2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「人生初受験でもやればできる!」早稲田大学社会科学部4年(受験時)・ベーシックコース1,0年講座3月生・最終合格先:東京都Ⅰ類B、横浜市(大卒程度)、北海道庁(一般行政A)・四次辞退:武蔵野市(上級)

―家族や周りが公務員が多かった―

 私は祖父、父、叔父と周りに公務員が多い環境で育ってきました。そのこともあり、公務員の魅力ややりがいについてもよく話してもらっていたので自分も公務員になろうと思いました。祖父は国家、父は地方公務員だったので双方の話を聞いた上で、どちらにしようか迷いましたが、地方でありながら国レベルの仕事ができる東京都を第一志望にして勉強をはじめました。

―EYEに入学をした理由―

 これまで、受験勉強をしたことがなかった自分にとって、1年間一人で受験勉強をやりぬく自信がなかったため、仲間と一緒に勉強できる環境が整っているeyeを選びました。

―EYEでよかったこと―

 EYEでは交流会といった受講生ふれ合える場が多く仲間と切磋琢磨しながら勉強できること、講師との距離が近く、常に質問しやすい環境であること、とにかくアットホームなところが良かったと思っています。

―私の学習の流れ―

前半期:数的処理、憲法、経済といった核となる科目を中心に勉強した。量的には宿題範囲+αというかんじでした。

中間期:専門科目にも手を広げました。しかし、年明けから志望先を都庁に一本化したため、経済や民法の学習をストップし、一般教養を集中的に勉強しました。

直前期:年明けから自然科学や人文科学の学習をはじめました。また3月ころからEYEの直前対策や他の予備校の短期講座を利用しながら専門記述、小論文、時事対策をはじめました。

―私の面接対策―

 面接対策は志望先でグループを作って大学の空いている講義室などで集合しての練習と、ハローワークで職員の方にやってもらうやり方で対策しました。まず前者の利点としては、面接に向けてみんなが調べたことを面接官をしながら聞けるので、それを自分の面接に使うことができる、つまり話の引き出しを増やすことができる点だと思います。後者の利点としては、職員の方から本番さながらの質問をされるので実践的だという点です。

―勉強で工夫したこと―

 苦手克服より得意分野を伸ばすことに重点を置きました。私はずっと英語が苦手で、試験でも4問出題されるので不安に思っていました。当初は英語の勉強をはじめようかと思いましたが、後に英語の失点をカバーできるくらいに得意分野を完璧にしようと思うようになりました。勉強の仕方としては他のひとと同じ勉強法だったと思いますが、人と異なった点としては、eyeの人がほぼ受験してない公務員試験にも受験し、多くの問題に触れ、そこでできなかった問題を復習していくことで、分からない問題を減らしていくよう努力しました。

―情報を待つのではなく取りにいく!―

 公務員試験はとにかく情報を多くもっている人が有利だと一年間勉強して思いました。出題傾向や、出題頻度といった自治体ごとの傾向を把握することで効率のいい勉強や、併願が可能になるからです。今後何十年も働くところを受験するわけですから、これでもか!ってくらい調べて、効率の良い勉強をしてサックリ受かりましょう!笑

体験記一覧ページに戻る