学習スケジュール

「合格ロードマップ」と「50段階レベル別学習シート」に沿って学習を進めていきましょう。
下図のとおり、予備試験入門の後、憲法→刑法→民法→刑法→商法→民事訴訟法→刑事訴訟法→行政法の順に導入問期・基礎問期・論文過去問期・短答過去問期の学習を進め、その後、民事実務→刑事実務→選択科目の順に導入問期・論文過去問期の学習を進め、その後、基本7法の直前期の学習を進める、という進め方が効率的です。
予備試験の短答試験を受験する5月下旬までにすべての科目でレベル40まで達している状態を目指しましょう。