2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「自分と向き合い努力する。」上智大学外国語学部4年(受験時)・ベーシックコース1,0年講座4月生・最終合格先:国税専門官、特別区Ⅰ類

モチベーショングラフ

―公務員試験は自分の努力次第で志望した職種に就ける可能性が高い―

 私は大学2年生も終わりに近づく頃から自分がどのような仕事に携わりたいのかを考えるようになりました。正直どの民間企業にも興味を持つことができず、仮に私自身が希望していない会社に就職したとして、そこでやりがいを見出すことはできないだろうと考えていました。そんな悩んでいた時期に興味を持ったのが公務員試験でした。国の運営や住民の方々のために働くことに大きなやりがいを見出せると思ったのがきっかけで、また公務員試験は頑張った分成績に反映され、自分の努力次第で志望した職種に就ける可能性が高まるという面も大きな魅力でした。

―友人がEYEで合格し、話を聞いたことがEYEを知ったきっかけ―

 EYEに入学したきっかけは、同じ高校の友人がかつてEYEに在籍していてあらゆる公務員試験に合格し、その話を聞いていたことでした。実際入学してみても、良い予備校であったと思うところがいくつもありました。
 まず1つ目に、生講義に出られなくても録画されたDVDを自分のペースで何度も見ることができるというところです。私は大学の授業やアルバイトでなかなか生講義に出ることが出来なかったのですが、そのような人達のために自分の時間で学習できることが大きな魅力でした。
 2つ目にEYEは公務員試験専門の予備校であるという点です。他の大手予備校は他の試験種の人達も在籍していますが、EYEに在籍している人達は皆同じ公務員を志しています。なので自習室で勉強する時など周りの頑張っている人達を見て常に刺激をもらい、自分ももっと頑張ろうという気持ちを持って勉強することができました。

―私の学習の流れ―

スタート時期~中間期(4~12月) この時点で私は公務員試験に対する意識が低く、DVDを見終わってダーウィンを一回だけ解いた後はその単元を放置してしまっていました。
その後も復習などはせず、ただだらだらとDVDを消化するだけの日々を送っていました。12月が終わった時点で憲法、行政法、民法、ミクロ、数的処理は見終わっていましたが頭の中では半分程度しか理解できていない状況でした。また論文対策なども全くしていませんでした。

直前期(1月~6月) 年が明けてから自分自身の勉強の進行状況に危機感を持つようになり、本気で取り組むようになりました。とは言っても1月は大学のテスト期間であったり、2月はアルバイトも週3でしなければならなかったのでこの2カ月は1日6時間程度しか勉強できない状況でした。そこでまず最重要科目である憲法、行政法、民法、数的処理、ミクロ経済の復習をしつつ(レジュメを見直し、ダーウィンを解いて知識を固める作業)、マクロ経済、行政科目のDVDを見始めました。私がこの時期に意識していたことは、今の時点で間違えた問題はその後別の場面で出てきても、間違えないようにするということです。私は試験日まであまり時間が無く何周も問題集を回す余裕がなかったので、1つノートを用意しそこに間違えた問題の内容を書き込み、それを通学の電車などで見るようにしていました。とにかく自分がその日学んだことはなるべく忘れないようにしていました。3月まではこのような調子で続け、教養科目以外のDVDは見終わりました。4月からは勉強時間を1日9時間に増やし、過去問、論文対策、教養科目のDVDに取り掛かかりました。過去問も一度間違えた問題は翌日に解き、さらにその3日後に解くようにして知識を固めていきました。教養科目に関しては時間が無かったので日本史、地理、生物、思想、社会科学、時事に絞り、その他は捨ててしまいました。スタート時期から計画的に行っていればこのようなことは起こらなかったので、これから受験する方は早い時期からコツコツ確実に学習していくことが重要です。

―私の論文・面接対策―

 論文対策を始めたのが4月と遅かったので、まず出題されそうな内容を自分自身で推測し、10テーマくらいを先輩方が残してくださった解答を参考にしながら解答を作成しました。一度作成したら参考書などを読み、良いなと思ったものは自分の解答に付け加えたりして精密なものにしていきました。試験を振り返ってみて、「問題に対してきちんと導入部分が書けているか」「その後も方向性がぶれず対策が書けているか」がポイントになっていると感じたので、そこを意識すると良いと思います。
 面接に関してはEYEが主催してくださった対策会に出席しポイントを押さえ、先輩方が残してくださった過去の受験体験記にある質問事項を集め、それに対する答えをノートに書いていきました。ここで重要なのは1つ1つの答えに根拠を持つことです。「なぜそう思うのか」「そのことが志望する職にどう生かせるのか」を面接官がしつこく聞いてくる場合がありますので準備しておくことをお勧めします。

―大きな人生の分岐点―

 公務員試験は長期戦なので時にはモチベーションが下がり勉強の効率が落ちてしまう時期は必ず訪れます。そんな時には友達と遊んだり、自分の好きなことをしてリフレッシュすることも必要だと思います。しかし、今の時期は皆さんの職業を決めるという大きな人生の分岐点に立っています。そんな時にすぐだらだらしてしまったり、集中力を切らしてしまう人は合格には近づかないと思います。公務員試験は真剣に取り組めば半年で十分合格ラインに達します。時には息抜きしつつも、明確な目標を持って真摯に勉強に取り組んでください。そうすれば明るい未来が待っていると思います。応援しています!