人気公務員「神戸市」大特集!

EYEからもたくさんの方が合格している神戸市。
どのような方法で合格を果たしたのか、
EYE合格者体験談や動画でご紹介いたします!
※体験記・動画は受験時の学年、年齢です。

また、少し特殊な神戸市の試験内容も紹介します。

神戸市合格者の合格体験記


相生 聡さん
龍谷大学 経営学部 4年(受験時)

継続は力なり

【公務員を目指そうと思った理由】

 私が公務員を志望した理由は自分の家族との時間を大切にしながら、社会の役に立つことができると考えたからです。競争の激しい社会では立場の弱い人が生き辛い思いをしている現状がありました。そんな人たちの力になりたいと考えました。


津野 菜波さん
関西学院大学 社会学部 4年(受験時)

周りに流されず努力する!

【公務員を目指そうと思った理由】

 私が公務員を志望したのは、公務員であれば生活に困っている人々を包括的にサポートする仕事ができると思ったからです。大学のゼミナールで日本の格差問題について学び、金銭的な貧困だけでなく様々な社会資源の不平等が存在することを知り、そういった問題に関わっていける仕事がしたいと思いました。


河村 太貴さん
関西学院大学 商学部 4年(受験時)

メリハリを大事に

【公務員を目指そうと思った理由】

  公務員を目指している人の中には、「国の仕事がしたい」「地元に貢献したい」などの明確な理由がある人も多いと思います。しかし、私が公務員を目指した理由は「転勤が少ない」「安定しているから」でした。まぁ褒められる志望理由ではないですね(笑)
  でも、この思いが地方自治体を目指すスタートになりました。

平成29年度 神戸市職員(大卒一般枠・特別枠)採用試験案

①大阪府職員 行政(22-25) 採用試験の特徴

【大卒一般枠】
1次試験は6月25日(日)
最終合格発表は8月下旬予定
1次試験は、基礎能力試験・専門試験

【大卒特別枠】
1次試験は6月25日(日)
最終合格発表は8月下旬予定
1次試験は、適性試験(能力)・小論文・適性試験(職務適性)

【神戸市が求める人材像】

  • 神戸市で働くことへの熱い想いを持った人
  • 自ら考えて行動し最後までやり抜く人
  • コミュニケーション能力(聴く力、伝える力)のある人
  • チームの一員として自らの役割を果たそうとする人
  • 社会を変えようという意欲のある人

【受験申込 受付期間】

郵送 :4月27日(木)~ 5月19日(金)
インターネット:4月27日(木)~ 5月14日(日)

②受験資格、年齢、採用予定数

  • ○平成2年4月2日以降に生まれた人

    ただし,大学院を修了した人又は平成30年3月までに修了する見込みの人及び学校教育法第87条第2項に該当する課程を卒業した人又は平成30年3月までに卒業する見込みの人は,昭和63年4月2日以降に生まれた人

  • ○大学(短期大学を除く)を卒業した人又は平成30年3月までに卒業する見込みの人
  • ○大学(短期大学を除く)において,それぞれの試験区分に関する課程を専攻して卒業した人又は平成30年3月までに卒業する見込みの人
  • 又は,

    ○厚生労働大臣の登録を受けた食品衛生監視員の養成施設(大学(短期大学を除く))において,所定の課程を修め卒業した人又は平成30年3月までに卒業する見込みの人
  • ○年齢:27歳まで

③試験日時、試験方法、試験内容

【大卒一般枠】

試験日時試験方法配点採点方法
1次
試験
平成29年6月25日(日) 基礎的能力試験
(2時間30分)※1
300点 1次試験のみ
(300)
専門試験
(1時間30分)※2
2次
試験
平成29年7月18日(火)~ 26日(水)
のうち指定する1日(予定)
個別面接 200点 1次試験×1/2+2次試験
(450)
グループワーク 100点
3次
試験
8月中旬(予定) 個別面接 200点 1次試験×1/2+2次試験+3次試験
(750)
論文 100点
適性試験(職務適性) 配点なし

【大卒特別枠】

試験日時試験方法配点採点方法
1次
試験
平成29年6月25日(日) 適性検査(能力) 150点 1次試験のみ
(250)
小論文100点
適性検査(職務適性)配点なし
2次
試験
平成29年7月18日(火)~ 26日(水)
のうち指定する1日(予定)
個別面接 200点 2次試験のみ
(200)
3次
試験
8月中旬(予定) 個別面接 200点 2次試験+3次試験
(500)
グループワーク100点
※1 基礎的能力試験について

社会人として必要な基礎的事務処理能力を重視する試験。
人文科学(日本史・地理など)、自然科学(生物・物理など)の出題はなく、基礎的事務処理能力(数的推理、文章理解、時事問題中心)が重視された試験。

【出題分野】
<知能分野>択一式 25問(必須)
判断推理、数的推理、資料解釈、文章理解
<知識分野>択一式 15問(20問から選択)
社会事情(政治・法律、経済、社会・一般事情、時事)

※2 専門試験について

選択科目に対応する専門的知識についての択一式(30問必須解答)。
選択科目の出題分野は以下。

  • 法律(憲法、民法、行政法、政治学、行政学、労働法)
    ※平成29年度試験より赤文字分野が追加。追加分野は、各1~2問程度出題。
  • 経済(経済原論、財政学、経済政策、経済事情)
  • 経営(経営学、会計学、経済原論、マーケティング論)
  • 国際関係(英語、国際関係論、国際経済学、国際経営論)

④合格発表

試験発表日(予定)発表方法
1次試験平成29年7月中旬 合格者本人あて通知するほか、合格者の受験番号を神戸市ホームページ(神戸市職員採用のご案内)に掲載します。
2次試験平成29年8月上旬
3次試験平成29年8月下旬

⑤初任給

平成27年4月1日現在の初任給は、199,300円ですが、採用時には変更されることがあります。
※地域手当含む
※職務経歴等のある場合は、一定加算される場合あり
諸手当:期末・勤勉手当(4.20ヶ月分)、扶養手当、住居手当、通勤手当(2015年度実績)

⑥採用試験 実施状況