2015年度公務員試験のEYE合格体験記

「今まで勉強してなくても努力すれば、受かります!」既卒23歳(受験時)・プレミアムコース90日講座12月生・最終合格先:特別区Ⅰ類

モチベーショングラフ

―後悔しないためにも公務員に挑戦をしよう!―

 私の身近に公務員として働いている人がいることがきっかけとなり、漠然と公務員になりたいと思っていましたが、勉強を人生でしてこなかったので自分は、無理だろうと半ば諦めていました。しかし、自分の一生を決める大事な時期に、ほんとに自分は将来どうしたいのかをよく考えました。ここで頑張れなかったら、今後一生頑張れないと思い、後悔しないためにも公務員に挑戦することを決め、志望しました。
 EYEでの受講を決めたのはまず仲間ができる環境があることに魅力を感じました。大手だと仲間が作りにくい環境であると思ったので、公務員専門であり、校舎が少ないアットホームなEYEに決めました。また、EYEに決めようか迷っていたときに個別相談に訪れた際に、スタッフの佐々木さんが親身に相談に乗っていただいたのも、入学の決め手になりました。

―独学時代からかえた学習スタイル―

スタート時期(12月~) 私は以前独学で、勉強しておりましたが、すべて筆記で落ちていました。なので、また、初めから勉強し直しました。しかし時間があまりなかったので、1.4倍速で講義を1日2~3本ペースで見る様にし、過去問を解くようにしました。毎日何かしら勉強するように心掛けました。重要科目である、法律科目やミクロ、マクロ、行政科目を中心にやっていました。

中間期(3月~) この時期になるとやらなければならない科目が増えていき、思うように勉強ができなかったり、卒業シーズンとなり、サークルの合宿や卒コン、追いコンなどのイベントがあり、勉強する時間がとれませんでした。しかし仲間作りができる機会があり、そこで仲間をつくることができました。そこからモチベーションがあがり、勉強するようになりました。

直前期(4月~) 大学を卒業し、ただ勉強するだけの毎日に嫌気が差してしまい、4日間勉強しない日がありました。生活リズムが不規則になっており、このままでは、まずいと思い特別区の一次試験までは勉強し、その後アルバイトをしようと考えひたすら勉強をしていました。専門科目に力を入れ、教養科目は物理や日本史、世界史や英語などは勉強しませんでした。また、特別区の過去問を7年分を解きました。ダーウィンを4~5週するぐらいひたすら解きました。ダーウィン以外の過去問は特にやらずに勉強していました。

―DVDが予約なしで無料で見れることやWEBフォローが充実していた―

 EYEで学習してよかったことはDVDが予約なしで無料で見れることやWEBフォローが充実していたのがよかったです。また、寺本先生の個別相談や個別授業など、講師との距離が近く、親身になって教えてくださったこともよかった点でした。その他、チューターゼミや特別区ゼミなど充実したイベントがあったのも魅力でした。

―友人同士で面接練習をおこなった―

 面接対策は独学時代に少しずつ始めていました。また、会話をすることは特に苦手意識はなかったので、自分なりに質問に対す答えを考え、友人同士で面接練習をおこないました。EYEの模擬面接も行い、指摘されたところを直すようにしました。個別授業も使い、いろんな人と面接をし、やれることはすべてやりました。

―モチベーションアップ!週間学習実績表―

 週間実績表をつけ、勉強のモチベーションをあげました。また、計画をこまめに書き、できるだけ計画通りに勉強しました。

―絶対に公務員になりたいという気持ちが大事―

 公務員試験は科目の量がとても多く、内定が得られるまでかなり時間がかかります。しかしどうか最後まで諦めずにやり通してください。
 私自身現役で合格することができず、ほんとに時間がかかりましたし、諦めたくなるときもありました。しかし、こんな勉強してこなかったやつでも、努力し絶対に公務員になりたいという思いで諦めなければ夢は叶うということを証明したかったし、何より、家族や親戚や友人など応援してくれた存在がとても大きかったです。
 公務員試験をしていなかったらこうした身近な存在の大きさになかなか気づくことができなかったと思います。私自身公務員を目指してほんとによかったと思っています。辛いことはたくさんありましたが、その分合格したときの喜びはとても大きいです!なぜ公務員になりたいのか?それを今一度考えてみてください。その中にはきっと強い想いがあるはずです。その想いを大切に公務員試験を乗り切ってください。応援しています。

体験記一覧ページに戻る