2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「技術職でも合格できる!」東京都市大学工学部4年(受験時)・警察消防教養プレミアムコース1,0年講座3月生・最終合格先:東京都Ⅰ類B(土木)、横浜市大卒程度(土木)

モチベーショングラフ

―社会資本の整備事業として形に残すことができる部分に魅力を感じた―

 幅広いフィールドの業務に携わることができ、技術職として総合的にレベルアップできるからです。公務員では、都市整備、建設、上下水道など幅広いフィールドで活躍することができます。また、多くの現場を持っているため、住民のニーズをくみ取り、反映させることが可能であり、社会資本の整備事業として形に残すことができる部分に魅力を感じます。

―他校ではなくEYEに入校した理由―

 仲間づくりなどの交流イベントが多数あり、勉強するためだけではない部分に魅力を感じたからです。仲間との情報交換や相談することができたので良かったです。

―私の学習の流れ―

スタート期(4月~7月):この時期は数的処理に力を入れました。LIVE授業に参加し、復習するという形で進めていました。しかし、本番はまだ1年先という気持ちの余裕もあり、1日2時間程度の勉強時間でした。

中間期(8月~12月):8月後半に都庁インターンシップに参加しました。参加者の多くは大学院生ということもあり、レベルの高さを痛感し、危機感がありました。この時期からDVDに切り替え、1日6時間以上を目標に取り組みました。

直前期(2月~試験):この時期から過去問に着手し、都庁論文対策にも取り組みました。直前期なので、後悔のないように朝から晩まで勉強するようにしました。ただ、休みなく勉強するのは逆効果だと思うので週に1,2回は勉強せず、遊ぶようにしました。

―私の面接・論文対策―

 模擬面接を行う前に面接カードをある程度完成させ、想定質問を考え、本番と同じような気持ちで取組みました。模擬面接を終えて、先生やチューターの方から頂いたアドバイスを参考に面接カードの修正を何度も行いました。想定質問の回答については、暗記せずに話のキーワードだけを抑えるようにしました。
 論文対策は想定テーマを5つに絞って何回も修正を加えました。他の勉強にも時間をかけなければいけない状況だったので、課題と対策に関して使いまわせるテーマを選びました。本番では、準備していたテーマではありませんでしたが、柔軟に対応することができました。

―勉強で工夫したこと―

 科目ごとに1日○問解くといったように目標を定めることにより、集中することができました。目先ではなく、長期的に計画することでモチベーションを上げていくとよいと思います。

―技術職試験では、論文で差がつきます―

 工学部の方は、公務員試験勉強と併せて卒業研究に着手すると思います。直前期には、研究も忙しくなり十分な勉強時間を確保できない可能性があります。モチベーション維持のためにも早めに勉強に取り組むことが大切だと思います。また、受験してみて論文の重要性を感じました。おそらく技術職試験では、論文で差がつきます。頑張ってください。