2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「文章理解を究めれば、数的が苦手でも合格できる!」明治大学法学部4年(受験時)・個別授業10コマ付き!プレミアムコース1,0年講座2月生・最終合格先:特別区Ⅰ類、国家一般職・二次辞退:松戸市上級

モチベーショングラフ

―自分の利益のために働きたくなかった―

 民間企業で働けば、会社の利益や自分の営業成績など、特定の利益に囚われ、人の役に立ちたいという気持ちが薄くなることもあると思います。しかし、公務員なら、求める利益は公共の利益しかないので、本当の意味で自分より人のために働ける仕事だと思います。私は、自分が儲けるために働くのではなく、周りの人の幸せのために働きたいと強く感じ、公務員を志望しました。

―不安なことがあったらすぐに法島先生に相談し、不安を解消できた―

 EYEに決めた理由は、比較的小規模の予備校だからこそ、受講生一人一人に丁寧な対応をしていて、受講生一人一人を大切にしているところに惹かれたからです。特に良かったのは、無料で何度でも担任の法島先生と個別相談ができたことです。勉強の仕方、面接対策、小論文対策等、不安なことがあったらすぐに法島先生に相談し、不安を解消できたのが、合格につながったと感じています。

―EYEだからこそモチベーションを最後まで維持することができた―

 一番良かったことは、共に公務員を目指す仲間に会えたことです。アットホームな雰囲気だからこそ、受講生同士や先生と受講生の距離が近く、相談しやすい環境であることがEYEの魅力だと思います。私は受講生の仲間と励まし合いながら、共に努力していくことで、モチベーションを最後まで維持することができました。また、生講義に出れなくても、気軽にDVDを利用できる環境があったので、自分のペースで学習することができたことも良かったです。

―私の学習の流れ―

スタート時期

 ひたすらEYEの講義を受講していました。特に力を入れたのは数的処理です。私は数的処理が苦手だったので、毎日最低でも一問を必ず解くと決めて実行していました。経済学も理解するのに苦労しましたが、村尾先生の「最初でつまずかない経済学」を何度も読み返すことで理解することができました。

中間期

 基本的にはEYEの講義のペースに合わせて学習を進めていました。この時期も数的処理と経済学に苦戦していたので、EYEの個別授業を活用しました。わからないことを先生に質問し、疑問点を解消することで苦手な問題も解けるようになりました。

直前期

 直前期から苦手な数的処理と経済学を伸ばそうとするのではなく、他の得意科目で確実に点数を取ることを意識した勉強に切り替えました。具体的には、文章理解、法律科目、知識系の科目の問題演習をたくさんこなしました。また、直前一カ月は地上と特別区の過去問500を使用し、問題演習をしていく中で知識を吸収していく勉強をしました。

―私の面接・論文対策―

 冬ごろから面接対策を始めました。といってもEYEのチューターゼミに参加しただけです。本格的に始めたのは筆記試験が終わってからです。具体的には、大学のキャリアセンターの活用、EYEの模擬面接、EYEの友達との面接練習などを行いました。
 論文対策は二月頃から本格的に始めました。具体的には主要な15テーマについて、1200字程度でまとめ、ワードを使って保存しました。その際、作った論文は鹿又先生に見ていただきました。的確なアドバイスをたくさんいただけてとても助かりました。また、15テーマは全部一人で作ったのではなく、EYEの仲間と助け合いながら作成しました。

―勉強で工夫したこと―

①すぐ三回転

 問題集を解く際には、法島先生が教えてくださった、「すぐ三回転」方式を活用して効率を上げました。数的処理で私が行った方法を一つご紹介します。私は難しい問題に出会ったときは、一日目に解説を見て理解、二日目にその問題の解説を読み返し覚える、三日目に解説を見ずに解く、というサイクルで学習していました。そうすることで確実に解き方が身に付きます。

②文章理解を武器にする

 私は数的処理が苦手でした。最初は数的処理の点数を伸ばそうとしましたがうまくいきませんでした。そこで、数的処理を伸ばすのを諦め、文章理解で点数を稼ぐ戦略に転換し、ほとんどの試験種の筆記試験を突破することができました。初めは「スー過去」の文章理解の本を使っていましたが、点数の伸びにはつながりませんでした。私は思い切って問題集を変え、実務教育出版の「スピード解説」という本を使うようになってから、文章理解が得 意科目になりました。この本の「作法」を身につければ、ほとんどの試験種で通用する武器が手に入ると思います。

―辛い経験をした分だけ、人の痛みがわかる優しい公務員になれる―

 公務員試験は長くて辛い試験だと思います。でも、一人で戦っているわけではないということを忘れずに頑張ってください。本気で目標に向かって頑張っていたら、周りで支えてくれる人がきっと現れます。そんな存在を大切にしてください。辛い経験をした分だけ、人の痛みがわかる人になれます。きっと、人の痛みがわかる優しい公務員になるために、公務員試験は辛いのだと思います。何かに迷ったり、辛くなったりしたら、今自分は「何のために」やっているのかをよく考えてください。そうしたらきっと前に進めます。応援しています!

体験記一覧ページに戻る