2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「面接対策をすれば、行政も警察も両方受かります」大東文化大学法学部4年(受験時)・ベーシックコース1.0年講座1月生・最終合格先:茂原市(大卒程度)、船橋市上級A、警視庁警察官Ⅰ類、千葉県警察官A

―公務員を志望した理由―

 大学二年生の時に、地元の市役所にインターンシップに行ったのがきっかけです。そこでの、職員の方の市民を第一に思って仕事をする姿勢に惹かれ、自分も地元で人の支えになる仕事がしたいと思い公務員を志望しました。

―EYE選んだ理由は3つの理由―

 1つ目、サポートが充実。少人数制なので講師との距離が近く分からないところも丁寧に教えてくれます。私は数的が特に苦手だったので、毎回授業前などに質問をしていました。どんな質問であっても林先生は丁寧に笑顔で対応してくれたので、数的が苦手な私でも最後まで授業についていくことができました。
 2つ目、講義DVD。予習・復習にも使えて、生講義で聞き取れなかったり、自分のペースで勉強を進めたい人にとって何度でもDVDを見て、理解してから次に進めるのが魅力的です。私が一番苦手だったのは経済で、福島先生の生講義に出て、DVDを二周しました。また、今ではない寺本先生の授業は非常に分かりやすかったので、寺本先生がやっているDVDはすべて見ました。自分に合う先生を見つけることで勉強もスムーズに進みます。DVDを何度も好きなタイミングで、好きな先生で、無料で見れるのはグローバルEYEならではだと思います。
 3つ目、アットホームな雰囲気。交流会があり食事をして仲良くなったり、お互いに情報交換をすることにより切磋琢磨しながら勉強できます。私はこのアットホームな環境に何度も救われました。同じ大学で市役所を目指す人があまりおらず困っていましたが、イベントなどを通じてすぐに仲間を作ることができました。また、個別相談で何度も何度も岡田先生に相談をしました。先生とは今後の勉強の仕方、受験先、併願先、今年の受験人数、論文の傾向など話し合いました。そして先生の最大の魅力は直前期、勉強が手につかなくなったときの、「ただの雑談」をしに行くことをオススメします。直前期はある程度勉強が終わり、試験の心配でなかなか勉強が手につかないときがあります。そういったときに先生に個別相談を入れるときっとモチベーションがあがると思います。直前期は人と話すことだけでも元気が出ます、そして先生ならではの「~~さんなら大丈夫だと思うけどなー」という一言で勇気がもらえます。岡田先生はみんなのお父さんみたいな存在です。みなさん、積極的にEYEにいる先生を頼りましょう。

―EYEで学習してよかったこと―

 一番はお互いを支えあう仲間 ができたことです。交流会やボランティアを通じて仲間ができ、一緒に勉強したり小論文を作ったりすることによって、効率よく勉強が進みます。その仲間とは試験が終わっても食事に行ったりするので、一生の友人ができます。

―私の学習の流れ(スタート 中間 直前)―

スタート時:とにかく生で講義を受けるようにしていました。後になって分からなくなった時に再度DVDを見直すことのないように、授業中は先生の言葉をひたすら板書していました。

中間:一週間の勉強時間は40時間前後でした。数的・経済・文章理解は毎日やるようにし、他の科目もできるだけ同時並行で勉強していました。

直前期:残っている授業を消化しつつ、後で見やすいまとめのプリントの作っていました。それと並行して、法律や人文の暗記や問題集の解き直しを行いました。まとめが終わった4月からは、1日で全科目の復習を目標に、ひたすら問題集と過去問を繰り返し回していました。

―私の面接対策・論文対策―

 面接対策は基本的な質疑応答はチューターゼミを通じて固めていきました。民間の面接を練習で受けておくのも良いと思います。面接が苦手という人はしっかりと練習した上で場数を踏むこと良いと思います。
 論文対策は受験生4人でグループを作りは1人5テーマ、合計20テーマ作り何人かの先生に添削をしてもらいました。論文は予想ができる可能性があるので、先生に聞いた今年の熱いテーマや模試などで出たテーマはしっかり準備しておきましょう。

―勉強で工夫したこと―

 自分が苦手なものや模試などで間違えた問題は、ノートにまとめて何度も回数をこなし暗記することに集中しました。

―これから勉強する皆さんへの応援メッセージ―

 公務員という仕事は誇りある仕事であり、それに向かって努力している皆さんはとてもかっこいいです。自分にあった仕事を探すという行為には決して手を抜かないでください。少しでも自分にあった仕事を選び今後40年間働くことに後悔の内容に。公務員は地位もあり、福利厚生が整っており、今後家族を持つにしてもすばらしい職だと思います。今から勉強する人・中盤ぐらいで勉強がやる気がなくなってる人・直前期であせってる人・周りが内定をもらって心配している人、その瞬間瞬間が頑張りどころです。休憩・遊びは必須、メリハリをつけて最後まで頑張ってください。公務員試験は長い戦いです、つらい時は周りを頼りましょう。応援しています、ファイト!!