2017年度公務員試験のEYE合格体験記

「自分に最適な勉強方法を見つける!」

武蔵大学 経済学部4年(受験時) プレミアムコース10 1,0年講座 2月生

最終合格特別区Ⅰ類、埼玉県上級、国税専門官、国家一般職

二次辞退国立大学法人等職員

―就活の選択肢を広げたい―

 私が公務員試験の受験を考えたのは大学2年生の頃でした。それまでの大学生活は趣味や旅行、サークルやアルバイト等にほとんどの時間を使い、充実してはいましたが、勉強は足りていない気がしていました。そこで、就活にも役立つ勉強をしようと思い、目にとまったのが公務員でした。それから公務員について調べたり、大学生になってから参加したボランティア等を通じて多くの公務員と関わる中で、公務員の「人のために限りなく努力でき、その努力によって国や地域を変えることができる」ところに魅力を感じ、志望しました。

―自分の好きな方法で講義を受けられる環境が魅力的でEYEを選んだ―

 私がEYEに決めた最大の理由は、生講義やDVD、WEB動画など自分のスタイルに合わせて受講方法を決められることです。私は気分屋なので、生講義だけだと欠席が多くなってしまいそうだし、DVDだけでもモチベーションが保てない気がしていました。気分がのらないとき、集中できない時には思いきりさぼり、やるときはやる。長期的に勉強する時にはそのメリハリが大切だと思ったので、自分の好きな方法で講義を受けられる環境は魅力的でした。また、実際に校舎を訪れた際に受講生どうしが仲良さそうで、居心地がよかったのも決め手になりました。

―公務員試験に合格するために必要なことはすべてEYEが教えてくれた―

 択一試験の勉強はもちろん、小論文、面接、集団討論、すべての対策をしてくれるので、安心して勉強できます。また、池袋校担任の岡田先生を筆頭にEYEの方々がなんでも相談にのってくれるので、自分に最適な勉強方法を見つけることができたのもよかったと思いました。

―私の学習の流れ―

スタート(2年生2月~3年生9月)

 この時期は実際に勉強するのは週に10時間程度で、基礎講義や憲法などを受講し、かるく復習する程度でした。夏休みは数的推理(ダーウィン)を中心に勉強しましたが、「本当に解けるようになるのか」と日々思っていました。

中間(3年生10月~3年生2月)

 10月頃からは憲法・民法や経済学(ダーウィン)を中心にやっていきました。11月には敵を知るために模試を受けました。まだ手をつけていない科目も多く、結果は良くありませんでしたが、合格するために何をすれば良いのかを想像しやすくなったため、それからは勉強が捗りました。12月頃からは週に30時間程度勉強に充てていました。

直前(3年生3月~3年生5月)

 この時期はアルバイトを控え、1日に6〜7時間、週40時間程度の勉強を続けました。知識がなく解けない問題があるのはもったいないと感じたため、スー過去やクイマスなど、様々な問題集で自分に足りなそうな知識を入れ込みました。加えて、4月からは時間を計りながら特別区の過去問をやり、受験先の問題の出し方を把握することで、点数が大きく伸びました。

―論文や面接はEYEの持つノウハウをフル活用―

 面接対策はEYEの面接アドバイス会でもらったレジュメ一つでほとんど済ませました。過去に面接で聞かれたことのある質問がまとめられており、それに対する自分の回答をざっくりと考えておきました。面接では、自然体のほうが印象が良いと考え、回答の丸暗記などはしませんでした。公務員の面接は優しい雰囲気のものが多く、おどおどせずに、どんと構えていれば、問題ないと感じました。
 論文に関してはもともと文章を書くのは大の苦手で論文は自信がなかったので、EYEで入手した合格者の答案例を自分で覚えやすいようアレンジしてスマホで打ち込み、移動時間や空き時間に読んでいました。実際に書いたのは模試の時だけでした。これにより、論文を対策する時間はかなり削減でき、その分の時間を択一試験の対策にまわしました。

―勉強しやすい環境を整える―

 勉強を嫌だと思ったら、知識は身につかないものだと思います。私は勉強を苦痛だと思わないために、趣味や誰かといっしょにいる時間をこれまで通り確保しました。その時間があったからこそ勉強する時は集中できましたし、生活に余裕があり、とても充実していました。また、WEB動画のサービスを利用し、わざわざ電車に乗って予備校まで行かなくても、どこでも好きな場所で好きな時に勉強していました。もちろん、思いたったら予備校に行き、必要なサービスを利用したり、同じく公務員を目指す仲間と話してモチベーションを上げたりもしていました。このように、EYEの良さを最大限活用し、自分自身で最高に勉強しやすい環境をつくっていました。

―たったこれだけの勉強でこんなに人生が大きく変えることができる―

 「最後には絶対に合格してやる!」という気持ちをもっていれば、自ずと合格は見えてきます。公務員試験は長丁場のため、「思いっきり遊びたい」「やる気がでない」と思う時もあると思います。そんなときは是非遊んでください。たまには休んでください。私の周りでもそれができる人が合格しています。きっと、こんなに勉強するのは人生最後だと思います。と同時に、たったこれだけの勉強でこんなに人生が大きく変わることもないと思います。最後まで粘り、ぜひ合格を掴んでください!

体験記一覧ページに戻る