逆算思考の司法予備合格術 合格者・受験生の悩みから講座に必要なものを「逆算」

予備試験の学習に当たって何が最もハードルになっているのか?そこから必要なものを「逆算」することで受験生に提供するべきものが見えてきます。合格者や受験生のアンケートから見てみましょう。

STEP1 論文が書けないことが受験生最大の悩み

予備試験には短答式試験、論文式試験、口述式試験があります。その中で、論文式試験が最も苦戦する試験だ、ということが合格者・受験生アンケート結果から判明。予備試験合格者の60%、受験生の90%が「論文式が最も難しい」と回答。論文式試験が最も難しい試験であることは明らかです。同様に「勉強していて最も苦労することは何か」についてもアンケートを実施。その結果、テキスト・講義の内容を理解することよりも論文が書けないという点に合格者・受験生ともに最も苦労していると回答しています。合格者の55%、受験生の60%が論文が書けないことに大きなハードルを感じているのです。

STEP2 論文は最初の一歩が難しい

論文式が難しいと答えた人は、どの段階でそう感じるのでしょう。「そもそも論文の答案を書くことができないのか?」「ある程度の答案は書けるが合格答案を書けないのか?」といった観点から受験生に再度アンケートを実施。その結果、明確に前者であることが判明しました。実に60%の受験生が「そもそも論文が書けない」ので論文が難しいと回答しているのです。受験生にとっては論文を一定の形式で書くことすらままならない、という実情がわかります。

STEP3 論文を書けるようになるには「論文を書くこと」

では、どうすれば「論文を書く」ことができるようになるのでしょう。本番で論文を書いて受かった合格者にもアンケートを実施。インプット学習(講義を聞く、テキストを読む)とアウトプット学習(論文を書く、短答を解く)のいずれが重要か、という質問に対し、合格者の88%が後者であると回答。論文を書けるようになるには、アウトプット学習が重要であることがわかります。また、論文を書けるようになった理由について聞いたところ、63%の合格者が「論文を書く練習をして書けるようになった」と回答。テキストを読んだり、講義を聞いたりすることではなく、論文を書く練習をして初めて書けるようになるのです。なお、35%の合格者は、書けるようになった実感がない段階でも合格していることも判明しています。それだけ論文を書くことは難しいのです。