2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「努力してれば必ず受かる」立教大学法学部4年(受験時)・個別授業10コマ付き!プレミアムコース1.0年講座2月生・最終合格先:国家一般、神奈川県Ⅰ種、社会保険診療報酬支払基金・三次辞退:衆議院事務局一般職、独立行政法人 高齢障害求職者支援機構

モチベーショングラフ

―1度きりの人生、一生をかけて公のために働きたいと考えていた―

 凄腕の会計検査官だった祖父に憧れ、私も祖父のように懸命に公のために尽くす公務員になりたいと思い、公務員を目指すようになりました。最初はそんな漠然とした志望動機でした。しかし、公務員について調べたり、民間企業のインターンに参加したことで、利害にとらわれず、人の役に立つことができるのは公務員しかないと考えるようになりました。ただ私には就職留年という選択肢はなかったので公務員試験と並行して民間就職活動もしていました。結果的に目上の人に対して自分をアピールする力がついたので、公務員の面接にも役立ちました。

―同じ大学の先輩から寺本先生の評判を聞いたことがEYEにした決め手―

 私は自分のペースで勉強を進めていきたいと思っていたので生講義だけでなく、DVD学習もできるEYEのカリキュラムはとても魅力的でした。大学受験では予備校の講義で寝てしまう事が多く、勉強についていけなくなる事もあったので、自分の体調や都合に合わせて学習を進めたいと思っていました。また、EYEに通う学校の先輩から寺本先生の評判も耳にしていたことも決め手のひとつです。

―EYEはまわりに勉強熱心な人が多く、その人達に刺激されて学習できた―

 もっとも、雰囲気はとてもアットホームで、辛い時、疲れたときには互いに励まし合える友達がいたおかげで、乗り越えることができたと思います。EYEには受講生交流イベントが多く開かれるので参加をおすすめします。またDVDを何度でも見ることが出来たので、1度では分からないことがあっても何度も見返すことで学習の理解が深まりました。数的や経済は何回みたか覚えていません(笑)。

―私の学習の流れ―

スタート期 3月~9月

 3月から本格的に勉強を始めました。といっても1日3時間程度です。しかし、毎日欠かず勉強するようにしていました。1日三時間なので、バイトやサークルとの両立は可能でした。しかし、数的や経済はなにをやっているのかさっぱり理解できず、焦っていたのを覚えています。夏休みに入ってからは基本遊んでいましたが、メリハリをつけて勉強し学習時間を確保していました。そのころは数的を重点的に学習しました。このおかげで直前期の数的の学習が楽になったと思います。また民間企業のインターンに参加し、公務員以外の業界研究を行ったり、泊まり込みのボランティア活動に参加したりし、面接のネタも作っていました。民間企業の併願を考えている方はインターンに参加することをおすすめします。企業によってはインターンの参加した学生を採用の際優遇するところもあります。

中間期(10月~12月)

 このころになると勉強が面倒なり、集中力が続かなくなりました。ここでだらけたらまずいと思い勉強する科目を変えました。
 数的や経済はやると怠けるのでやめて、得意な法律科目や人文科学、政治学、行政学等を重点的に学習しました。前年のDVDで学習することも多かったです。これらの科目は私にとって、とても面白く、学習がスムーズに進みました。勉強につまずいた時は得意科目に切り替えるというのも一つの選択肢だと思います。年末には自然科学以外のDVDはほぼ見終えていました。

直前期(1月~5月)

 このころからは毎日10時間みっちり勉強していました。基本的に受ける職種の過去問500とスー過去を繰り返し問いていました。模試も何回か受け自分の欠点をみつけ苦手の克服も行うようにしていました。
 3月からは民間企業の説明会、面接が解禁されハードな日々が始まりましたが、電車や空き時間は必ずダーウィンやスマホのアプリなどを利用し勉強し、1日7時間は勉強時間を確保していました。民間就活を併用してする際は少しでも勉強に時間を当てるために、貪欲に空き時間を見つける姿勢が大事だと私は思います。

―私の面接、論文対策―

 面接対策は民間企業の就活を行うことで場慣れしていき、自分の力を人前でアピールする力がついていきました。また1次試験後はEYEの友達と毎日面接練習を行い、聞かれる質問に答えられるようにしました。友達は的確なアドバイスをしてくれるのでとても有り難かったです。しかし、面接とは恐ろしいもので、出来た!とおもっても落とされることがあります。私は国税専門官の面接で落とされてしましましたが今でもその理由が分かりません(笑)皆さんも油断は禁物です。

―遊ぶ時は遊ぶ、やる時はやる―

 手元にある問題集を3周以上し、解けない問題を完璧にとけるようにしたことです。使っている問題集は必ず完璧にしてください。また、必ずメリハリをつけて下さい。遊ぶ時は遊ぶ、やる時はやる。これが一番大事です。

―私のまわりの努力し続けた友人はみな受かっています―

 筆記試験は努力した人が勝ちます。ですから、本番まで努力し続けてください。私のまわりの努力し続けた友人はみな受かっています。あきらめずに努力し続けることが大切です。
 面接試験は相手に気に入られればクリアできます。勉強で忙しいとは思いますが、相手に対するおもいやり、周りの人達との会話を大切にしてください。また男子は女子に比べ競争率が倍になります。少しでも筆記で好成績をとって下さい。辛い時ではありますが、合格できれば楽しい時間がまっています。応援しています。