2017年度公務員試験のEYE合格体験記

「オンとオフを使い分けて」

既卒27歳(受験時)プレミアムコース 4月生

最終合格東京都Ⅰ類A・B

二次辞退国家一般職、武蔵野市(一般事務)

三次辞退横浜市(大卒程度)

採用面談辞退国税専門官

-前職の経験を活かした公務員になりたい-

 私は前職での経験から雇用支援に興味を持ち、やるなら影響力が大きな舞台がいいなと考え都庁を志望しました。そして、都庁にて様々な雇用の問題を解決する為に前職の経験を活かして、多方面からのアプローチをしていきたいと考えました。

-OBの実績からEYEにしました-

 私がEYEに入学した理由は大きく二つあります。一つ目は、合格体験記を読み私と同じような既卒の人が都庁に多く合格しているという実績です。都庁に行きたいと考えたときにインターネットで勉強方法等を調べていた時に、同じ境遇の方が都庁に合格していたのを発見しその方のように勉強していけば都庁に入庁できるというイメージが沸きました。二つ目は、先生方のサポート体制がしっかりしている点です。説明を聞きに行った時に担任の佐々木先生が熱心に話をして頂き合格までのプロセスについて具体的に話をしてくれ、後日資料を送ってくれサポート体制がしっかりしていることが他校にはないと感じました。
 EYEは先生とも生徒間同士も距離が近いことが最もよかったと感じました。学習で行き詰った時には誰にでも相談でき解決することができました。また、論文や面接持にはすぐにチームを作ることができました。

-あまり無理をしないことが秘訣-

 2つの事を工夫しました。1つ目は、メリハリを大切にすることです。1日に何を勉強するかをあらかじめ決めておきそれができたらそれ以上はやらないと割り切りました。この方法により安定した勉強ができました。また、集中が切れた際には歩きにいき体を動かすように心がけました。近くの公園など自然の中を歩く事でリラックスしてました。自分のリラックス法を見つけることが大切だと思います。2つ目は、復習を重視した勉強方法です。復習のペースを学習した1日後、3日後、1週間後、1か月後に設定し問題集に解いた日付と次に解く日付を記載し学習のペースを作るようにしていました。これは、後半になると厳しくなる為あまり無理をしないことが長続きの秘訣です。

-頑張ってる自分を褒めよう-

 公務員試験は地道な努力をすれば必ず報われる試験だと思います。しかし、科目が多く長期戦になるので無理をしないで自分のペースで学習してください。加えて、人と比べる必要はありませんので勉強を頑張っている自分を褒めてあげるようにして下さい。すると、自然と自信がつき良い結果が待っていると思います。皆さんに良い結果が付いてくることを祈っています。

体験記一覧ページに戻る