特集・トピックス 人気公務員「23区特別区」大特集!

EYEで毎年多くの方が合格する23区特別区。
その試験概要と合格者の勉強方法をご紹介!

特別区Ⅰ類試験データ

受験資格(2018年度)

昭和62年4月2日から平成9年4月1日までに生まれた人

試験スケジュール(2018年度)

願書受付期間 4月1日午前10時~4月9日午後5時まで受信有効(インターネットの場合)
1次試験 5月6日
1次試験合格発表 6月22日
2次試験 7月10日~7月22日までの間で指定する1日
最終合格発表 8月6日

勤務地・初任給(2018年度)

約220,400円
※この初任給は平成30年4月1日予定の給料月額に地域手当を加えたものです。
職務経験等がある人は、一定の基準により加算される場合があります。
なお、採用前に給与改定等があった場合には、その定めるところによります。
※この初任給のほか、条例等の定めるところにより、扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当等が支給されます。

東京都特別区(Ⅰ類事務)採用試験 実施状況

試験内容(2018年度)

試験 試験種目 試験内容 解答時間
1次試験 教養試験(択一式) 下記参照 2時間
専門試験(択一式) 下記参照 1時間半
論文(課題式) 2問中1問選択(1000~1500字程度) 1時間20分
2次試験 口述試験 人物及び職務に関する知識についての個別面接1回  

教養試験 試験科目

科目 出題数 解答数
文章理解 28 必須解答 28問
判断推理
数的推理
空間観念
資料解釈
法律 4 選択解答 20問中12問
政治
経済
倫理・哲学 4
歴史
地理
社会事情 4
物理 8
化学
生物
地学
48 40

専門試験 試験科目


科目 出題数 解答数
憲法 5 選択解答 55問中40問
行政法 5
民法(1)[総則・物権] 5
民法(2)[債権・親族・相続] 5
マクロ経済学 5
ミクロ経済学 5
財政学 5
経営学 5
政治学 5
行政学 5
社会学 5
55 40

個別無料相談

特別区で働きたい人。『特別区合格のルール』教えます。
まずは、EYE無料個別相談にお越しください。