。

真面目にやったものが、報われる。当然だ。
情熱を持っていない人間がそもそも公務員になるべきではない。それも当然。

だが・・

僕の中になにかわだかまりがあった。
そのモヤモヤをなくすために、僕は動き出した。


「社長、今村ゼミを開設させてください!」


定員20名の個人指導ゼミ。
個別の勉強スケジュールの指導からはじまって、質問回答、グループでの目標の設定、現状の把握など・・モチベーションを保ち、効率よく学習する方法を指導するゼミを開設したい。

そう直訴したのだ。

社長は了承してくれて、プロジェクトは晴れてスタートすることになった。