2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「大学受験勉強の経験がなくても大丈夫!!」獨協大学法学部4年(受験時)・個別10コマ付き!プレミアムコース1,0年講座3月生・最終合格先:特別区Ⅰ類、川崎市(大卒程度)・三次辞退:清瀬市上級

―はじめは漠然と公務員―

 私が公務員を志望したのは、人々のために、仕事がしたいと思ったからです。そんな漠然とした理由でEYEに入校しましたが、入校後に公務員の魅力に触れる機会が多く、引き込まれていきました。

―きっかけは、獨協大学でEYE公務員ガイダンスに参加したこと―

 ガイダンスでは何もわからない私に対して、親身になって公務員について教えてくださり、単純に嬉しかったです。そこで、実際にEYEの校舎に出向いて担任の先生から説明を受け「ここならやっていけそう」と思い、決断をしました。また、EYEはほかの予備校に比べてリーズナブルで、経済的にも助けられました。

―EYEで学習してよかったこと―

 躓いたときに、相談に乗ってくれる担任の先生が常に近くにいてくれたことで、安心して勉強することが出来ました。
 授業もわかりやすく、大学受験勉強をしていない私もついていくことが出来ました。

―私の学習の流れ―

スタート時期:やる気はあったのですが、いざ勉強になると、手が進まないことが多かったです。ですが、なるべく生講義を受けることを心がけました。このころは、サークル・アルバイト・EYE と両立させていました

中間時期:予定がずれ込み、なかなか生講義を受けられないような日々が続きました。授業が遅れてしまい最初は不安でしたが、DVD学習で自分なりの勉強を見つけ、持ち直すことが出来ました。

直前期:毎日8時頃からEYEの自習室で10時間ほど勉強していました。正直きつい日もありましたが、勉強していくにつれて力がついているのが実感でき、楽しみながら勉強が出来ました。過去問をとにかく繰り返して、自分のものにするよう努力しました。

―私の面接・論文対策―

 論文対策は織田先生の授業と、山田先生の個別授業で乗り切りました。直前期は3日置きに論文を1つ作成し、練習を重ねました。
 面接対策はEYEの授業・模擬面接、EYEで出来た友達との練習、大学のキャリアセンターをうまく組み合わせて練習をしました。特に友達との面接練習は、たくさんの意見や情報を楽しく得ることが出来たので、とても自分のためになりました。

―コツコツと毎日やること―

 わからない問題も相談したり、解き続けたりすることが近道だと思います。また授業は何度でも見返すことが出来るので、納得のいくまで勉強が出来ます。EYEは環境が整っているので、そのような点では、適していると思います。

―見知りの私もEYEに通って友達が出来た―

 正直、辛いこともたくさんありましたが、終わった時の達成感は今まで味わったことの無いものでした。  EYEなら、不安を取り除いてくれる先生方がたくさんいるので安心です。人見知りの私もEYEに通って友達が出来たので本当によかったです。頑張ってください!