2015年度公務員試験のEYE合格体験記

「諦めなければ叶う」武蔵大学経済学部4年(受験時)・プレミアムコース1,0年講座3月生・最終合格先:特別区Ⅰ類

モチベーショングラフ

―学歴で決まりやすい民間企業よりも、自分の努力次第で結果を出せる公務員―

 もともと父が公務員であり、自分の労力と時間を地域の人々に捧げるという公務員の仕事に魅力を感じており、公務員を目指した。大学2年生になると同時に、将来を考えたとき、学歴や数回の面接で将来が決まってしまうこともある民間企業よりも、自分の努力がそのまま点数として表れ公平にはかられる公務員試験が自分にあっていると思い、受けたいと思った。

―武蔵大学の合格者も多く、公務員専門校なのでEYEを選んだ―

 EYEは公務員試験専門であり、大学も薦めていたため信頼できると思ったから。他の予備校に比べて小規模で、一人一人をしっかり見ていただけるのではないかと思いEYEに決めた。

―入学当初はバイトやサークルが忙しく、ほぼ勉強できなかった―

 大学2年次は、なかなかサークルやアルバイトで忙しく、生講義に出られなかった。WEB受講で数的処理や憲法を観ていった。あまり講義は進まなかったが、数的処理の復習とダーウィンは繰り返し行った。しかしほぼ勉強してなかった。
 大学3年次の後期にサークルを引退してからは、それまでためてしまった講義の遅れを取り戻すためDVDやWEB受講を倍速にして消化していった。
 1月頃からは、遅れも取り返し、アルバイトも長期休暇をもらい、自学がメインとなった。1日最低でも8時間、平均すると1日10時間程度EYEや大学の図書館で勉強していた。しかし、過去問や模試をやってもなかなか点数伸びず、精神的にはつらく、体調を崩してしまうこともあった。しかし、諦めずに勉強を続けた結果、試験1か月前の5月ころにやっと過去問でも満足のいく結果が出るようになった。

―EYE池袋校にして本当によかった―

 寺本先生の授業が分かりやすく、効率的に学習できるようになっているので、とても良かった。EYE池袋校は、岡田先生を始め、受付の方も全員名前と顔を覚えてくださるほど面倒見がよいので、EYE池袋校にして本当によかった。予備校特有のピリピリした雰囲気が全くなく、生徒も穏やかな人が多く、とてもアットホームで通いやすかった。

―面接カードの添削は岡田先生にしていただき、的確なアドバイスをいただけた―

 面接練習は、だいたいは同じ志望先の生徒同士で面接官役と受験生役をやり行った。模擬面接では、EYEの先生に本番さながらで見ていただき、自信になった。

―論文対策は林先生の講義をもとに、論文を作成し添削していただいた―

 また、EYEの先輩方の書いた論文を参考にして10テーマ程自分なりに論文をつくり、ボイスレコーダーに録音し、電車などで聞くようにした。直前期1か月くらいは、知識の確認と時間感覚を養うために1日1テーマずつ勉強の気分転換として時間をはかり実際に書いた。本番はそれら10テーマから使えそうな知識をかき集めて論文にした。

―暗記系の科目は紙に書いて部屋中の壁に貼り何度も目に触れるようにした―

 ○○法や○○学のような知識系は後からでもいくらでも詰め込むことができると思ったので、初期は文章理解や数的を伸ばすことに専念した。毎朝起きてすぐに数的の簡単なものを1題解くようにした。いつも間違えてしまうもの、あやふやなものは全教科一つのノートにまとめ、電車などで見直すようにした。一人暮らしをいかし、暗記系の科目は紙に書いて部屋中の壁に貼り何度も目に触れるようにした。

―筆記は最後の最後まで諦めず、頑張ってください―

 私は、最後の1か月でボーダーラインまで持って来れたと思っています。ちなみに模試では1度も5割すら取れませんでした。入った当初から週間学習実績表など利用し、計画的に学習すれば良かったと大きく反省しています。
 面接は、自分でやりきったと思うまで練習してください。そうすれば、自然と自信のある表情で面接に臨めます。面接官は話した内容云々よりも、面接の態度や良く分からない質問への対応力や言葉遣いなどを見ているように感じました。練習を繰り返して自信を持った表情で挑み、いかに自分はそこで働きたいのか明確に伝えられれば、自然と合格を頂けると思います。最後の最後まで何が起こるか分からないので、私のように途中少し怠けてしまって諦め気味の人も頑張ってください。

体験記一覧ページに戻る