2015年度公務員試験のEYE合格体験記

「自分を信じて突き進む!!」法政大学経済学部4年(受験時)・個別授業付き!プレミアムコース1,0年講座3月生・最終合格先:特別区Ⅰ類・二次辞退:多摩市上級

モチベーショングラフ

―EYEで行われる説明会に参加していく中で公務員としてやりたい仕事が明確になった―

 大学2年生の時にEYEに通う同じゼミの先輩に勧められたことをきっかけに公務員を目指そうと思いました。私はコツコツ型だったので、公務員のような努力が結果にしっかり伴うような試験は自分に合っていると思いました。また、営利を目的とする民間企業よりも、幅広い年齢層の方々を多様な面から支えることができる公務員の仕事により魅力を感じました。
 私は論文対策で政策を調べたり、EYEで行われる説明会に参加していく中で公務員としてやりたい仕事が明確になっていきました。最初からちゃんとした志望理由がなくても大丈夫です!

―EYEの雰囲気の良さに魅力を感じ入学を決めた―

 大学のゼミの先輩がEYEに所属しており、EYEが公務員の予備校の中でも特に雰囲気が良く、友人が作りやすい環境であると聞いていました。実際に校舎に訪ねた際に、休憩スペースで受講生の皆さんと先生が楽しそうに話している姿を見て、EYEにしようと決意しました。

―スタート時期は1日の勉強時間は4~5時間確保するよう心がけた―

 授業を受けた後、復習をし、ダーウィンを解くという流れで勉強を進めていきました。私は数的処理が苦手だったので、基礎をしっかり固めるためにテキストとダーウィンを繰り返し解いていました。数的処理はなかなか結果が出ない科目であると思いますが、何度も解いていくうちに、だんだんとペースが早くなり、コツが分かってくるので諦めずに頑張ってください。

―中間期の夏休みはそれまでに習ったことをもう一度最初から復習した―

 苦手な数的処理は高卒程度の問題集を利用し、基礎固めを進めていきました。逆に得意であった経済系の科目はダーウィンの答えをもう覚えてしまっていたので、スーパー過去問を利用しさらに伸ばしていきました。夏休みが終わると新しい科目が一気に増え、十分に復習できる時間が確保できなくなると思うので、夏休み中に復習にしっかり取り組むと良いと思います。夏休み後は授業を受け復習するだけで一杯一杯になっていました。焦る気持ちもありましたが、とりあえず授業をしっかり受け出来る限りの復習をしておくことが大事だと思います。捨ててしまおうかと考える科目も出てくると思いますが、この時期にはまだ捨て科目は作らず、分からないなりに勉強しておいた方がいいと思います。

―直前期は時間を意識して取り組んだ―

 1問1問にかける時間を意識し、時間を図りながら過去問を解いていきました。また、1日のうちにひとつの科目に固執しすぎないように1科目にかける時間を決めていました。時間を決めて取り組むと緊張感があり、身体的にも精神的にも疲れることがあると思いますが、本番の緊張感を味わえる良い練習になるので頑張ってください。

―EYEは公務員専門予備校ということもあり、同じ公務員を目指す友人とお互い刺激し合い高め合いながら勉強に取り組むことができた―

 なかなか成績が伸びずつらい時もありましたが、同じ不安や悩みを抱える友人に気持ちを伝えるだけでとても楽になりました。また、岡田先生に話を聞いてもらい、受付の方が「お疲れ様!」などと話しかけてくれることも励みになりました。EYEの皆さんに応援してもらえていると感じられ、より一層頑張ることができました。

―面接対策はEYEの模擬面接や大学のキャリアセンター、友人の協力を得て行った―

 面接は経験を積むほど良くなると思うので、本番さながらで練習を何度もしていくと良いと思います。私は民間企業での面接を何度か体験していたので、本命の試験先の面接の時に少し気持ちに余裕を持つことができました。また、面接カードの内容は何度も書き直し、岡田先生や友人などに見てもらい、より良いものを作っていきました。

―特別区は小論文の比重が大きいため、しっかり対策に取り組んでおくと良い―

 2月ごろからEYEの友人の6人で集まり、特別区で問われそうな論文テーマを30個ほど準備しました。テーマを皆で割り振ることでより多くの題材を準備し、様々な政策を知ることができました。また、協力して取り組んだことで自分には考えつかなかった新たな視点なども得ることができました。客観的に自分の論文を見てもらえるのでチームを作って対策をすることは良かったと思います。できあがった論文は寺本先生に見てもらい、文の書き方の癖や流れなどを指摘してもらいました。特別区は小論文の比重が大きいため、しっかり対策に取り組んでおくと良いと思います。

―メリハリをつけて勉強するよう心がけた―

 だらだらと勉強することは一番効率が悪いと思うので、やる気が出ない時は勉強から離れる勇気も大事だと思います!私はモチベーションが下がってしまった時、1日朝から外に出かけてその日は一切公務員のことを考えないようにしていました。ずっと同じモチベーションでいることは難しいと思うのでリフレッシュする時間は大切にしてください。

―EYEの友人やスタッフの皆さん、家族の支えで乗り越えることができた―

 公務員試験は道のりが長く、諦めたくなるときもあると思います。私も大学の周りの友人が内定をもらったなどと聞くと焦ることがありました。しかし、EYEの友人やスタッフの皆さん、家族の支えで乗り越えることができました。つらいことや不安な気持ちは一人で抱え込まずに、周りの方に頼って良いと思います。合格することが応援してくださった方々への恩返しだと思って頑張ってください!

体験記一覧ページに戻る