2017年度公務員試験のEYE合格体験記

「粘り強く勉強すれば必ず合格できる!!」

國學院大學 文学部4年(受験時) プレミアムコース10 1,0年講座 4月生

最終合格特別区Ⅰ類、武蔵野市上級

二次辞退さいたま市(大卒程度)、印西市上級、国立大学法人等職員

―様々な仕事ができる!!―

 私が公務員を志望した理由は、様々な職種から社会貢献できることに魅力を感じたからです。私は大学で特別区の歴史などを研究し、教育関係、高齢者関係のボランティアを行っていました。そのため、観光や教育、福祉など色々な仕事に興味がありました。そこで、一つの仕事からではなく様々な仕事から社会に貢献できる地方公務員に魅力を感じ、公務員を目指すことを決めました。

―丁度いい規模だからこその良さがある!!―

 実際に公務員予備校に入塾しようと決めたとき、EYEだけではなく大手の予備校などにも足を運びました。そこで感じたEYEの良さは、大きく2点です。1つ目は、大手の予備校ではないからこその講師や担任との距離の近さです。2つ目は、1人でコツコツ勉強するというよりも公務員を目指す仲間とともに切磋琢磨できることです。このような距離の近さがEYEの良さだと思います。公務員試験は長期戦のためモチベーションを保ち続け、1人で受験を残り越えることはとても大変です。だからこそ、講師や担任、友達とともに合格を目指すことができるEYEでよかったです。

―小さな時間も有効活用―

(スタート時期 4月~9月)

 まずは、最重要科目である数的処理、法律系科目(憲法、民法)、経済科目(ミクロ、マクロ)を中心に繰り返し勉強していました。スタート時期はアルバイトや大学との両立でなかなか勉強時間を確保することが難しかったですが、EYEの授業のペースに遅れないように、なるべく生講義で授業を見ることを意識していました。また、生講義を受ける1時間前には着席し、前回の講義の復習を行っていました。

―やる気が出ない・・・、だからこそ仲間と共に―

(中間期10月~2月)

 重要科目を引き続き勉強しつつ、徐々に学系の科目と小論文の勉強も始めていきました。この時期は、スタートの時期にあったモチベーションが徐々に落ちてきてしまい、なかなか勉強に集中できない時期でした。そこでEYEの仲間と集合時間を決めて自習室で勉強を行うようにしていました。また、12月ごろから過去問や判定はあまり気にせず、試験に慣れるということで少しずつ模試を受けることも行っていきました。

―ひたすら勉強、でもリフレッシュは大切に―

(直前期3月~5月)

 過去問を解く中でよく出る単元などを分析し、レジュメで再確認を行うなど過去問中心の勉強をしていました。また、この時期になると一日の勉強のスタイルを、午前に教養科目、午後に専門科目と実際の試験を意識した順番で過去問を解いていました。基本的には毎日塾で勉強をしていましたが、夜はカフェや大学で勉強をして気分転換もしていました。直前期になるとどうしても試験のことで不安や心配に駆られてしまうので週に1度は友達とご飯に行くことを決めていました。「自分はこれだけやったから大丈夫だ」と、心に余裕を持つことも合格を勝ち取るためには必要だと思います。

―面接対策はひたすら練習あるのみ―

 特別区の試験終了後から徐々に練習を始めました。近年の公務員試験では筆記試験以上に面接試験に重きを置く自治体も増えてきているので、早めの練習をお勧めします。私自身は11月のチューターゼミに参加して早い段階で志望動機や自己分析を行っていたので比較的スムーズに面接練習に入ることができました。また、面接練習の時は、固定のメンバーと同じ環境でやるのでなく、様々な人と新鮮な環境で練習することで常に緊張感を持った練習ができると思い、所属の渋谷校ではなくあえて東京本校で練習を行いました。自分の面接している姿を録画や録音することもお勧めします。

―論文対策は仲間と共有することが大事―

 4人のグループを組んで2週間おきに1人1テーマずつ答案を書いて持ち寄りました。この小論文ではただ自分の意見を持ち寄るのではなく、自分の書いた論文を必ず山田先生や鹿又先生に確認してもらってから持ち寄ることを徹底していました。また、小論文では様々な視点を持つことが大切なためグループを組むときは男女混合で組むことをお勧めします。

―勉強で工夫した4つのこと―

  1. 自宅から塾まで1時間半かかっていたため電車の時間を無駄にせず、レジュメの確認や時事対策、暗記科目等の学習を行っていました。電車の中でどうしても眠い時は世界史の講義を音声で流しながら寝ていました。
  2. 週間学習表と個別相談を活用し、学習に不安を感じ時はすぐに担任やチューターからアドバイスをもらうように心がけていました。
  3. 仲間との情報共有を意識しました。公務員試験にはそれぞれの自治体によって試験問題の傾向があるため、科目ごとにどのような傾向があるか話し合ったり、受けていない模試を仲間と交換し合ったりしました。また、お互いの得意科目の勉強を教え合ったりしました。
  4. 一週間の学習ノルマを事前に決めてからそれ以上は必ず勉強することを徹底しました。例えば、10月では1週間で30時間以上(講義も含めて)に設定していました。1日単位での勉強時間を設定していた人もいましたが、急な予定が入ることもあると思うので、1週間でその日の分を補うような心持ちができる週間での学習ノルマをお勧めします。

―諦めない気持ちを忘れずに!―

 私のタイトルにあげましたが、公務員試験では特別頭が良い人が合格するものではなく、粘り強く、諦めず勉強を続けられることが何よりも大切です。試験勉強の中で必ずモチベーションが落ちてしまうことがあると思いますが、自分のリフレッシュ方法を見つけて気分転換を行ってください。公務員試験に合格した時は今までに経験したことがないほど嬉しいものです。最後まで諦めず合格を勝ち取ってください!!応援しています。

体験記一覧ページに戻る