2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「直前期の追い込みで合格」立教大学文学部4年(受験時)・プレミアムコース1.0年講座4月生・最終合格先:さいたま市(大卒程度)、国家一般職、特別区Ⅰ類・二次辞退:吉川市上級

モチベーショングラフ

―親戚に警察官や教師など公務員が多く、昔から公務員を身近に感じていた―

 大学3年生になる前に就職について考えた時に、将来は安定した生活を送ることができて女性が働きやすい職場で働きたいと思い、公務員の勉強をしようと決めました。漠然と思っていただけなので、正直この時点では国家公務員か地方公務員かということは何も考えてはいませんでした。

―たまたま見つけたEYEのパンフレット―

 同じ大学の友達と一緒に予備校を探していて、たまたま大学の生協で見つけたパンフレットがEYEのものでした。実際にEYEの説明会に行った時に個別に相談にのってくださった長谷川先生がとても親切だったことと、サークルやアルバイトがあってもDVDで講義を進めることができるというところに惹かれて入学を決めました。

―岡田先生にやるべきことを的確に教えていただいた―

 まずは、分からないことがあった時にすぐに先生に質問できることです。私は、勉強の進め方や面接対策の方法など全て岡田先生に伺っていました。岡田先生は次にするべきことまで教えてくださるので、学習などをスムーズに進めることができました。また、友達ができたことも良かったことの一つです。大学の友達は民間の就職活動をしている人が多かったので、EYEに同じ状況で頑張っている友達がいるということがとても励みになりました。

―私の学習の流れ―

 大学3年の4月からEYEに入っていましたが、私はほぼ毎日サークルかアルバイトの予定があったため、生講義にはほとんど出られず、DVDも週に1本見ているだけでした。
 12月にサークルを引退してからやっと少しずつDVDを消化し始めましたが、今度は大学の後期試験と時期が重なってしまい、また停滞してしまいました。
 2月からは公務員試験に本腰を入れようと思い、毎日EYEで勉強することを決めました。そこから2ヶ月で残りのDVDを消化して4月中旬からは問題演習を中心に進めました。私は時間がなかったので、EYEでもらった教材以外はほとんど使わなかったと思います。数的は過去問を毎日少しずつ解いて、法律科目と行政科目は寺本先生のレジュメをひたすら読んでいました。ただ、経済は全く出来なかったので「最初でつまずかない経済学」だけを何周も解きました。また、教養科目や時事問題は友達と話した方が覚えやすかったので、EYEからの帰り道に問題を出し合ったり覚え方を考えたりしていました。

―私の面接・論文対策―

 論文対策は、いくつか友達と共有しましたがほとんど一人でやりました。先輩の資料や論文の講義で聞いたものを自分でまとめて、要旨だけ覚えるようにしていました。面接対策は7月と8月の2ヶ月間、ほぼ毎日友達と集まって練習しました。実際に緊張感をもって面接練習をしてもらうと、姿勢や話し方など自分では気が付かないところを注意してもらうことができました。また、面接官の役をやることが自分のためにもなったり、情報共有をすることで知識が深まったりするので色々な人と練習したことが面接に対する自信につながったと思います。個人的には、1次試験の勉強をしている頃には話したこともなかった人達と友達になれたということも嬉しく思っています。本番の面接の直前にはEYEで先生にも模擬面接をして頂いたので、本番の空気感に少し慣れることができました。

―勉強を始める前に、毎日計画を立てた―

 特に専門科目はほぼ全科目に触れられるように細かく予定を決めるようにしていました。経済の問題などで悩んでしまうと時間をかなり取られてしまうため、時間制限を作ることが私にとっては有効でした。また、お昼ご飯の後は絶対に眠くなってしまっていたので、その時間には得意な科目を入れておくことでぼんやりしながらも頑張れました。私は他の人より遅れているという意識があったので必ず毎日勉強しようと思っており、直前期には8~9時間勉強していましたが、日曜日は少なめの予定にしていました。そのため日曜日には友達と小論文対策などをする時間も取ることができたので、少しリフレッシュできていたと思います。

―公務員試験は、1次試験も面接も対策すればするほど力がつく―

 勉強している時期は、いつまでこんな生活が続くのだろうと思ったり、試験の日まで全然時間がないと焦ったりすると思います。しかし、私のように取り掛かるのが遅くなってしまった人でも、とにかく繰り返し無心で勉強し続ければ必ず巻き返せるものだと思います。時々息抜きもしながら頑張ってください。

体験記一覧ページに戻る