特集・トピックス EYE受講生3割は社会人・フリーター!公務員転職ページ

社会人・既卒者向け!公務員転職ガイダンス

今回のガイダンスは、長年多くの既卒の方々をサポートをしてきた経験からアドバイスをしています。
公務員を目指すにあたって、既卒だから不安にしていることを解消するために、今回のアドバイスを役立ててください。
今回のプログラムは・・・
1.記憶に残っている過去の合格者の紹介
2.既卒の方が公務員を目指す最初の理由
3.仕事を辞める人、続ける人の合格実績
4.効率よく学習するには
5.今からできる面接対策

社会人・フリーター転職成功!公務員合格体験記

仕事と両立させて勝ち取った最終合格

既卒 指定なし(受験時)
入学時期
8ヶ月講座 10月生
最終合格
特別区Ⅰ類、清瀬市上級、松戸市上級
三次辞退
東大和市上級

社会全体の問題を解決したい

 私は、前職の民間企業で中小企業で働く方と接することが多く、そこで労働者不足に頭を悩ます経営者の方を多々見てきました。こうした課題は単に職場だけではなく、社会全体の課題だと感じています。そのため、こうした課題を解決することができる行政の仕事に興味を持つようになりました。

直前期の不安な時期に岡田先生に助けてもらった

 私にとって、公務員試験は今回が2度目のチャレンジでした。1度目は、大手予備校の通信講座を受講しておりましたが、自身の学力の定着度に不安があるものの担当講師との距離が遠いあまり相談できる環境ではありませんでした。一方でEYEは、とてもアットホームな雰囲気であり、担任の先生方との距離も近いため相談しやすい環境にあります。特に直前期、模試の結果が思うように伸びずに辛い時期、担任の岡田先生には精神面で何度も助けて頂きました。この距離の近さが勉強のモチベーション維持につながり、結果として内定を頂くことが出来たと感じています。

EYEではたくさんの仲間と出会える

 EYEでは、受講生同士の交流イベントが多く開催されています。私自身もEYEのイベントで知り合った既卒仲間と直前期に面接練習を何度も行いました。ここで出会った仲間の存在は私にとって非常に大きく、辛い時期には互いに励まし合い、合格した時には皆で喜び合うなど彼らとの出会いなしには今回の公務員試験を乗り越えることが出来なかったと思います。

私の学習の流れ

・スタート時期(8月)
 前年度に受けた公務員試験が残念な結果に終わり、気持ちを来年の試験に切り替えるには少し時間がかかりましたが、前回の敗因でもあった数的推理を固めることに力を注ぎました。平日は仕事で1日の多くの時間を勉強に充てることが難しいため、朝4:00に起床し家を出るまでの時間、ひたすらクイックマスターの問題を解き続けました。本番の試験まで毎日数的推理に触れることで、特別区本番の数的推理は8割近く正答することができました。

・中間(9月〜12月)
 専門試験の主要科目を中心に勉強していました。法律科目、特に行政法・民法に苦手意識を感じていたため、WEB授業で一から基礎固めを行っていました。寺本先生のレジュメがとても良くまとめられているため、このレジュメを本番直前までずっと読み込んでいました。ミクロ経済については、クイックマスターの基本問題を自分でグラフを描きながら演習を繰り返すことで問題をパターン化して覚えるようにしていました。マクロ経済は、私自身がほとんど時間がなかったこともあり、難しい計算問題は捨て、ただ暗記をすれば済む理論や学者と学説だけを最低限覚えるようにしていました。

・直前期(1月〜)
 この時期は、勉強する科目数が更に増えたことに加え、勤務先の四半期決算の時期とも重なっていた為、思うように勉強ができず本当に辛い時期でした。しかし、時間がないからこそ過去問を分析しながらヤマを張って、今年出題されそうな分野に的を絞るなど効率性を重視していました。また学系科目と言われる政治学、社会学、行政学、経営学、財政学は暗記さえすれば簡単に得点源とすることができる為、これらの知識の詰め込みに力を注ぎました。教養科目については、生物、地学、地理、思想、社会科学を中心に模試などで間違えた箇所をノートにまとめ、会社の休み時間などの隙間時間を利用して覚えるようにしていました。2月からは、過去問演習にも取り掛かり、最終的に特別区の過去問10年分を4周しました。志望先の過去問を解くことはとても大事で、特に特別区や都庁は過去に出題された問題から出題されることが多いので必ず過去問演習をすることをお勧めします。

私の論文対策

 特別区の論文は配点が高く、一撃の破壊力があると言われています。択一の点数が高くても論文が不出来であれば不合格となることもあり、その逆もあります。そのため、論文の勉強は手を抜かない方が良いと思います。論文の勉強開始時は、私が大学受験時に使用していた小論文の型のテキストをもう一度復習し、書き方をおさらいしました。そのうえで、他社で実施している特別区公開模試などを活用しながら今年出そうな論点を15テーマほど独断で選び、模範解答を参考にして自分の言葉で文章化していました。それを講師の先生方に添削頂き、ひたすら全体の構想や文章の言い回しなどを頭に叩き込んでいました。論文を書くうえでは、ネタとなる知識の吸収が大事だと思います。結果として本番では、論文に助けられました。

「面接対策」
 面接については、一次試験合格後に開催された面接アドバイス会で知り合った既卒メンバーで面接練習を行っていました。職歴のある既卒生は、必ず前職について聞かれるので早いうちから業務の棚卸しを行っておいた方が良いと思います。私も仕事内容中心に想定質問を用意する事で、本番は落ち着いて受け応えすることが出来ました。

ポイントとなる分野に絞って勉強

 捨て科目を作らず満遍なく勉強することはもちろん合格率を上げることになると思いますが、私のように仕事に就いている場合は時間に余裕がないためポイントを絞って勉強することが重要だと思います。しかし、その際科目まるごと捨てるのではなく、分野ごとに捨てることをお勧めします。リスクはありますが、効率よく勉強できますし、本番でヤマが当たればこっちのものです。担当講師の先生方に勉強すべき分野を相談しながら、進めていきましょう。

努力した分だけ結果はついてくる

 私は、年齢が受験資格ギリギリだったので今年ダメだったら・・・とかなり追い詰められていました。また過去に一度転職経験もあったため、経歴面でも不安に感じていました。ネットではかなり不安になるような情報の書き込みがあったり、直前期は仕事疲れで勉強に手がつかず仕事との両立は難しいのかなと逃げ出したくなることが何度もありました。しかし、蓋を開けてみれば有難いことに複数の自治体から最終合格を頂くことが出来ました。実際、面接官となる方々は、日頃から住民と接しているためか、民間の面接よりも人情味ある方達だったように感じます。そのため、公務員試験においては職歴・学歴で不利になることはなく、しっかり説明ができれば全ての人にチャンスがある試験となっています。また非常に長丁場となるため、辛いと感じる時期が必ずきます。しかし、EYEには親身になって相談に乗ってくれる心強い先生方がいます。決して一人で抱え込まずに、どんな悩みでも良いのでEYEの先生方やスタッフの方々を頼りましょう。努力した分だけ必ず結果はついてきますので、色々な情報に流されず最後まで頑張ってきた自分を信じてください。皆さんの大切な人生ですので、自分が納得のいくところまで是非頑張ってください。

仲間がいたからこそ頑張れた!

既卒 指定なし(受験時)
入学時期
1.0年講座 4月生
最終合格
国家一般職、東京都Ⅰ類A、特別区Ⅰ類
二次辞退
国税専門官、武蔵野市(大卒程度)、横浜市(大卒程度)

社会に貢献できる仕事、人々の暮らしに欠かせない仕事

 「社会に貢献できる仕事、人々の暮らしに欠かせない仕事」に就きたかったからです。
特に、災害対応や防災関係の業務に携わりたいと思い、公務員を志望しました。

他校に比べえ先生と受講生の距離が近い

 1番の理由は、アットホームな雰囲気に魅力を感じたからです!EYEは他の予備校に比べ、先生方と受講生との距離が近く、なんでも相談しやすい体制が整っている気がします。実際、先生方にたくさん相談し、助けていただきました。
また、既卒の受講生も多く、受験仲間を作りやすい点にも魅力を感じました。長期戦である公務員試験を乗り切るためには、受験仲間は必要不可欠だと思います!仲間がいたからこそ、自分自身この長期戦を乗り切ることが出来ました。

1年間モチベーションを保ち続けられるのがEYEの魅力

 1つ目は、先生方との距離が近く、受講生同士も仲がいいので、モチベーションを保ちやすかった点です。もちろん約1年間勉強を続ける中で、モチベーションが落ちてしまった時期もありましたが、受験仲間のおかげで早く立ち直ることが出来ました。今振り返ると、他の予備校の人達より、楽しく勉強していた自信があります!笑
2つ目は、どの先生の授業も分かりやすく、苦手科目あまり作ることなく試験に臨むことが出来た点です。数少ない苦手な科目は、個別授業でカバーすることが出来ました。

私の学習の流れ

【スタート期(4・5月)】 
 数的処理・文章理解・憲法・ミクロを中心に受講しました。ダーウィンを使って復習をしっかりすることで、基礎科目を固めることに注力しました。

【中間期(6~1月)】
 その他の法律科目・マクロ・学系科目を受講しました。復習をしつつ、なるべく早く過去問に移行するよう心掛けました。12月ごろから小論文対策を本格的にスタートさせました。

【直前期(2~6月)】
 今まで解けなかった問題を中心に過去問をまわすと同時に、教養科目の暗記に注力しました。人文科学や自然科学等の教養科目を受講したのもこの時期です。
この時期から模試を受け始めましたが、あまり良い結果ではなく、焦りを感じたのを覚えています。ただ、結果が悪くてもここで諦めることなく、本番に向けて前向きに勉強を続けることが大切だと思います!模試の結果が悪くても関係ないです。諦めなければ本番絶対受かります。

楽しかった面接対策

 小論文に関しては、グループを作り、12月ごろから各自論題を持ち寄って対策を始めました。グループ全体で30テーマほど作り対策しました。12月までに小論文の授業を受け、文章の構成等や小論文の書き方そのものを理解しておくとスムーズかと思います。
 面接に関しては、1次試験が終了してから実際に面接カードを書いたり、面接グループを作って模擬面接をしたりしていました。その日EYEに集まった人同士で面接カードの添削をしあったり、話す練習をしたりもしていたので、今思うと結構楽しく対策していた印象です。笑

1週間を目安に、バランスのとれた部勉強計画を立てる

 復習に重きを置くことで、授業を受けた後内容を忘れてしまわないように心掛けていました。加えて、特定科目に偏ることなく、バランスよく全科目毎日さわるぐらいの気持ちで勉強していました。実際に毎日全科目解くのは厳しいと思いますが、1週間を目安に、バランスよく計画を立てるとやりやすいかと思います。  効率の面では、何度も正解した問題は省き、間違えた問題や分からなかった問題に絞って過去問を進めていました。あとは、1題にかける時間を決めておき、1問にダラダラと時間をかけることのないようにしていました。

公務員試験は長期戦だが、最後まで諦めなければ必ず勝てる

 公務員試験は長期戦です。途中でモチベーションが落ちてしまうこともありますし、勉強を投げ出したくなってしまう場面も正直出てくると思います。学生の方なんかは、周囲の人たちが先に民間企業への就職を決め、焦りを感じる場面も出てくるのではないでしょうか。でも、最後までコツコツと勉強を続けていれば必ず結果はついてきます!公務員試験は諦めなかった者勝ちの試験だと思います。
 また、EYEには法島先生や岡田先生、重久先生といったいつでも相談にのってくれる先生方もいらっしゃいますし、各科目の先生も親身になって相談に乗ってくれます。受講生同士の繋がりが強いところもEYEの良いところだと思うので、受験仲間を作ってみんなでワイワイ楽しみながら、時には愚痴を言い合いながら長期戦を乗り切ってください!!この受験仲間を作るという点は本当に大事だと思います。ひとりで黙々と勉強していたらただのつまらなくて、精神的にもきつい期間になってしまいます。仲間同士で切磋琢磨しながら、時には息抜きをしながら、このきつい勉強期間を楽しみながら乗り切ってもらいたいなと思います!頑張ってください、陰ながら応援しております。

この数年間を振り返って

既卒27歳(受験時)
入学時期
8ヶ月講座 9月生
最終合格
特別区Ⅰ類、国税専門官、国家一般職

街歩きが好きだった

 街歩きが好きだったからです。23区は様々な顔を持つ街が沢山有り、とても魅力的でした。そんな街の為に働きたいと思い大学生当時から特別区職員を志望していましたが不合格となりました。その後は民間企業で営業職として働きながら勉強、最終的には退職しての挑戦となりました。平成ジャンプです。(^^)

先生方が非常に親切だったことがきっかけ

 先生方が非常に親切だったからです。EYEの公務員試験ガイダンスにメールで申し込んだ所、直ぐに法島先生から電話を頂きました。5年も前の話ですがとても親切にして頂いた事をよく覚えています。また、今回の受験ではもう一度予備校に入り直して勉強しようか迷っていました。そこでEYEに連絡した所、数年ぶりだったのですが、岡田先生、法島先生は私の事を覚えていて下さり9月にあったイベントを紹介して下さりました。イベントでは神奈川県庁で働かれている方に一対一で相談をさせて頂きました。仕事の内容や勉強方法等、様々な事をお話し頂き、モチベーションが上がり、イベント終了後そのままコンビニに走り、お金を引き出してその日の内に入学です。

担任の先生と気軽に話せる

 担任の先生と気軽に話せる事、質問がしやすい所です。大手予備校で言われた事ですが、質問をしたい場合は順番を待たなければ質問が出来ないそうで、面倒見の良さを必要とするなら大手予備校は合わないかもしれないとの事でした。EYEは予約制で先生やチューターに気軽に相談出来ます。かなり精神的に助けられました。また、岡田先生に既卒の受講生を紹介して頂きました。その受講生も私同様働きながら勉強をしている方で、一緒に特別区の合同説明会に参加したり他愛も無い話をする事が出来ました。

これまでの学習の流れ

大学生の頃から受験していたので恥ずかしいですが不合格体験記として当時の事も併せて記載します。
1回目の受験
大学2年生の12月に入学しましたが本格的な勉強は大学3年生から始めました。
折角ですので最終結果と得点を今後の同志の為に記載します。
①:特別区 教養18点 専門30点
一次試験不合格
②:国家一般職 点数は忘れました。
一次試験不合格
③:埼玉県庁
(不合格者の内、希望者は開示可)
教養52点 専門69点
一次試験通過492位
論文58点 集団討論38点
面接試験 得点無し 二次試験不合格
④:C日程市役所
一次試験 合格
二次試験 辞退
・準大手企業(重要)の最終面接と日程が被った為。因みに民間企業は不合格。
以下に反省点を挙げます。

①復習不足
 受講して分かった気になっていました。
結果として特に経済学、民法は理解できず何度もDVDを見ました。本当に時間の無駄でした。講義を受けたら直ぐに復習するべきでした。

②特別区の論文対策不足
 当時は事前に用意した答案を暗記すれば良いと思っていましたが、本番の試験では用意していない問題が出題され対応出来ませんでした。しかし、用意していなくても自分で持っている知識応用して書いたりする等、実際に論文を書く練習や様々な政策を調べていた人は合格していました。確かに少ないテーマ数しか用意していなかったが偶々的中した、と言う合格者の方も沢山います。しかしその陰には私の様な不合格者が多数存在していることも偶に思い出してあげて下さい。

③財政学、経営学を諦めた事
 試験勉強がラストスパートともなって来る2月頃、他の科目で手一杯になり捨てました。今思うと本気でやれば対応出来たと思います。あくまで私個人の感想ですが、講義を受けて、レジュメを読み込み、問題演習をすれば例年の特別区であれば1ヶ月もあればある程度は取れる様に思います。

④精神力の不足
 これが1番の原因です。試験が近くなるにつれて半ば諦めの気持ちも出てきました。結果として弱気になり捨てた科目も有ります。復習不足だろうが何だろうが1月、2月から本気で1日中勉強すれば取り返せます。挑戦出来る環境があるという事はそれだけで可能性に満ちているので、どんな状況でも諦めずに闘って貰いたいです。

今回の学習の流れ

スタート時期 9月〜11月
 基本的に講義を受けて直ぐに復習をすると言う流れで変わった事はしていません。勉強時間は週20時間取れれば良い方でした。数的処理は既にエクシア出版の物を三周程していましたので専門科目の講義の受講をとにかく優先しました。時間が無い事もあり憲法は全く受講せず経済学は途中で受講を辞めました。

中間期 12月〜2月
 引き続き同様の勉強をしていましたが、急激に仕事が忙しくなり勉強時間は週に10時間取れれば良い方でした。勉強しない日の方が多かったです。

直前期 3月〜5月
 色々あり2月で退職しました。この時点での学力ですが、3月上旬のTACの特別区模試で教養18点専門22点論文65点です。退職後は体力的な問題で午後からEYEに行き夜は最後までいました。自宅からEYEまで1時間半程掛かりますので電車ではレジュメを読み込み、移動時は録音した小論文を聞いていました。勉強時間は1日8〜13時間です。勉強内容は新たに過去問演習を行ったくらいでこれまでと然程変わりません。過去問は特別区を10年分、国家一般職を5年分程解きました。只、過去問演習を始めたのが4月に入ってからでかなり遅かったです。最初の1周は特別区の過去問でも1年分を終わらせるのにトータルで6時間程要しましたので本来であればより早い時期に着手すべきでした。また、この時期から教養科目の自然科学、人文科学を始めました。日本史以外は全て勉強、時間はそれぞれ3日1度2時間程です。特別区の一次試験以降は地方上級用の科目の勉強を追加しました。国税専門官独自の科目は勉強しませんでした。専門記述に関しても特別な勉強はせず、経済学の知識で対応しました。結果として、さいたま市以外は一次試験を通過しました。

面接 論文対策
 論文対策は寺本先生の参考書、各予備校の模試で出題された論文試験を活用しました。秋頃から文章を自分でスマホに録音して通勤、通学時に聞く事で暗記に努めました。退職後からは帰宅してから書いてみる練習もしましたが覚えられなかったので音読して覚える方法に切り替えました。実際に文章を書く練習は時間が無いので出来ませんでしたが、在職時は会議の議事録等を積極的に作成して文章作成力を鍛えました。
 次に面接対策ですが、特別区の一次試験結果発表までに面接カードを作成しておきました。これは絶対にやっておくべきです。が、特別区の面接3日前に鹿又先生の個別授業でカードの内容が良くないとの事で全て書き直しになり、文章の骨子を考えて頂きました。初めて個別授業を受けて、偶々鹿又先生に担当して頂いたのですが本当に運が良かったです。これが無かったら不合格だったかも知れません。実際の面接対策は既卒の人同士で練習を行いました。既卒グループLINEを岡田先生に作って頂き、その中で頑張って積極的に発言して仲間を集めました。特別区の面接までは特別区のみに集中し、他の官庁は面接カードを書いておく程度に留めました。国家一般職に関しては前日に志望動機を考えた記憶があります。

私の勉強方法

 数的処理:講義、ダーウイン、エクシア出版の参考書を使用しました。
社会科学:寺本先生のレジュメを使用しました。専門科目と被るので勉強しない方もいますが、そもそも国際関係を捨てている場合や法解釈等、専門科目で勉強していない可能性もあるので部分的にでも勉強した方が良いです。
自然科学・人文科学:寺本先生のレジュメを使用しました。人文科学に関しては問題集を使う余裕がありませんでした。物理化学については東進のはじめから丁寧にシリーズを読み、クイックマスターを解きました。
憲法・民法・行政法・政治学・行政学・社会学:寺本先生のレジュメで太字を暗記、それ以外は理解に努めました。問題集はダーウインと過去問のみです。
ミクロ経済学 マクロ経済学:スー過去、エクシア出版の参考書を使いました。経済学に関してはスー過去を使用する事を強くお勧めします。他の科目と段違いに優秀です。
財政学・経営学:講義を受けた後レジュメを3周程してスー過去を解きました。独学時は最初からスー過去を解いていましたが、講義受講後にスー過去を読むと理解度が全く変わります。只、例年の特別区レベルであればスー過去は不要かもしれません。
労働法・社会政策・国際関係:国際関係以外は講義を受講した後にレジュメに記載のある問題を解きました。国際関係は諦めました。

 面接試験に関しては志望動機を論理的に作る事に苦労しました。これはキャリアセンターの人に言われた事ですが、既卒の人は志望動機が非論理的な場合は即弾かれ、新卒ならば目を瞑って貰える所でも既卒は厳しく見られるとの事です。また、学生時代に面接官から君は固い人間だね、と言われましたので明るく、朗らかに話す事を意識して練習しました。

健康であることがどれだけ有難いか

 特別区の面接1週間前に何故か腸閉塞を起こし救急搬送され入院しました。本当に色々あったのですが、日中は点滴用の針を腕にブッ刺したまま外出、夜に病院に帰って消灯したベッドで点滴してお粥を食べながら面接カードを書く生活を送りました。
入院生活を送る事で健康である事がどれだけ有難いかという「人生」までをも、公務員試験は私に教えてくれたのです。非常に貴重な経験を積む事が出来ました。メリットは特に無いですが、デメリットは沢山あるので健康には注意して下さい。

辛い事も多くあったが、その分強くなれた受験生活

 公務員試験には様々な環境の方がいると思いますが、大学受験で2浪した人間でもここまで来れました。どんな選択肢を取ろうとも、ベストを尽くして欲しいです。受験を辞めようとも思いましたが、時間が経って「仕事は忙しいし、勉強も大変だから受験は辞めたけど普通やってられないよね」等と言いながら毎年公務員試験を思い出す事は嫌でした。辛い事も多くありましたが、強くもなれました。今では現役時代に全滅して民間企業で働いて良かったと思っています。受験生の方にはこんな奴でも受かったのか、と少しでも勇気を持って頂けたら嬉しく思います。気負い過ぎずに前に進んで行ってください。陰ながら応援しております。

働きながらでも、長時間の勉強が苦手でも合格できる

既卒24歳(受験時)
入学時期
8ヶ月講座 9月生
最終合格
特別区Ⅰ類、松戸市上級

公務員の幅広い分野の仕事に魅力を感じて

 公務員は「ゆりかごから墓場まで」という言葉にも表れているように幅広い分野で働けるところに魅力を感じ志望しました。また女性が働きやすい環境が整っているところも魅力的でした。

アットホームな雰囲気

 EYEに入学した理由は続けやすい受講料とアットホームな雰囲気です。入学前に岡田先生に相談に乗っていただき、とても親身に聞いてくださったことも決め手になりました。

EYEで学習してよかったこと

EYEで学習してよかったことは以下の点です。
・講義のDVDが見放題
 仕事の都合上、生講義に間に合わなかったため講義は全てDVDで受講しました。予約不要でDVDが観られる環境は非常に有り難かったです。

・勉強に行き詰まったら岡田先生に相談に乗っていただける
 EYEでは無料個別相談を何度でも受けられます(要予約)。私は勉強に行き詰まったら岡田先生に相談し、適切なアドバイスをいただいていました。

・同じ境遇の仲間に出会える
 EYEで働きながら勉強している受験生と友達になり、情報交換をしたり、励まし合ったりしていました。仲間の存在は合格する上で欠かせないものでした。

私の学習の流れ

<スタート時期 9月>
 1週間で3コマ消化することを目標に公務員試験の基礎となる憲法・数的処理・ミクロの講義を受講し、講義で扱った問題は翌日に解きなおし定着させるようにしていました。

<空白期 10月~11月中旬>
 9月に受験した市役所の筆記試験が通過したため、10月~11月中旬までは一切勉強せず面接対策をしていました。

<中間期 11月下旬~2月>
 市役所は残念ながら不合格となったため、気持ちを切り替えて特別区に向けた勉強を再開しました。
憲法・数的処理・ミクロの残りの講義を消化し、マクロ・民法・行政法の講義に進みました。民法はなかなか理解できず、何度も講義のDVDを見直していましたが、今思えばバッサリと捨てて行政学・社会学のような学系の講義を受講すれば良かったなと後悔しています。数的処理・ミクロに関しては少しずつ特別区の過去問や市販のテキストに移行し、繰り返し解きました。またこの時期から文章理解、資料解釈を毎日解くようにしました。

<直前期 3~4月>
 社会学・行政学・政治学・世界史・生物・思想に取り組み始めました。講義を観る時間を捻出するのが難しく、レジュメだけいただきひたすら特別区の過去問を解きました。小論文を本格的に始めたのもこの時期です。直前期は勉強が遅れていることによる焦り、特別区へ行きたい気持ちの強さから来るプレッシャーに押し潰され、毎日仕事中にトイレで泣いていました。

<その後 5~6月>
 この時期は市役所の受験を控えていましたが、特別区の結果待ちで疲弊しており、平日は5分〜2時間程度、土日は0〜1時間程度しか勉強しませんでした。またEYEに足を運ぶ気になれず、講義は全て自宅のPC・iPhoneで受講しました。1ヵ月半の間、労働法・社会政策・国際関係といった今まで勉強していなかった範囲の講義を受講し、それ以外は「市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500」(実務教育出版)で数的処理・文章理解を中心に今まで勉強してきた科目を繰り返し解きました。

私の面接、論文対策

私は小論文が非常に苦手だったので、以下の模範解答を暗記しました。
・特別区模試で出題された論文の模範解答
・寺本先生の「小論文バイブル」(エクシア出版)の模範解答
・直前期に販売された寺本先生の「2019年論作文出題大予想」講義のレジュメ
時間が無かったため、岡田先生や寺本先生の意見を参考に暗記するテーマを絞りました。試験当日は用意したテーマから出題されたのですらすらと書けましたが、5テーマ程しか準備しなかったので受験直前まで吐きそうになっていました。小論文は配点が高いので余裕をもって対策するべきだと思います。

 面接対策は、特別区一次試験の合格発表から対策を始めました。合格発表の翌日に合格者説明会が行われ、先輩とお話したり、過去に面接で聞かれた質問集をいただいたことで一気に意識が変わりました。面接カードは岡田先生や東京しごとセンターの担当者の方に見ていただき、面接練習はEYEの友人たちとカラオケボックスで行ったり、EYE・東京しごとセンターの模擬面接を受けました。

働きながら合格するために努力したこと

働きながら合格するために努力したことは以下の点です。
・志望先に特化した勉強
 私の場合、入学当初から特別区が第一志望だったので特別区に特化した勉強をしました。講義や市販のテキストと並行して特別区の過去問10年分をひたすら解き続けました。過去問は年明け前に入手して少しずつ進めるのが良いと思います。過去問10年分は区政会館、もしくはEYE受付で手に入ります。

・勉強時間の捻出
 まとまった時間の確保が難しいため、隙間時間に勉強するようにしました。
通勤時の行き帰りの電車内や昼休みは絶対勉強するようにし、業後は講義を受けるときはEYE、それ以外の日は会社近くのカフェで勉強するようにしていました。
 仕事の繁忙期や飲み会ラッシュ、何となくやる気が出ない等、思うように勉強ができない時もありましたが「毎日1分以上勉強する」というルールを作り一切勉強しない日を作らないように気を付けていました。
毎日7~10時間の勉強が当たり前という風潮があるように感じ、それを満たせないのが非常に苦しかったですが、結果的に毎日平均3~4時間の勉強でも合格していますので、努力の仕方さえ間違っていなければ大丈夫だと思います。

・勉強実績の可視化
 私はExcelで1日の勉強した内容を記録し、週に1度見直していました。可視化することでどの科目が遅れているのか明確化しますので効率の良い勉強ができると思います。

公務員試験に取り組む上で注意するべきこと

公務員試験に取り組む上で注意するべきだと感じたことは以下の点です。
・模試の申し込みを忘れないようにする
 私の場合、友人に声をかけてもらったので忘れず申し込むことが出来ましたが、それが無かったら申し込めていませんでした。模試は試験の雰囲気、時間配分の練習、小論文のトレンド掴みに非常に有効ですので絶対に受けた方がいいと思います。

・志望先の説明会、出願を忘れないようにする
 私は仕事と勉強以外に気が回らず、締め切りギリギリに慌てて特別区の出願をしました。出願しなければすべての努力が水の泡になりますので注意してください。

・早めに面接カード・ESの用意に取り掛かる
 面接カード・ESの用意は時間がかかりますので早いうちから取り組むべきです。EYEには過去の受験生が作成した面接カードがありますのでコピーを取り、参考にするといいと思います。またEYEも東京しごとセンターも5月以降は相談の予約が埋まりやすいので、とにかく早めに動くことをお勧めします。(特に社会人は行ける曜日、時間帯が限られていると思いますので…)

自分を信じてあきらめずに

 公務員試験は最後まで諦めなかった人が合格する試験だと痛感しています。
 私は長時間勉強するのがとても苦手で、平日は2~4時間、土日は5分~3時間、時々6時間勉強する、といった具合でした。
また3月に受験した模試の結果は最悪で小論文に至っては1文字も書けませんでした。このような状況だったので特別区の試験前日まで「受験を辞めようかな」と考えていましたが、それでも合格できたのはEYEの先生や友人の存在があったからです。そして何より自分自身を信じたからこそだと思います。
皆さんも大変だと思いますが、自分を信じて諦めずに走り抜けてください。応援しています。

揺らがない決意と努力の2年間

既卒22歳(受験時)
入学時期
短期講座 1月生
最終合格
特別区Ⅰ類(福祉)
二次辞退
国分寺市(大卒程度)、調布市(大卒程度)

地域貢献を意識し幅広い支援を提供できる仕事がしたい

 私が公務員を志望した理由は、学生時代、兄や親せきが公務員として責任感をもって努力しながら働く姿を見て、その姿に刺激を受けたからです。また、私は、大学での実習やボランティア経験から、社会福祉についての重要性を学び、ニーズに応えるうえで必要なサービスや制度を整え、幅広い世代の方々に支援を提供できるような仕事をしたいと考えていました。そこで、市役所のインターンシップに参加させて頂いたところ、様々な分野で仕事ができる点や専門的知識を生かせるという点において、公務員の仕事に魅力を感じました。また、公務員は、福利厚生がしっかりしているため、将来を考えた際に、仕事と子育ての両立がしやすいという点に魅力を感じ、公務員を志望致しました。

EYEには相談しやすい環境がある

 当時、独学で勉強をすることに限界を感じていたため、予備校に行くことを検討していました。そんなとき偶然、大学のブースでEYEの説明会を行っていたので、そこで、チューターの方やEYEのスタッフさんにお話を伺ったところ、親身になって相談に乗って頂き、モチベーションを高められたことがきっかけで、EYEへの入塾を決めました。また、EYEならではのアットホームな雰囲気も魅力だと思います。

EYEは、交流会や相談会などの機会が充実しコネクションがしっかりしている

 EYEは、相談会や自治体の説明会などがあり、受験に関して多くの情報を得られる機会がとても多いと感じました。また、現役の公務員として活躍している人の中には、EYEの卒業生も多く、縦と横のコネクションがしっかりしていると感じました。またEYEでは交流会やボランティアなどのイベントが多く開催され、一緒に切磋琢磨しながら、問題を出し合ったり、面接練習を重ねる仲間をつくれる機会が充実していたと思います。実際、勉強の進み具合や試験を受けるうえでの不安を共有し励まし合える仲間を、EYEでは作ることができました。さらに、先生との距離が近く、相談しやすい環境だったことも、とてもよかったです。岡田先生や石川さんには、勉強面だけでなく、精神面でもたくさん相談に乗って頂き、迷ったときや心配事があったとき、何度も助けて頂きました。公務員を目指す身として、あきらめずに頑張る道を切り開いて下さった先生方には本当に感謝しています。

面接は繰り返しの実践練習が大事!
 私が積極的に利用していたのは岡田先生の個別面談です。また、EYEで勉強を始めて、1年目には、個別授業において原島先生にお世話になりました。実際に相談し、面接カードを添削してもらうことで、自分のことも客観的に捉えることができるようになったことは良かったと思います。さらに、面接で使える情報や活用できる資源、面接におけるポイントをたくさん教えて頂きました。また、友人とも毎日のように対策をしていました。面接試験の前には、たくさん街歩きをして得た情報を、友人とお互いに共有し、実体験から話せるようにネタを収集し、整理することを心がけていました。

論文は引き出しを多く作ることが大切!

 岡田先生に話を聞いたり、寺本先生や林先生の論文対策のレジュメを見たりして、出そうなものを重点的に、書いて覚えるようにしていました。余力があれば、時事でまとめたポイントを見直すようにして対策をとっていました。箇条書きで、いつでも見られるように紙にまとめたことが、論文を記述する際に情報を引き出す上で役立てたと思います。ただ、論文においては、本当に何が出題されるのか、予想するのが難しく対策を取りようがない部分もあるので、あまり力を入れず、出題傾向を理解する程度でいいと思います。

重要なのはアウトプットと繰り返し問題を解くこと!

 私が工夫したことは主に、3つです。
 1つ目は、自分の得意科目を絞ることです。限られた時間の中で全ての科目を終わらせることは難しいので、自分の得点源になる科目を重点的に行っていました。私の場合は、文系だったので、文章理解や社会科学で確実に点をとれるように、復習していました。また、自分の志望先の自治体の問題傾向を調べ、得点源になる数的推理などの科目は特に中心的に行いました。
 2つ目は、自分が頼る参考書を1冊ないしは2冊に絞ることです。書店には多くの参考書が並んでいますが、複数を網羅することは、自分にはキャパオーバーになってしまい、合わないため、自分にあった参考書を1冊見つけ、それしかやらないことを決めていました。(私の場合は、畑中敦子さんのザ・ベストシリーズです。)
 3つ目は、今まで問題を解いていて、自分が間違えやすいところを、付箋で印をつけ何度も解き直すことです。間違えたところやポイント、自分なりの解き方と友人から聞いた解きやすい解き方を1つのノートにまとめ整理していました。このノートで、通学時間や寝る前などの隙間時間に復習できるようにしていました。
専門試験に関しては、私は福祉職を志望していたため、行政職で受ける方たちとは勉強の仕方が違っていました。福祉職の対策に関しては、参考書もあまりなく、勉強の仕方が分からなかったため、とりあえず、国試の勉強で使用した過去問やレジュメ、問題集を使用し復習するようにしました。特別区を受験した際には、豊島区の福祉部で前年度の過去問をコピーさせて頂き、出題傾向から出そうな範囲を予想し、そこを重点的に行うようにしました。最後に、私が受験に成功したのはインプットの後にアウトプットをしっかり行えていたことが理由だと思います。インプットで知識や解き方を頭に詰め込んでも、本番の試験で引き出せないと意味がありません。繰り返し過去問や問題集を解くことで、アウトプットを行う練習をすることが大切だと思います。

つらい時こそ気持ちをリフレッシュ!努力は必ず報われる!

 公務員試験は、結果が出るまで自分との長い闘いです。私はなかなか結果がでず、約2年間粘りました。周りの友人が就活を終え、働き始めたことにより、焦りが募り精神的につらいと思うこともありました。追い込み時期や試験前日は不安でなかなか寝つけない時もありました。ですが、そんな時こそ、自分のペースを保ち、息抜きをして気分をリフレッシュすることが大事だと感じました。勉強するときは、しっかり!その代わり休憩もしっかり!と気持ちをその都度切り替えることで、生活にもメリハリがつきバランスが取れると思います。私は、ずっと同じ場所で勉強することが苦手だったので、気分が乗らない時は、時間を決めて読書をしたり、近くのカフェで一息つきながら勉強していました。公務員試験は同じことの繰り返しで地道な努力が大切です。そのため、自分にあった気分転換の方法や相談相手を見つけておくことも良いと思います。そして公務員試験は、孤独を感じることも多いと思うのですが、EYEの先生方や家族、友人など必ずそばで支えてくれる人がいることを忘れないで下さい。最後まであきらめず、頑張ってきた自分を信じて、頑張って欲しいです。努力は必ず報われます。そして最後には頑張った自分を褒めてあげて下さい。無事に公務員試験が終えられるよう、応援しています!

再チャレンジでも合格できる!

既卒23歳(受験時)
入学時期
1.0年講座 8月生
最終合格
特別区Ⅰ類、国税専門官

福利厚生やワークライフバランスが魅力の公務員

 福利厚生やワークライフバランスが充実している点に魅力を感じたから、というのが本音の理由です。もともとは教員志望でしたが、児童や生徒だけでなく住民全体の役に立ち、地域活性化に貢献したいという思いが強くなり、公務員を志望しました。

EYEは相談できる環境が整っている

 友人から誘われたことがきっかけでEYEを知りました。実際に訪れた際にアットホームな雰囲気を感じたことや、相談できる環境が整っていることに惹かれました。また同じ大学の人が多いということも聞き、悩み事を共有することも、お互いに高め合うこともできる環境があると思ったため、EYEへの入学を決めました。

面接対策に強いEYE

 友人が通っていたからというのもありますが、アットホームな雰囲気で面倒見がよく、面接対策に力を入れていることを受講相談の際に知ったからです。また、寺本先生の授業が受けられる点も決め手の1つでした。

ー再チャレンジでもモチベーションを保って合格できるー
 モチベーションをうまく保てたことです。再チャレンジをすることになったのはモチベーションを保つことができなかったのが原因だったので、公務員を目指す友達をつくることができ、お互いに高め合える環境が非常にありがたかったです。また、困ったときは岡田先生をはじめとして先生方に気軽に相談することもできたのも、EYEで学習してよかったことの1つです。

私の学習の流れ

スタート時期(8月~12月)
 再チャレンジでしたが、知識ゼロの状態から勉強し直すつもりで講義消化に専念しました。自分はフリーターだったので、午前中からDVDブースやWEBで法律科目や数的処理などの講義を消化し、夕方からアルバイトという1日になることが多かったです。塾講師のアルバイトをしていたので、数的推理や人文科学などの科目には勉強時間以外でも触れることができていました。

中間期(1月~3月)
 学系科目などの新しい講義を消化しつつ、消化し終えた講義の復習も忘れずに行いました。復習するにあたり、理解度確認テストで満点を取るという目標を立て、テストの日から逆算して確実に復習できるように学習計画を立てていました。復習する際には、短期間で何周も行うことを意識しました。この時期にはチューターゼミで面接対策もしていました。

直前期(4月~6月)
 主に復習の繰り返しでした。また、模試や過去問を活用して演習を行い、本試験の時間配分の練習をしました。この時点で、コスパが悪いと判断した科目はあまり時間をかけないようにし、確実に取れる科目を重点的に復習しました。この時期は自宅や図書館などで勉強していましたが、定期的にEYEに行き友達と話すことで、モチベーションが下がらないようにしていました。

ー面接や論文が苦手でも様々なサポートがあるから大丈夫ー
 面接は苦手意識があったので、面接系の講義に積極的に参加したり、チューターゼミも活用しました。早いうちから面接対策をしておくことで、実際に面接カードを書くときの負担が軽くなったように感じました。また、1次試験合格後はEYEで友達と面接練習をしました。面接官役をすることで見えてくるものもあり、自分より上手な人と練習ができていい刺激になりました。
 論文は、最低限の対策しかしませんでした。文章を書くのが苦手ではなかったので、寺本先生の本を読んで要点を押さえるというやり方で対策しました。

勉強はEYE専用の講義レジュメに集中

 1つのレジュメやテキストを何周もするのを徹底したことです。ダーウインに関しては主として理解度確認テストの前に繰り返して使用し、直前期は(数的処理や文章理解以外は)ほぼレジュメを使って学習していました。レジュメのほかにスー過去などの他のテキストを使うということはほとんどありませんでした。特に寺本先生のレジュメは非常に分かりやすいので重宝しました。寺本先生が担当する学系科目と一般知識科目はダーウイン1周もしていないくらいです。独学で対策すると決めた科目は、インプットとアウトプットが1冊でできるテキストを選ぶようにしました。また、模試や本試験の過去問で知識不足だと感じた単元や出題予想がされたテーマは、レジュメやテキストにハイライトをつけて重点的に学習しました。とにかく、すぐ忘れるので同じものを繰り返すに尽きます。
 自分は同じ場所で長時間集中するのが苦手だったので、丸一日勉強することができる日でも、場所を移動して取り組むことで集中力を保っていました。自室での勉強に関しては、YouTubeで「短時間きざみ勉強法」という勉強法を発見し、実践していました。また、レジュメやテキストがなくても勉強できるように、メモ帳やスマホのメモアプリに暗記事項を書き入れたり、スマホでレジュメの写真を撮っておきました。これにより、隙間の時間を活用して知識を定着させることができました。

今後40年をかけた大切な1年

 公務員試験は、長期間にわたって勉強を続けなければならないつらい戦いというイメージがあるかもしれません。しかし、今後40年間の人生を決めるための勉強と考えれば短いものですし、EYEでは同じ目標を持つ仲間と一緒に頑張れるため、非常に充実した就職活動になります。年齢や学歴に関係なく、正しい努力をし続けた人が報われます。頑張ってください。

やっとのことで掴み取った最終合格

既卒22歳(受験時)
入学時期
8ヶ月講座 11月生
最終合格
特別区Ⅰ類
二次辞退
横浜市上級、富士見市上級、ふじみ野市上級

説明会への参加や勉強を進めていくうちに

 私が公務員を志望したのは大学2年生のとき、横浜市の職員である従姉から話を聞いて興味を持ったことがきっかけです。私は小さい頃から「この職業に就きたい!」と思ったことがなく、妥協で公務員になろうと思いました。その後、勉強や説明会に参加するうちに公務員に魅力を感じ、勉強を始めて半年には公務員になりたい!と思うようになりました。

EYEは公務員試験に特化している

 大学3年の春、就活を意識しなければならないときにEYEのパンフレットが家に届き、岡田先生の説明会に参加したことがきっかけです。その説明会で、EYEは他の予備校と違い、公務員に特化していることや同じ目的を持った仲間を作りやすいということを知り、魅力を感じ入学を決めました。

EYEでできた友人と励まし合いながら勉強

 EYEで学習してよかったことは友人と励まし合いながら勉強できたことです。役所で働く人だけでなく、警察や消防の人、就職浪人している人や会社を一度退職して公務員を目指す人など様々な人と友達になることができました。EYEでできた友人と小論文の予想をしたり、面接練習ができたこと、モチベーションが落ちているときに話すことができたことで合格に繋がったと思います。

私の学習の流れ

スタート時期(大学3年4月〜)
 EYEや大学でダーウィンを中心に勉強していました。生講義に積極的に参加し、わからないことがあれば授業後に先生に聞くようにしていました。授業についていくことでいっぱいで復習が間に合っていなかったです。

中間期(大学3年11月〜)
 授業もほとんど見終わり自習の時間が増えた。復習してなかったこともあり、レジュメとダーウィンを主に使っていた。得意科目はスー過去を買って突き詰めていた。学系の授業を見始める。

直前期(大学3年3月〜)
 捨て科目はキッパリ切り捨て、得意科目と苦手じゃない科目を過去問や過去問500を使って傾向を掴んだ。模試を活用して小論文のテーマを予想


スタート時期(大学4年11月〜)
 C日程の最終面接で不合格となり働き先がなくなる。翌年リベンジするためEYEに再入学し勉強をし直す。専門科目を中心にリハビリを始めた。特別区の面接で落ちた理由として働きたい理由の動機が薄いことに気がつき、区が運営する学童でアルバイトを始める。

中間期(大学4年2月〜)
 学童でアルバイトをしつつ、大学の卒業系のイベントに参加(卒業旅行や卒業式)。なかなか勉強時間を取れないながらも苦手科目を克服するため、過去問やスー過去を中心に勉強。再び模試を受験し、傾向を予想。

直前期(既卒1年4月〜)
 ただひたすら過去問を繰り返す。行政学、政治学、社会学といった学系を全て得点できるよう詰め込む。捨て科目は完全に手をつけない。教養試験は時間との勝負なので本番を想定して問題を解く効率の良い順番を考える。

・面接、論文対策
 面接は、はじめのうちは友人と雑談形式で(「こう聞かれたらどう答える?」みたいな感じ)EYEにある先人の質問カードを見ながら練習していました。初年度はいきなり本番を想定した圧迫多目の練習だったため基本的なことが答えられず残念な結果になったことを反省し、翌年はこのようにしたことで合格できたと思います。
小論文は論点を15ほど用意しようとしましたが苦手だったため用意できず、他の予備校が実施している模試を受験し、解答を丸暗記しました。岡田先生や寺本講師が予想するお題が模試に出たのでその論点だけは一言一句全て覚えました。試験当日の朝、念仏のように唱えながら支度できるくらい覚え、岡田先生の予想したお題が見事出題され、完璧に書くことができました。

満点を取ることを目指さない

 勉強で工夫したことは「満点を取ることを目指さずかつ高得点が取れるよう捨て科目を作る」ことを意識しながら勉強しました。私自身、元々理系だったこともあり、数的処理や自然科学、経済科目が得意でした。これらの科目で満点を取れば37点/80点と、およそ半分を得点することができるので残りの43問中25問取れるよう科目を絞りました。その結果、2年連続で特別区の筆記試験に合格することができました。

合格は自分から掴み取るもの

 私自身、一度全て落ち内定をもらうまでに2年かかったからこそ思ったのが、やはり簡単に合格することはできません。近道はありませんが地道に努力をすれば越えられない壁はありませんでした。その壁を越えるために1人ではなく、友人たちと励まし合い、情報を交換しながら「どんなことがあっても絶対合格するんだ!」そういう心構えで自分を支えて下さい。
そして、自分が一番できるんだと思い込んで下さい。最後の最後に頼れるのは、自分自身と今まで使い込んできたテキスト(レジュメ)、問題集、ノートです。合格は願うものではなく、自ら掴み取りにいくものです。自分の力で、合格を掴み取っていきましょう!(ずっと勉強ばかりするのではなく息抜きをすることも大切です!)

3ヶ月で早期退職。その後非正規で転々としつつ、3度目の公務員試験チャレンジで合格

既卒27歳(受験時)
入学時期
8ヶ月講座 11月生
最終合格
さいたま市(大卒程度)

本音と建前

ー家庭の状況によって、子供たちの未来が左右されないような街づくりをしたいー
 私は養護施設で育った経験などから、子どもの貧困対策に取り組みたいと考え、幅広い側面からアプローチすることができる公務員を目指しました。

ーそんなものは建前でー
 上記の内容は面接用の建前で、本当の理由は、「世間体が良いから」「モテそう」「不況などに左右されない」「年功序列。余程のことがなければリストラされない」「役所の職員さん優しい人多い、話しやすい人多い一緒に働いてみたい」などです。面接対策を始める前の受験生に「公務員を志望した理由は?」と聞いても、多くの人が上記と同じような回答をしていました。「立派な志望理由がない。。。」とヘコむ方もいるでしょうが問題ナッシングです。志望理由は、つくれる。

安い授業料と相談しやすい環境が決め手

 授業料が安価。相談しやすい環境。
予備校選びの際に、いくつか候補がありましたが、一番はじめにEYEに入学相談をしたところ、非常に親身に相談に乗ってもらえたため、その場で入学を決めました。

私の学習の流れ

スタート(11~12月)
 ひたすら講義を消化していました。多いときで1日4つ。消化後はスー過去に移行し、スー過去メインで回しました。
試験まで時間がなかったため、特別区の頻出範囲を過去問などから洗い出し、勉強する範囲の優先順位を決めてから勉強にとりかかりました。

中間(1~2月)
 この時期から論文対策を始めました。健康のために散歩を始め、散歩しながら、スマホで論文を確認して暗記したり、勉強スケジュールの見直しを行いました。

直前期(3~6月)
 3月4月は特別区の頻出範囲の対策のみ。苦手な数的推理に関しては、時間をかけて勉強しても点数に繋がりにくいと判断し、時間配分を1日10分程度に減らし、その分他の科目の勉強に時間を費やしました。

いつでも相談できる環境と、受験仲間のつくりやすさが魅力

 1つ目は、必要な時に、いつでも相談できる環境があったことです。
特に担任の岡田先生には親身に相談に乗ってもらいました。LINEで面接カードや3分プレゼンの添削をしてもらうなど、いつでも気軽に相談できる環境があるというのは、とても安心感がありました。
 2つ目は、共に試験に向けて励まし会える友人が作りやすいことです。
受験生との交流会が多く、積極的に参加すれば受験仲間をつくることができます。他の予備校にいる友人たちは、受験仲間が全く作れず悩んでいる方が多かったので、作りやすい環境は強みだと感じました。

私の面接・論文対策

ー面接ー
 面接直前期には、教室解放があり、仲間たちと自由に面接対策が出来ました。本番形式の模擬面接は何度かやりましたが、仲間たちとの面接対策時のツッコミの方が難しく、その後のフィードバックも率直な意見をもらえるので、結果的に仲間たちとの練習が一番本番で活かせました。

ー論文ー
 とりあえず模範解答を暗記しました。
過去問やその他情報源(寺本先生の予想テーマ講義やTwitterなど)から、論文の予想論点を20テーマほど洗い出し、優先順位を決め、自分に合った模範解答を見つけ、その模範解答をひたすら暗記しました。私は今までの人生で、全く論文を書いてこなかったため、文章の書き方や論文の基礎を把握していませんでした。しかし1から学んでいる余裕はなかったため、模範解答の暗記に努めました。この方法で、私が受けた試験である特別区とさいたま市の筆記は受かっているので、論文が極端に苦手な方にオススメできます。
しかし、暗記のために用意する模範解答選びには十分注意する必要があります。自分にとって暗記しづらいものであったり、そもそも内容が論理的でなく、わかりづらいものになっている模範解答(?)もあるので、時間が許す限りで、模範解答選びには時間を使った方が良いと感じました。

自分に合った勉強法や勉強場所をみつける

 自分に合った勉強法や勉強場所を見つけることです。私は3回公務員試験を受験しましたが、うち2回は筆記で落ちました。その原因として、1つは勉強に集中できている時間が少なかったこと、2つ目は勉強スケジュール管理が杜撰だったことが挙げられます。このことから、改善策として2点実施しました。1つは勉強場所を家ではなくファミレスに変えること。2つ目は1日ごとに無理のない勉強スケジュールを作成し、都度調整を行うことです。特に1つ目の勉強場所を変更することは、勉強に集中できない方にはオススメです。私は当初、お金がかかるからと、飲食店での勉強を避けていましたが、初めから利用しておけば良かったと後悔しましたね。
私の場合はファミレスで勉強することで勉強が捗りましたが、これは人によって変わってくると思います。もし勉強に集中できなければ、勉強する手段を変えてみると良いでしょう。後になって、後悔する前に。

正しい努力をすれば報われる

 私は経験から、公務員試験は、学歴や経歴に関係なく、その試験種に合った対策を行えば受かる試験だと感じました。私は偏差値の高い大学を卒業しておらず、さらに短期離職でその後非正規で転々と働き、あまつさえ何度も公務員試験を受験した経歴を持っていました。私が採用担当だったら、こんな経歴の人採用したくないです。でも公務員試験は違いました。経歴などは関係なく、現時点での私自身を見てくれます。正しい努力をすれば報われます。最後まで諦めないで、本当に良かったと、、胸を張って言うことができます。これから受験される皆様も、どうか最後まで諦めないで。諦めなければ試合は終わりません。最後まで足掻くことが出来れば、きっと勝利の女神も爆笑してくれますよ。そんなわけで一足先に公務員になってあなたをお待ちしております。

民間から公務員への転職。年明けからでも間に合う!

既卒27歳(受験時)
入学時期
8ヶ月講座 11月生
最終合格
特別区Ⅰ類、国家一般職

もっと幅広い分野で、いろんな人の役に立つ仕事がしてみたい

 前職は、専門商社にて営業事務の仕事をしていました。約3年弱働く中で、営業のサポートをする仕事にやりがいを感じていたものの、同時に「もっと幅広い分野で、いろんな人の役に立つ仕事がしてみたい」と思うようになりました。そして、実際に公務員として働く友人の話を聞いたり、自分で調べたりしていくうちに、公務員ならばその希望が実現できると知り、志望しました。女性にとって働きやすい環境が整っていることも、公務員受験の決心をする後押しとなりました。

既卒生の割合も多いことが決め手

 友人が先にEYEに通っていて、おすすめされたことがきっかけで、入校相談に行きました。そこで、EYEは他の予備校に比べて既卒生の割合が多いことを聞き、ここならば私も頑張ることが出来そうだと感じ入校を決めました。また、担任の先生との距離も近く、二人三脚でサポートしてくれそうだと感じ、ここで合格まで頑張ろうと決意しました。

担任の先生方、多くの受験仲間、そして寺本先生の授業が魅力

 まず、担任の先生やチューターの方々がとても親身に相談に乗ってくれ、不安を解消しながら学習を進めることができたことです。担任の法島先生にはとてもお世話になりました。私は不安なことがあると勉強に身が入らなくなることがあったのですが、そのたびに相談し、どう対策をすればいいか明確にするようにしました。チューターの方にも何度も相談し、苦手科目の克服方法や学習計画について相談し、大変参考にさせていただきました。チューターの方はとても親身で、私の志望先で働いていることもあり、話しながらモチベーションを高めることができました。
次に、多くの受験仲間ができたことです。既卒ゼミや合格者交流会などのイベントや、面接向けの教室解放などで仲間ができ、お互いに励ましあいながら長丁場に及ぶ受験を乗り切ることができました。
最後に、寺本先生の授業を受けることができたことです。法律系科目、学系科目、歴史など多くの科目で寺本先生の授業を受講しました。先生の授業は発言に毒がありつつもとても分かりやすく印象に残ったので、筆記試験で得点源にすることができました。

私の学習の流れ

・スタート時期(1月~2月)
 11月に入校したのですが、仕事が忙しく、年内はほとんど勉強できませんでした。12月末に退職し、年明けから本腰を入れて勉強を開始しました。まずはメイン科目である、数的、法律科目、経済学の授業を1月・2月で一通り見終わることを目標に、1日あたり2コマの授業を聞きました。授業で指定された宿題と、該当範囲の過去問を必ず解いて理解してから、次の授業を受けるように心がけました。しかしどうしてもやる気が出ない日もあり、1コマしか受けない日や、全く勉強せず近場に旅行した日もありました。この時期は長時間の勉強に体も頭もまだ慣れておらず、授業を含めても1日あたり平均6、7時間くらいしか勉強していなかったです。

・中間期(3月)
 この時期には、メイン科目の受講もひと段落し、学系科目の授業を聞きはじめました。同時に、論文対策も始めました。3月後半からは、特別区の過去問10年分を解きはじめ、2日に1回のペースで、数的と法律系の科目を解いていました。

・直前期(4~5月)
 特別区の過去問演習をメインに行い、苦手な科目・分野についてはレジュメやスー過去にて補強するようにしていました。過去問は、教養・専門それぞれ10年分を3周ほどして、苦手な問題や間違えた問題は、捨て問題を除き、正解するまで5回ほど繰り返し解きました。本番前1週間は、クリアできなかった問題を抜粋して解くようにしました。論文も実際に書いてみて、先生の添削を受けるようにしました。
特別区の試験が終わってからは、国家一般職に向け、国際関係など未修の科目の受講を始めつつ、過去問500と、スー過去やクイックマスターの応用問題を繰り返し解きました。国家一般職の過去問500は、3周ほどしました。特別区ほど過去問の使い回しはないのですが、法律科目などは、言い回しやひっかけポイントが似ており、解くうちにカンを身につけることができました。

私の面接、論文

 面接対策は特別区1次試験に合格した仲間と、7月から、ほぼ毎日、朝から夜までEYEに集まって面接カードの添削、面接のロールプレイングをしました。現職の方に面接官役をやってもらったこともあります。私は面接がとても苦手で、筆記対策をしている頃よりも精神的にきつい毎日でした。ただ、皆さんにフィードバックをもらい、その都度修正していったことで、だんだんと上達していったことを実感しました。面接対策は絶対必要です!
論文対策は2月末より、授業で出た課題の論文を書き、添削を受けました。3月中は、6人グループで自主ゼミを行い、毎週各人2テーマほどを担当し、「定義」「課題」「対策」などをまとめて共有しました。4月より、1000字程度で論文を書き、20分の質問時間を利用して山田先生、鹿又先生に添削していただきました。模試や、過去に出題された論題を、10個ほどピックアップしました。添削結果は友人とも共有し、いいところを真似するようにしました。ただ、制限時間内に書く練習をしていなかったことが反省点です。特別区の試験本番では時間ギリギリでとても焦ってしまいました。

覚えられない単語や公式は、一冊のノートにまとめる

 科目を問わず、覚えられない単語や公式を1冊のノートにまとめていました。経済などはグラフも書いていました。試験会場にはそのノートだけを持っていき、参考書やレジュメは持っていかなかったです。
模試は、予想問題でもあるため、余裕があれば複数の予備校の模試を受けることをお勧めします。
苦手科目は、完璧を目指さないことです。私は数的と経済が苦手でしたが、直前期には、さっぱりわからない分野については捨て、理解できる分野のみ問題を解いていました。
私は科目によって、スー過去とクイックマスターを使い分けていました。国家一般職を受ける方は、学系科目はクイックマスターをお勧めします。クイマスは応用問題の収録が多いです。

「絶対に合格するんだ!」と自分を奮い立たせた

 諦めることは、とても簡単です。私は勉強中だけでなく、本番の試験中も、諦めてしまおうかと思った瞬間がありました。そんな時、公務員を志望した時の気持ちや、今まで必死に努力してきた時間、一緒に頑張ってきた仲間、応援してくれている家族や友人のことを思い出し、「絶対に合格するんだ!」と自分を奮い立たせることで、公務員試験を突破することができました。辛いときは、合格したときのことや、公務員として働いていることを想像しながら、目標達成のために今、精いっぱい頑張ってください!この経験は自分を必ず成長させてくれます。

お笑い芸人から市役所職員へ

既卒28歳(受験時)
入学時期
短期講座 2月生
最終合格
山陽小野田市上級

お笑いの次にやってみたいことが公務員

 私は大学を卒業して5年間、Y本興業でお笑い芸人をやっておりました。5年やって芽が出なかったら諦めようと決めてから始め、今年そのリミットが来てしまったので次の道を考えました。地元に戻ろうかなという想いと、友達に勧められたということと、学生の時に芸人の次になってみたいと思っていたということが重なり、公務員を目指しました。改めて公務員について調べて、地元のために経験を活かしたいと想い、市役所を受験しようと思いました。

短期間でも合格できる

 予備校を3,4校回って話を聞きましたが、2月から初めて今年合格できますとはっきり言ってくれたのはEYEだけでした。相談に乗ってくれた講師の方も初めて話を聴きに行った時点で、具体的なプランを立ててくれたのでここにしようと思いました。

面倒見がとても良かった!

 個別相談を無料で何回も受けられたのが良かったです。自分の勉強方法が合っているのか、進行具合は問題ないかなど確認する事で不安を解消できました。法島先生に面接練習を何度もさせていただいたことも良かったです。「特に問題ない。大丈夫だと思う。」と言っていただいてから最終面接に臨んだので、本番は堂々と話せました。

何もかも先生の指示通りに学習をしたスタート時期

 勉強から長い時間離れていたので、何をすればいいか全く分からなかったので、すべて先生の指示に従いました。最初は数的の授業を消化していくことに集中し、授業の範囲の問題はその日のうちに一周することを心がけました。文章理解の授業も一週間のうちに一つは消化するように心がけました。

がむしゃらに勉強をした中間期

 経済系の授業を消化していき、とりあえず授業内の問題を覚えることに集中しました。ほんとに時間がなかったので暗記科目に関しては授業を受けずに過去問500を繰り返し解くという勉強をしていました。中学生、高校生のように緑のペンで単語を無二つぶし赤のシートで隠しながらがむしゃらに勉強をしていました。数的処理と文章理解の問題も毎日解き、感覚を忘れないようにしていました。

ひたすら過去問を繰り返した直前期

 直前は過去問500を繰り返し解くということしかやりませんでした。すこし遅いですが時間をはかって問題を解いていくということも直前に始め、問題をみて解けそうか、厳しそうかを判断するという感覚をここで掴みました。

法島先生と何度も面接練習

 面接はすべて個別相談で済ませていました。しゃべることには自信があったので大丈夫かなと軽い気持ちだったのですが、試しに法島先生相手に面接練習してみたら中々にダメでした。 そこでアドバイス通りに市の施策計画をみて自分の興味のある分野について調べて自分の志望動機を作っていきました。また市の議事録をみて市が今重点的にやっていきたいことはなんなのかを調べ、そこに自分の経験を絡めていき面接でなにを聞かれてもなんとかなるように準備をしていきました。
あとはずっと法島先生と繰り返し練習をして、良くなかったところを挙げてもらいそこを修正していくという作業を繰り返していました。最終面接前の最後の練習では(勇気付けてくれただけかもしれませんが)「大丈夫です。」と言っていただき自信を持って臨めました。ちょくちょく褒めていただいたのでそこも良かったです。

時間があればとにかく予備校へ

 本当に勉強するということから何年も離れていたし、ずっと面白いことないかなぁと考えてきたので机にむかって勉強するということが苦痛でした。だから週一で相談の予約をとって勉強の消化シートを書いてそれを見てもらうということをしていました。時間が空いたらとりあえず予備校にいくということや、どうしても乗らない日はラジオを聞きながら問題の答えを写すということもやっていました。(これは多分あまり意味ありませんでした。)予備校に行ったら参考書を自分の頭の高さくらいまで山積みにして勉強されている方が多くいるので、なんとなくサボれない気分になりました。あと勉強していくと自分の集中の継続可能時間が分かってきます。自分の場合は1時間半~2時間くらいで脳が勝手に別のことを考え出してくるので、それくらいの時間がたったら外にリフレッシュしに行っていました。タバコ吸ってアイス食べてよし行こうみたいな。
そしてなによりモチベーションが保てたのは合格した後の自分を想像する事でした。合格したら絶対あれやろう、これやろうと決めて勉強に取り組みました。僕が合格後にまずしたことはSNSに意味深な「よし」という一言だけをつぶやくことでした。これは公務員を志した時からずっと決めていました。普段まったくつぶやかない僕が「よし」と書いたらいろんな人から「なにがあったの?」と連絡がきました。
夢がかなってよかったです。

誰もが合格可能なのが公務員試験

 これから受験される皆様に僕が言えることは、僕でも受かったのだから大丈夫です、これに尽きます。EYEの先生方は本当に親身になって相談に乗ってくれるので、先生の言うとおりにしていればなんとかなると思います。僕はお笑いがずっと好きでお笑い芸人になりました。しかし自分の力の無さを感じ、夢を諦める結果となりました。ですが、地元の市役所で働きたいという人生の第二の夢はかないました。しかも結構早く。
これからの人生どうするかなぁ、頭も良くないし、真面目に働いたことないしやばいかなぁという状況がEYEのおかげでなんとかなりました。今フリーターなどで将来不安な方、なんとかなりますよ。

苦手や不安に思っていることを後回しにしないことが大切です!

既卒24歳(受験時)
最終合格
特別区Ⅰ類

新型コロナウイルスが流行し私自身の考え方に大きな変化があった

 私が公務員を志望した理由は新型コロナウイルスが流行し私自身の考え方に大きな変化があったからです。区民の皆様と密接に関われる、事業者や高齢者支援に携わりたいという気持ちが強くなったためです。また、様々な部署で経験や知識を積みながら成長できること、働き方が魅力的だと感じていたからです。

友人が以前EYEに所属して志望先に合格していて、お勧めされたことがきっかけです。

 直接話しを聞きに行った際に法島先生が既卒でも、今からでも計画通り頑張れば絶対合格できる。そのためにやるべきことを教えてくれて私自身EYEに所属しようと決めました。

不安に思っていることを話すと丁寧にアドバイスしてくれる

 EYEではOBである現役の職員から話しを聞けるような機会が設けられており、体験談を話してくれます。そして不安に思っているところを聞いてくれて解消してくれました。
またEYEでは科目質問や面談の時間を予約で取ってから設けてもらえるので分からない問題の解き方や、今疑問に思っていること、不安に思っていることを話すと丁寧にアドバイスしてくれます。このようなサービスがあることがEYEの魅力だと感じました。

私の学習スケジュール

スタート時期(11月、12月)
 主要科目の講義を視聴することから始めました。家が遠くコロナ渦で来校するのが難しかったので自宅のPCで講義を受講しました。見た後には復習の時間を設けきちんと理解出来ているのかを確認していました。レジュメの後ろに確認問題があるので復習は自分でしやすいと思います。私は特別区が第一志望なので12月には小論分の対策もスタートしました。1日6~7時間程度

中間期(1月、2月)
 主要科目の残りの講義+暗記科目の講義を視聴していました。この時期には実際に問題を解くことを意識していました。ダーウィンやスー過去、らくらくミクロマクロなどを使用していました。小論文は出そうなテーマをまとめ実際に書いてみることをし始めました。1日8時間程度

直前期(3月、4月)
 暗記科目の残りの講義視聴を済ませ、レジュメを見返す、スー過去、特別区の過去問を解いていました。暗記科目中心に6~8周くらいはやりました。時事問題の暗記も始めました。小論文は内容をまとめ、実際に時間を計って書いていました。1日8~10時間午前中に教養科目、昼から夜まで専門科目、夜に小論文の対策とルーティーン化していました。

私の論文・面接対策

私は特別区が第一志望だったので小論文に一番時間をかけるようにしていました。予想テーマを12個くらい考えて1000~1500字位で作成し暗記しました。小論文の参考書を購入し、科目質問を利用し講師の方々に添削してもらいながら作りました。本番を想定して時間を計りながら書いてみる。本番で焦ることを想定して練習では時間が余るようにしていました。1日1時間~1時間半程度私の場合、面接は経験があって自身が多少はあったので筆記試験が終わってから法島先生との連絡や面談などを通して対策をしました。既卒の方は退職理由や公務員として働きたい理由を具体的に話せるようにしておくことが一番重要だなと思います。あとは仕事や学生時代の経験から活かせることをまとめておくことが大切だと思いました。

意識したことは志望先に合わせた対策と効率よく勉強すること

 特別区では配点が一番高いであろう小論文に一番時間をかけました。科目質問を利用して内容をまとめる。どのテーマがきても書けるように型を作りました。私は数的処理とミクロマクロが苦手なので数的処理は、簡単な問題と資料解釈は取りこぼさないことを意識し、ミクロマクロは図を書いて理解したり、自分で覚えやすいようにまとめたりして対策しました。専門科目は直前期でも伸びるので直前期は特に教養科目よりも専門科目に時間をかけました。試験まであまり時間もなかったので志望先に合わせた難易度の問題を中心にきちんと理解できるまで対策をすることを私は心がけました。どのくらい勉強をしたのか書き込んだり目標を明確にしながら進めていくことも大切だと思います。

EYEはきちんとサポートしてくれます!

 試験勉強を進めていく中で苦手な科目や分野が出てきたり、分からないこと、不安になることがあると思います。そんな時は誤魔化したり後回しにせず講師の方との面談や科目質問などを積極的に利用してください。EYEはきちんとサポートしてくれます。独学で勉強をする人もいる中で予備校を使うメリットを最大限活かしてほしいです。また、疲れた時は休憩してリフレッシュしたりすることも時には大切だと思います。既卒の方は面接で経験や理由など具体的に話せるよう対策することが特に重要だと私自身感じました。公務員試験は計画立てて努力をすれば誰でも受かるチャンスがある試験だと思います。将来を左右する試験でもあるので後悔のないよう自分に出来る全力の力を発揮してほしいと思います。皆さんを心から応援しています。頑張ってください。

働きながらでもあきらめなければ合格できる!

既卒27歳(受験時)
最終合格
特別区Ⅰ類

事務職に興味を持ち、福利厚生の整っている公務員を選んだ

 私は、元々栄養士の大学を出て、栄養士として働いていました。大学卒業後、栄養士として市役所の臨時職員で働いていた経験があり、その時に事務職の方と一緒に仕事をする中で事務職に興味を持ち、公務員を目指し始めました。また、将来結婚や出産後も仕事を続けられる職場に転職したいという思いもあったため、福利厚生の整っている公務員を選びました。

岡田先生の個別相談を経てEYEに決めた

 仕事をしながらだったため、独学は厳しいと考え様々な予備校を調べました。その中で、EYEは他校に比べて、面倒見がよく先生との距離が近いということを知り、岡田先生の個別相談に行ったところ親身になって相談に乗っていただき、ここなら途中で挫折せずに頑張れると思い、入学することにしました。

何度でも無料で個別相談が受けられること

 勉強に行き詰った時に無料で岡田先生の個別相談が受けられることです。働きながらだと、どうしても計画通りに進まないときややる気がでないときがあります。そんな時に予約をすれば何度でも個別相談が受けられるのは本当にありがたかったです。また、予備校に行かなくてもライン通話での相談ができることも良かったです。

私の学習の流れ

 働きながらだったため、平日3~4時間、土日7~8時間を試験日まで行いました。また、講義はすべて家のパソコンやスマホで視聴しました。私は、特別区専願で特別区に向けた試験勉強を行いました。

スタート時期(6月~9月)
 6月から勉強開始し、最初に憲法→ミクロ→民法Ⅰの順で勉強しました。勉強方法としては、講義を視聴し、復習、ダーウィンやスー過去を解くといった方法です。専門科目と同時に苦手な数的を勉強しました。数的は畑中敦子さんの本を使用しました。

中間期(10月~12月)
 今まで勉強した科目の復習を行いながら、民法Ⅱ→行政法→マクロに進みました。マクロに関しては、講義を全て視聴しましたが、全く理解できず結局捨ててしまいました。この時期から文章理解(スー過去使用)、資料解釈(特別区過去問)を毎日一題解きました。

直前期(1月~4月)
 今までの復習、学系(政治学、行政学、経営学、財政学 講義の資料とダーウィンを使用)、あとはひたすら特別区の過去問を解きました。教養は15年分、専門は10年分を繰り返しました。3月頃から論文をやり始めました。

私の面接・論文対策

論文対策
 今年出そうなテーマを岡田先生の個別相談で聞き、教材を参考に文章を組み立てていきました。約10テーマ程作りました。作成した後は、ひたすら暗記をし、4月から実際に時間を測りながら書く練習を行いました。

面接対策
 特別区の一次試験が終わってから対策を始めました。まずは、面接カードの作成に取り組みました。岡田先生などに添削をお願いしました。その後は、想定問答を考えて話す練習を行いました。

仕事しながらの勉強、入学時から直前期のような気持ちで取り組んだ

 仕事しながらの勉強だったので、直前期になっても時間は多く確保できないので、入学した時から直前期のような気持ちで取り組みました。もちろんやる気が出ない日や仕事の疲れで勉強せずに寝てしまうような日もありましたが、そのような日は無理せず休み、次の日から切り替えて行うようにしていました。

この長期戦で頑張れば結果は必ずついてくる

 公務員試験は本当に長期戦です。一次試験の勉強、面接対策、結果待ちと内定までの道のりは思っていたよりもずっと長く辛かったです。でも、ここで頑張れば結果は必ずついてきます。頑張ってください。応援しています。

経歴が複雑でも大丈夫!

既卒29歳(受験時)
最終合格
川崎市(大学卒業程度)、国税専門官

市役所職員として働きたい、再度受験へ

 私は新卒で市役所に3年間勤め、退職してから1年程ブランクがあり、大学病院に事務職として1年半勤めて退職という異色な経歴がありました。その中で、コロナ禍で自治体の役割の重要性というものに気づき、再度市役所の職員として働きたいと思い公務員を志望しました。というのは建前で、実際のところは、前職の職場が合わなかったということと、公務員は福利厚生が充実しているということからまた公務員として働きたいと思ったことが本音です。

少人数で面倒見の良いEYEの評判が良かった

 他校よりも公務員に特化していて圧倒的に情報量が豊富であることと面倒見が良いことが決め手でした。新卒の時には大手の予備校に通っていたのですが、大手だと公務員以外の講座もあるため、校舎の担任があまり公務員試験に詳しくないことや生徒数が多すぎて個別相談の予約が取れないことから、少人数で面倒見の良いEYEの評判が良かったため、入学を決めました。

イベントで作れた勉強仲間はモチベーションアップにつながった

 先生との距離が近いことです。悩みがあったり困ったりした時はすぐに個別相談ができたところが良かったです。また、多くのイベントがあることです。現職公務員の方の話が聞けるイベントでは、実際にどのような人材を求めているのかを聞くことができ、面接対策に活かすことができました。受講生同士の親睦を深めるイベントでは勉強仲間を作ることができ、モチベーションアップにつなげることができました。

私の学習の流れ(スタート時期 中間期 直前期)

スタート時期(11月~12月)
 数的などの基本的な科目を消化していきました。新卒の時に勉強していた経験があったので、数的は基本的な問題を復習するだけで、憲法や民法、経済学を中心に勉強しました。

中間期(1月~2月)
 スー過去を中心に回し、この時期から学系の科目に着手しました。また、小論文の勉強を始め、教材を見ながら、自分なりにアレンジして書いていました。

直前期(3月~4月)
 専門科目を中心にスー過去を回していきました。教養科目は数的や文章理解など最小限に抑え、財政学や会計学の勉強を始めました。また、時事対策もこの時期から始めました。

私の面接・論文対策

 小論文は、教材を購入し、真似しながら自分の言葉で書いていました。また、私はテーマごとに小論文を用意するのではなく、自治体の取り組みごとに分けて暗記をしていました。テーマごとだと10テーマほど暗記する必要があり、膨大な量になるので、取り組みごとに分けて暗記することで、予想外のテーマが試験で出題されたとしても応用できると思ったからです。また、論文を一度書いたら、先生に添削をしてもらっていました。第三者の目線で論文を評価してもらうことが必要だと思います。
 
 私は、特別区の試験で教養と専門の点数が低かったのですが、小論文のおかげで1次試験を突破することができました。特別区は特に小論文が重要になるので、早めの対策をおすすめします。私は、やはり経歴に不安があったということと年齢が高めだったので、11月頃から面接対策を始めました。まず、最初に自分の経験やエピソードの棚卸しから始めました。些細なエピソードでもノートに記入し、使えそうなものを志望動機ややりたい仕事につなげ、ストーリーを作ることを意識していました。面接カードは、結論から先に書き、その理由や補足を続けて記入することを心がけていました。また、職歴があったので学生時代のエピソードよりも前職のエピソードをなるべく使うようにしていました。既卒は特に新卒とは違う能力が求められると思うので、公務員の仕事に直結するエピソードを用意する必要があると思います。作成した想定問答は、渋谷校の長谷川先生に何度も添削をしていただき、実際の面接のように受け答えの練習をしました。自分で納得できる説明をしているつもりでも面接官からしたらそうではないことが多々あるので、面接練習では色々な人の意見を聞いて、一度自分で消化してから練習をすると良いと思います。

息抜きやストレス発散も忘れずに

 午前中は、数的や文章理解を中心に勉強し、午後は専門科目を勉強し、ルーティーンにすることを意識していました。勉強で疲れた時は、外を散歩したり、息抜きをしたりしていました。また、趣味である筋トレをしてストレス発散をしていました。

諦めずに受験すれば道は開ける

 転職回数が多かったり、短期離職やブランクがあったりなど経歴に不安がある方もいると思いますが、私のような複雑な経歴でも諦めずに受験すれば道は開けると思います。就職活動の中で不安に感じることも多いと思いますが、自分を信じて前向きに取り組めば、きっと自分に合う職場に出会うことができると思います。困ったときや悩みがあるときはEYEの先生方を頼ってください。必ず親身に相談に乗ってくれ、アドバイスを頂けます。私も長谷川先生や法島先生に何度も相談に行っていました。また、勉強でつらいこともありますが、公務員になりたいという気持ちを忘れずに頑張ってください。

既卒でも合格できます!

既卒22歳(受験時)
最終合格
高山市(大卒程度)、特別区Ⅰ類、横浜市(大学卒程度)

自分の理想とするライフプランを実現しやすい職業だと思ったから

 大学2年生の頃に、初めて公務員という仕事に関心を持ちました。その後、特に就職活動や公務員の勉強を始めることもなく、大学3年生になりました。大学3年生の1月頃から、周りの友人が民間企業への就職活動を始め、私もその流れに乗り民間企業の就職活動を始めました。無事民間企業への就職が決まり今後の人生を改めて考えた際に、このまま内定先の企業に勤めることへのイメージが湧かず、転勤がなく、福利厚生がしっかりしている公務員の仕事に再び魅力を感じるようになりました。もう1年就職活動をすることや、既卒として就職活動をすることへの不安はありましたが、今後の長い人生を考えた時に、自分の理想とするライフプランを実現しやすい職業は公務員だと思い、公務員を目指すことに決めました。

身近な人が通っており、情報を得やすくEYEに対する安心感を得られたから

 EYEに入校を決めた理由は2つあります。1つ目の理由は、大学2年生の時に大学の生協の前で受講生の方が説明会をやっており、そこでお話を聞いたからです。すでに合格が決まっていた方々からのお話を聞き、公務員へのイメージが明確になりました。また、とてもお買い得な価格で通うことができる点に大きな魅力を感じました。2つ目は、大学の友人とアルバイト先の先輩がEYEに通っており、それが最終的な決め手となりました。身近な人が通っていることで情報を得やすかったですし、予備校に対する安心感を得られ、入校を決めました。

私の学習の流れ

スタート時期
 ひたすら講義を見ていました。大半を自宅のパソコンから視聴し、生講義を受講したことはほとんどありません。復習も同時にできればよかったのですが、講義を消化することを最優先にやっていました。

中間期
 講義と復習を同時に進めていました。ダーウィン以外の参考書を購入し、勉強を始めようと思ったのですが、ほとんど使うことなくダーウィンで十分だなと感じました。市販の参考書を使用する際は、なるべく早く購入し時期を逃さないことが大切だと感じました。

直前期
 過去問を解いて復習し、小論文を何本も書きました。1日に複数科目勉強し、暗記科目にも力を注ぎました。またNHKの「時論公論」を毎日見て、時事の勉強に役立てました。

不安や分からない点は、すぐに岡田先生に質問できたこと

 まず、不安なことや分からないことがあると、すぐに岡田先生に質問することができた点です。予備校に行かなくてもLINEで連絡をすることができ、不安な点をすぐに解決することができます。一人暮らしの自宅で1年間勉強をしていた私にとって、岡田先生の存在はすごく大きかったですし、前向きな言葉に何度も「よし、頑張ろう!」と思うことができました。
 続いて、同じ大学の合格者と繋がることができる機会が多く、たくさんのアドバイスをもらうことができた点です。同じ大学という共通点があると、「自分も頑張れば公務員になれるかも」と勉強のモチベーションにつながりました。合格者との交流会で知り合った方に連絡をし、半年ほどにわたって勉強のアドバイスや小論文の添削をしていただきました。大学別、志望先別などたくさんのイベントを実施してくださったおかげで、勉強に対するモチベーションや、合格するまでの具体的なスケジュールを考えることができました。

私の面接・論文対策

 論文は約15テーマ考えました。その内の10テーマは実際にwordで全文章を書き、残りの5テーマはノートに要点をまとめるだけで、文章は書きませんでした。新聞やニュースなどで得た情報をその都度書き足していくことで、より説得力のある文章を書くことができると思います。
 
 面接は想定される質問に対する答えを考え、岡田先生や合格者の方に添削していただきました。一人で面接官と受験者の二役をやってみたり、同じ受験先の仲間と練習したり、友人にZoomで練習を頼んだりしました。面接はある程度文章ができたら、実際に声に出して練習してみることがすごく大切です。政策などに関する質問に対しては「現状・実施している取り組み・課題・自分の考え」まで準備できるとベストだと思います。

毎日同じリズムで生活し、自分に合った学習環境を整えること

 私は、勉強以外の買い物の時間や、お風呂、ご飯の時間まで、ほぼ毎日同じ時間にやっていました。決まった時間に決まったことをやることで、日によって勉強時間が確保できないということを防ぐことができました。また、直前期になると、1日あたり10時間近く勉強することになります。そのため長時間勉強に集中できる環境を早めに整えることが大切だと思います。私は自宅で勉強することがほとんどだったので、机と椅子とデスクライトを買いました。自分に合った学習環境を整えることは、直前期を乗り切るために必要なことだなと感じました。

「絶対に合格する」という気持ちを大切に!

 はじめに、合格体験記を読んでくださりありがとうございます。1年前、私も合格者の方々の体験記を読み、「絶対に合格する」と決意しました。そして1年後、合格者としてこの体験記を書いています。1年の間で、本当に合格することができるのか幾度も不安になり、気持ちが折れてしまったこともあります。それでも勉強を続けることができたのは、「絶対に合格する」という気持ちを持ち続けていたからです。初心を忘れず、今の気持ちを大切にしてほしいと思います。合格に向けて頑張ってください、応援しています。

中だるみから合格まで

既卒24歳(受験時)
最終合格
特別区Ⅰ類、朝霞市上級

公務員として首都圏で働きたいと考えるように

 最初は地元(東北)へのUターン就職のために公務員への転職を考えていました。しかし、併願先として特別区などの他の自治体について調べているうちに首都圏で働きたいと考えるようになり、自分に縁があった特別区などを受験しました。

EYEなら先生になにかと相談しやすそう

 初の公務員試験受験で知らないことが多く、色々な予備校のHPを見て、EYEなら先生になにかと相談しやすそうだと思ったので入学を決めました。

私の学習の流れ

スタート時期(7〜9月くらい)
 数的、憲法、行政法、ミクロ、マクロなどの主要科目を中心にオンラインで講義を受講しましたが、数的以外は問題集にはほとんど取り組みませんでした。講義だけを見て勉強した気になって満足していたからです。今思えば、講義と並行して問題を解いていた方が理解は早まったのかなと思います。数的だけ問題を解いていた理由は、まったくの新しい知識ではないため、講義を受講するよりも自分で考えて問題を解く方が身になると思ったからです。(文章理解や人文科学、自然科学も同様にしました。)仕事から帰ってきて寝るまでの間に受講していたので、講義は1.5倍速で見ていました。

中間期(10月〜12月くらい)
 中だるみして、講義を週に1〜2回受ける以外はほとんど何もしませんでした。

直前期(1〜4月くらい)
 ペースが大幅に遅れていることに気づき、残っている講義を消化+ダーウィンやスー過去を中心に過去問に取り組みました。2月で仕事を辞めたので、3、4月は1日中勉強していました。しかし、学系の学習が追いつかず、結局学系は行政学、財政学だけに絞りました。その結果、特別区の受験では難易度が高いとされている民法をすべて解かなければならなかったので、難問回避のためにもできれば科目は絞らずに勉強した方がいいと思います。(※特別区の専門科目は好きな問題を選択できます。)

オンライン講義を利用して自分のペースで学習できる

 仕事終わりに疲れている時には1時間だけ講義を受講したり、休日には2〜3回分まとめて見たりしていました。私は中だるみしてしまい、ペース配分が乱れて不安になりましたが、岡田先生に相談させていただき、そこからのスケジュールを立て直せたので、先生に気軽に相談できるところもいいところだと思います

私の面接・論文対策

 面接は主に友人と練習していましたが、特別区の面接の前には空き教室を利用してEYEの他の受講生の方と練習しました。また、岡田先生との面談や模擬面接も利用しました。過去の面接データをいただけるのですが、実際の試験でも同じような事を聞かれることが多かったので助かりました。
 
 論文は教材を利用しました。事前に岡田先生から予想テーマが10個ほど共有されていたので、そのテーマを中心に学習しました。他の方は実際に書いて練習していましたが、私は時間がなかったので教材を何回も音読していました(時間があるなら書いた方がいいと思います)。

満点は狙わずに取れるところを確実に取っていけるようにした

 私は上記の通り、働きながらの受験+中だるみして時間がなかったので、問題集を絞り、基本的な問題だけを繰り返しました。本番は6割ほど取れればいいので、満点は狙わずに取れるところを確実に取っていけるようにし、難しい問題はとばしていきました。直前期には特別区の過去問を5年分購入し、3月の終わりあたりから毎週末1年分ずつ、本番と同じスケジュールで解いていきました。時間配分の目安にもなりますし、点数がどのくらいとれるのかもある程度把握できるのでやってよかったと思います。

勉強以外にモチベーションの維持も大切!

 公務員試験は長丁場になるので、頑張りすぎず、長く続けていけるような勉強方法を確立するのがいいと思います。また、モチベーションを保つためにも勉強だけでなく、受験する地域を散歩したり、可能であれば現職の方とお話したり、説明会に参加するのもありだと思います。私はあまりできませんでしたが、EYEの他の受講生の方とペースを確認しあったり、一緒に模試を受けてみるのもいいのではないでしょうか。模試については、本番よりも少しむずかしめに作ってあるらしく点数が低いと少しへこみますが、現状で何がわからないのかを確認できるので積極的に受けてみた方がいいと思います。また、面接については配点も大きく、思ったよりしっかり対策する必要があると感じました。私は新卒時に民間企業の就活を経験していたので面接には自信がありましたが、政令市の面接は不合格になってしまいました。面接は練習をすればするほど上達するので、EYEの環境をうまく利用して様々な角度からの質問に対して回答を用意しておくといいと思います。
 
 私は既卒での受験でしたので、仕事と勉強を両立するのは困難でしたが、その分スケジュールを工夫しながら勉強できたのかなと思います。(中だるみをしたせいで工夫せざるを得なかったのかもしれません。。)時にはすべて投げ出したくなる時もありますが、たまに自分にご褒美をつくったりして、目標に向かって頑張ってください!

正しい努力は裏切らない!

既卒27歳(受験時)
最終合格
国税専門官

市民の為にサービスを提供できる仕事に惹かれて

 私が公務員を志望した理由は、民間とは異なり市民の生活に根強く密着し多種多様な角度からサービスを提供することができる点に魅力を感じたからです。また、近年、グローバル化をはじめ社会情勢が目まぐるしい変化を遂げており、そのような状況下において公務員として果たすべき役割はますます重要視されてくるので非常にやりがいのある仕事だと思いました。

映像授業だから何度も再生して聞くことができる

 各校に公務員試験を専門とした担任が配置されており、学習方法の悩みや進捗状況について相談しやすい環境が整っているからです。私がかつて通学していた予備校は、基礎的な部分についてはほぼ触れずに進行するという流れでしたので、授業について行けず苦労しました。いざ予備校を変更しようと思った矢先にEYEのホームページが偶然目に留まりました。少人数かつ担任制であるため、的確なアドバイスや励みの言葉を頂けるだけでなく、DVDを用いた映像授業もあるため、誤って聞き流した部分や不明点については何度も再生し、確認することで理解度がより増進するという点に魅力を感じました。

私の学習の流れ

スタート時期
 判断推理、数的推理などといった知能系科目から取り掛かりました。私は文系出身であったため数学的問題が不得意であり、初見の問題に遭遇すると手も足も出ない状況でしたが、より多くの問題をこなして慣れるよう努力していました。

中間期
 社会や法律系等の暗記科目のインプットを始めました。私は学習習慣上、書かなければインプットできないという問題を抱いていますが、時間の関係上、自宅にて音読することやDVDの先生の話を暗記するという習慣に切り替えました。また、インプットのみならず、問題集を解きアウトプットを繰り返した上で理解度チェックを定期的に行っていました。

直前期
 ほぼ問題集を解くことが中心でした。また、数的推理や判断推理については毎日、数問は解くことを心掛け本番に備えられるようにしました。

先生たちがモチベーションを高めてくれる

 親身に相談にのってくださる岡田先生、法島先生、同じ目標に向かって切磋琢磨し合える仲間がいてくれたからこそ最終合格に結び付きました。私は学習期間が長期にわたっていたため、精神的な疲れを感じることがしばしばありましたが、面談を通してモチベーションを保つことができました。

私の面接・論文対策

 人物試験対策は岡田先生や佐々木先生に客観的にチェックしてもらい、適宜修正してもらうことができました。また、面接については友人とLINEのビデオ通話を用いて受け答えの練習を何度も繰り返したことでフリーズすることなく答えることができました。

勉強で工夫したこと

 読み、書きのみならず、音読することで耳と脳の両方に刺激を与える効果があるということに気づき、自宅学習の殆どはそれでした。

正しい努力は決して裏切らない

 公務員試験は最終合格に至るまでとても険しい道を潜り抜けることになるという不安はありますが、担任の先生や周囲の仲間と相談し合うことでモチベーションがあがり、学習を継続して行くことで道は必ず開かれます。私事ですが、大学時代に遊び呆けてしまい就職活動が上手く行かず、既卒としてアルバイトをしながら公務員試験を受験することになりました。周りが正社員として働いている中、「私はいつ正規の雇用に就けるのか?」という不安に駆られながら、日々の学習に何度も挫折したことがあります。
 しかし、挫折をした際は担任の先生や仲間に相談するなど、一度初心に戻ってみてください。「私は絶対公務員試験に合格する!」という揺るぎない理念あったため、最終合格に辿り着くことができました。今まで重ねてきた正しい努力は絶対に裏切らないので、自信と気力を常に持ち続けてください。皆さんのご健闘を心からお祈り申し上げます。

必ずなんとかなります

既卒26歳(受験時)
最終合格
特別区Ⅰ類、国家一般職、国税専門官

公務員としての働き方のほうが自分に向いていたから

 私が公務員を志望したきっかけは母親が公務員であったことです。幼い頃から母の仕事の話を聞いたりするうちに公務員という職業について知るようになりました。
 また、私自身が色々なアルバイトを経験したことで、民間企業で利益を追求するような形で社会に貢献していくという働き方よりも、公務員として利益を追求せずに人々の暮らしを支えるという働き方のほうが向いているのではないかと考え、公務員試験への挑戦を決めました。

丁寧な対応や充実したWEB授業が決め手

 公務員試験への挑戦を決めた段階で大手を含め複数の予備校を検討し、実際に足を運んで見学や体験授業を受けました。大手予備校の体験授業では資格試験予備校独特のドライな雰囲気を感じ、緊張感を持って取り組める反面、1年間という長い期間を過ごすのに個人的に不安がありました。また、過去問を見て全く解ける気がせず、かなり危機感があったことでなるべく早いペースで録画の授業を消化して演習して力をつけようと当初から考えていたため、録画授業が見やすい環境かどうかも重要なポイントと捉えていました。EYEの説明に伺った際には、東京本校の法島先生にとても丁寧に対応していただき、他の予備校と違った雰囲気を感じ取ることができました。また、EYEではDVDを借りる手続きもとても簡単ですし、ネット環境さえあればWEBで授業の動画をいつでも見ることができ、自分にあっていると考え入校を決めました。

長期戦においてEYEの講師や職員の方々に助けられた

 EYEの良いところはなんと言っても面倒見です。長い期間を戦うことになる公務員試験においてモチベーションの維持は最大の課題となります。EYEでは法島先生、岡田先生といった担任の先生方はもちろんのこと、数的講師の横山先生、教務の石川さんや受付の木村さん、佐藤さんなどEYEの職員の方全員で受講生を支えてくださいます。特に石川さんには、勉強に関すること以外にもたくさん相談し、とても精神的に助けていただきました。このように精神的な面を支えてもらえたことがEYEで学んで良かったことだと感じています。EYEの職員の方はみなさんとても親切でやさしい方ばかりなのでぜひ声をかけてみてください。

私の学習の流れ

スタート期 週に20時間程度を目標に学習をはじめました。
 担任の法島先生のアドバイスをもとに、点数に結びつくのに時間がかかる数的処理や専門試験の足がかりとなる憲法とミクロ経済学の学習に取り掛かりました。この頃に逃げずに勉強する習慣を少しずつつけていたことが後々楽になった要因かなと思います。中学受験の経験があったり、経済学部、法学部といった有利に働く背景の無い方ははじめて取り組む内容ばかりになり嫌になってしまったりするかと思いますが、この時期にコツコツと取り組んでおくことで後々本当に楽になります。この時期は学習実績表をしっかり記録して、焦らず継続的に学習に取り組むことをおすすめします。

中間期 週に35時間程度を目標に勉強していました。
 マクロ経済学や、民法といった重い科目の学習に着手し始めました。経済学は、補助の教材として「最初でつまずかない経済学」を導入し、授業でみた範囲を再度教材で読み込んでいました。理解が深まるので順調に学習が進んでいる方にはおすすめの学習方法です。この時期に入ると早い時期に取り組みはじめた科目のダーウィンが完璧になってきており、市販のスーパー過去問ゼミなどの教材に移行していきました。冬に入るくらいの時期からEYEでできた友人と朝から一緒に勉強するようになり、朝の勉強習慣をつけることができました。年末には学系の科目にも着手して直前期に備えました。

直前期 週に50時間程度を目標に勉強しました。
 これまで着手してきた科目を忘れないように周回しつつ、生物や地学などの雑多な科目に手を回していきました。学習の進捗が順調だったのでこうした雑多な科目にも手がまわり、点数の上乗せをすることができました。また、直前期にはEYEの友人と一緒に小論文を実戦形式で演習するなど小論文対策にも力を入れました。しかし、私の場合は模試の結果が非常に良かったことや学習のペースがかなり早かったこともあって直前期であまり良くない意味での余裕ができてしまい、目標の50時間に届かないばかりか、1秒たりとも勉強しない日が3日程度ある週もありました。しかし、直前期までに積み上げたものがとても大きなものとなっていたため合格することができたのだと思います。息抜きはとても大事ですが、直前期では遊びすぎたくらい遊んでしまったので反面教師として参考にしてください。

私の面接・論文対策

面接対策
 EYEの教室開放日に受講生たちとLINEグループを作り積極的に模擬面接を行って対策をしていました。また、既卒生だけのグループを作って特有の質問に対する対策を個別に行っていました。

論文対策
 EYEの友人たちと実戦形式で対策しました。本番と同じ時間で論文を書き上げ、お互いに添削しあっていました。もともと論文が苦手ではなかったため、一通りのテーマを政策とあわせて一度書く程度の対策でした。文章を書くのが苦手ではないという方は、とにかく時間が足りるかどうかを一度実践形式で取り組んでみて試すと良いと思います。

足踏みすることなく早め早めに授業を消化すること

 公務員試験の科目はとにかく演習が命です。演習の時間を十分に確保するために早め早めに授業を消化していくことが重要です。直前期に未受講の授業が残っていると演習量が確保できずに得点力に結びつけることが難しくなります。また、民法や経済などは特に顕著なのですが、一度授業を見終わってしまわないと全体像が把握できずに足踏みしていると、かえって理解が遅れるというようなことがあります。授業を見終わってイマイチ理解できているか怪しくでもどんどん先に進んでしまったほうが良いと私は思います。
 一周してそれでもわからない問題があったときには積極的に講師に質問しに行っていました。特に数的処理を担当している横山先生に質問するのがおすすめです。とてもわかりやすく教えてくださるのはもちろんのこと、明るい気持ちになって勉強が捗ること間違いなしです。

続けることさえできれば必ずなんとかなる

 これから勉強を開始する皆さんは少なからず不安があると思います。私は、不安でいっぱいでした。書店で数的の参考書を開き、冒頭から数問ですでに1問も解ける気がしなくて絶望したのを今でも覚えています。私は、誇れるような学歴でも、中学受験の経験も、経済学部でも法学部でもありません。英語もほとんど読めませんし、中学レベルの数学ですら忘れかけていました。更に既卒で職歴があるわけでもありませんでした。本当に有利に働く要素がほぼ無い、それどころかマイナスに働く要素がとても多い受験生でしたが無事に合格を果たすことができています。
 過度な不安や、危機感はあまり良い方向に働かないと思うのであまり不安に思いすぎずに勉強をまずははじめて見ると良いと思います。私のような人間ですら合格できる試験ですから続けることさえできれば必ずなんとかなります。

個別無料相談

転職を考える今は、人生の大切なターニングポイント。
だからこそ、
公務員試験のプロにご相談ください。