2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「1日1日の積み重ねが大切」帝京平成大学現代ライフ学部4年(受験時)・2年間プレミアムコース2年講座1月生・最終合格先:特別区Ⅰ類

モチベーショングラフ

―叔父と叔母が公務員―

 叔父は市役所の職員、叔母は国家公務員として働いており、小さい頃から漠然とですが、公務員の仕事に興味を持っていました。そして、大学に進学し、自身の将来について考えた際、営利を得て働く民間企業より、公務員として多くの人々の生活を支える仕事がしたいと思い、公務員を志望しました。

―EYEを選んだ理由―

 予備校を選ぶ際に、EYEと大手の予備校を訪ねました。大手の予備校では堅苦しい雰囲気でしたが、EYEでは受付の方や岡田先生が丁寧に案内、説明をして下さり、面倒見がよく、和やかな雰囲気だなという印象を持ち、自分はEYEで勉強に取り組みたいと思い、EYEに入学しました。

―自分のペースで勉強に取り組める―

 EYEでは、自分の都合に合う時間で、予約なしで講義のDVDを見たり、自習室で勉強することができるので、すばらしい環境で勉強に取り組めたと思っています。

―私の学習の流れ―

スタート:大学3年4月~

 大学1年の後期の時期には公務員になりたいと思っていたので、入校した翌月から始まった2015年受験の講義に参加し、勉強を始めましたが、勉強のモチベーションが上がらず、経済科目の講義ぐらいから講義に参加しなくなり、しばらくEYEに行かず、遊び呆けてました(笑)大学2年の冬に危機感を感じ、計画して勉強をしようと思い、予定の入っていた春休み明けに本腰で勉強に取り組むことを決め、大学3年の4月から本格的に勉強を始めました。DVDで講義を消化し、特に数的科目は何度も見て、自分の解けない問題の解説を事細かくノートに記入し、理解して解けるようにしました。

中間期:8月~

 大学での前期の試験が終わってからは、夏休み中は毎日EYEに通い、朝10時から夕方5時半くらいまで勉強しました。大学の後期の講義が始まってからも大学が週1だったので、大学のある日以外は毎日EYEで勉強しました。法律、学系、自然科目は寺本先生の講義を受け、レジュメを中心的に覚えました。経済科目に関しては、ダーウィンを使わずにスー過去の問題を解き、スー過去でもわからないような理論に関しては村尾先生の最初でつまずかない経済学を活用しました。財政学もスー過去を使い、経営学はセレクト70と講義での問題集を使いました。すべての勉強に共通することですが、受講後あまり時間を空けずに復習することが大事だと思います。特に民法では寺本先生の解説、レジュメの図で内容は理解できるのですが、復習として問題を解く際、文字となって問題として出題されると最初全然解けなくて苦戦しました。寺本先生が講義の最後に提示してくださる復習としてのダーウィンの問題のページ、レジュメについている一問一答を講義後にあまり時間を空けずに何度も解いた方がいいと思います。

直前期:2月~

 直前期は多くの人がEYEに訪れ、人の出入りが激しくなってきたので、自分は地元の図書館での勉強に移行しました。月曜日~土曜日の朝8時から夜の7時半くらいまで勉強をし、日曜日は休養日にしました。問題集を何度も回し、この時期から特別区の過去問も解き始めました。前年度の問題は特別区試験直前に解く用にとっておき、それより前の過去8年分の過去問を何回も解きました。そして過去問研究をし、各年の出題テーマと似たような問題が何年に1度出題されているかを調べ、自分が受験する年に試験に出そうな問題をピックアップし、重点的に解きました。

―私の面接・論文対策―

 論文対策は寺本先生の小論文特訓を受講しました。そこで扱われている参考答案や話題となっている問題の約20のテーマの現状、問題点、対策の要点だけをまとめて覚えました。さらに自分は大学3年から日経、読売新聞の社説を読んで切り取り保管していたのですが、小論文に活用できそうな記事に関してはマーカーでチェックしました。また、小論文特訓を受講していた方と一緒にファミレスで要点をまとめたりしました。試験当日では予想していたテーマは出ませんでしたが、暗記していたテーマや新聞の社説などで使えそうな部分を活用し、1回で読んで理解してもらえるような小論文を書きました。

 面接対策は特別区の筆記試験の結果が発表されてから対策を始めました。面接カードは岡田先生に添削してもらい、3分間プレゼンは大学の就職支援室や、大学と提携しているキャリアセンターに原稿の添削や実際のプレゼンの様子を見てもらったりしました。想定質問とそれに対する答えをまとめましたが、一通りの面接の練習をやりませんでした。実際に当日面接試験を受けた後に自身が反省するべき所があったなと思う点が多くあったので、できるだけ早めに面接練習・対策をした方がいいと思います。

―1日の生活の中の各科目の勉強や休憩などを時間で区切りルーティン化した―

 朝○時に起きて食事、○時に家を出る、○時から○○の勉強を始める、○時になったから○○の勉強を始めるといった一定の生活のリズムを作りました。各時期によって勉強時間が変わるので時期のよって多少の変動はありますが、これを行うことによって、無駄な時間をなくし、各科目の勉強の偏りがなく、バランスよく勉強することができ、体調を崩しませんでした。

―自身の将来を左右する試験、1日1日を大切に、後で後悔しないように取り組んでください―

 公務員試験は長丁場ですし、試験科目が多い、範囲が広いなど本当に大変ですが、毎日コツコツと勉強をすることですぐにではありませんが、自然と問題が解けるようになり、必ず結果がついてきます!頑張ってください、応援しています!

体験記一覧ページに戻る