2015年度公務員試験のEYE合格体験記

「あせりは禁物!」学習院大学文学部4年(受験時)・プレミアムコース1,0年講座4月生・最終合格先:特別区Ⅰ類・三次辞退:松戸市上級・四次辞退:武蔵野市上級

モチベーショングラフ

―人のために色々な役割で貢献できる公務員―

 当初は、漠然とやりたいことがなく、私の祖祖父が公務員であったため何となく志望していました。しかし、説明会を聞いていくうちに、人のために色々な役割で貢献できる公務員という仕事に興味を抱きました。

―相談に行った際に、EYEが一番に親身に相談にのって頂いた―

 他の予備校にはなく、親身になって相談していただきました。また公務員専門の予備校ということで、予備校の仲間たちも公務員を目指していて、切磋琢磨できる環境であったことが決め手になりました。また、講師の方々と生徒の位置が近く、分からないことを気軽に聞きに行けた事も、eyeに決めた決め手になりました。

―勉強以外に忙しい人には本当に良い予備校―

 当初はサークルの代表を務めていたため、満足いく勉強が出来なかったが、パソコンで授業」も見ることができ、授業で分からなかった事は講師の方々に、質問に行くことが出来たので、勉強以外に忙しい人には本当に良い予備校です。また、勉強の方向性に悩んでいる時に、池袋担任の岡田先生に親身に相談に乗って頂け、勉強に対しての不安感を無くすことができ、eyeで学習して良かったと思っています。また一緒に勉強を頑張る友人の交流会など、様々なイベントが充実しているのも、私が合格できた一助になりました。

―サークルの代表をしていたので、11月頃までまともに勉強できなかった―

 4月生として入ったのですが、サークルの代表も務めていたため11月ごろまでまともに勉強することが出来ませんでした。11月にサークルを引退し、勉強を始めたのですが、憲法の授業も終わっていない状況でした。そこで、あせりもあったのですが、まず専門科目をしっかりと勉強しようと思い、3月ごろまで専門科目と数的、判断しか勉強しませんでした。特にミクロ、マクロに力をいれました。専門科目を勉強している時、寺本先生の授業を受けていたのですが、寺本先生の授業は何を覚えれば良いのかをしっかりと明示してくれたため、メリハリをつけて勉強できました。4月まで、教養もやり始めたのですが、時間が足りず本番の試験では教養科目に苦労しました。直前では、化学や物理などは捨て科目にして、残りの科目は広く勉強するように意識しました。

―面接は友人とグループを作って面接練習―

 何十回と練習することにより、自分の苦手な質問が分かり、本番前に対策を立てることが出来ました。また、私は民間の面接も受けていたので、それも公務員の面接に役に立ったと思います。論文は12月ごろに集まって、グループを作り論文作りを行っていました。私は論文に力を入れてなかったのですが、論文はしっかりやった方がいいと思います。筆記の試験が出来なくても、論文で逆転することが可能です。

―苦手な科目は、簡単な問題をしっかり解けるようになれば問題ない―

 勉強し始めたのが遅かったのであせりがあったのですが、焦らないように一つ一つの科目を広く浅くやっていました。あまり、一つの科目に没頭しすぎないように意識していました。私は数的が苦手で、ものすごい時間をかけたのですが、最後まで成績をあげることが出来ませんでした。今、振り返れば違う科目にもっと時間をかければ良かったと思っています。苦手な科目は、簡単な問題をしっかり解けるようになれば問題ないと思います。また、勉強のモチベーションを上げるために、勉強場所を変えて勉強していました。自宅、予備校、図書館、カフェなど様々な場所で勉強することにより、新鮮な気持ちで勉強することが出来たと思います。勉強以外にも休みの時間も作っていました。好きなサッカーチームの試合などを見に行ってリラックスしていました。リラックスすることにより、勉強もメリハリをつけて勉強できたと思います。

―自分を追い詰めすぎず、勉強する時はする、休む時は休むとメリハリをつける事が大切―

 あきらめずに勉強すれば必ず合格できると思います。勉強がうまくいかない時があり、ナイーブになることもあると思いますが、そんな時は友人と遊び、趣味に没頭しリラックスすることも必要だと思います。一つの科目に力を注ぎすぎず、広く浅く勉強することが大切だと思います。自分を追い詰めすぎず、勉強する時はする。休む時は休むとメリハリをつける事が大切だと思います。必ず合格するという強い意志を持ち、周りの方々に感謝を抱きながら頑張ってください。

体験記一覧ページに戻る