EYEの人

こんなあなたに来てほしい

1 いい意味で、でしゃばる社員がほしい

 私はまだ新人だからこんなこと言ったら怒られるのでは?そんな遠慮はEYEではいらない。心配ならすぐ上に相談すべし。支援までしてくれる。社員の芽をつむ会社ではなく、芽を育てる会社でありたい。将来はだれかが支店長になってほしい。役員になってほしい。社長になってほしい。


2 1教えたら1理解し、3教えたら5理解し、 5教えたら10理解する。そんな社員がほしい。

 入社当初はゆっくりでいい。重要なのは将来性だ。入社半年過ぎたら、自分でその仕事の段取り、位置づけ(優先順位)を徹底的に考察し、合理的に業務を遂行してほしい。それでこそEYEの社員だ。


3 任せられる社員。 任せた後、きちんと報告・相談できる社員。

 ひとつの仕事。この人に任せておけば大丈夫。そう言えるような集団でこれからの競争を勝ち抜いていく。  だからこそ、何の仕事をどこまでやっているのか、問題は何か、危機管理(クライシスコントロール)はどこがポイントか、上司への説明・報告・連絡・相談が重要だ。


いいことはみんなで誉める。失敗は自己責任をとる。
どうすれば防げるのかみんなで考える。
そんなあなたに来てほしい。

Page Top