2018年度公務員試験のEYE合格体験記

「自分らしく努力して掴んだ合格」

明治学院大学 心理学部4年(受験時) 1.0年講座 5月生
プレミアムコース10

最終合格特別区Ⅰ類、国家一般職

二次辞退川崎市(大卒程度)

―家族が公務員をしていたことから、もともと公務員という選択肢あった―

 その上で、公務員はやはり安定した職であることや、福利厚生がしっかりとしていて女性でも働きやすい職場であることが魅力的だと感じ、公務員を志望しました。

―EYEなら素敵な仲間と出会えるのではないかと感じた―

 大学でEYEのティッシュ配りをしていたのが知り合いの先輩だったことでEYEを知りました。その先輩がEYEの担任の先生に受けた手厚いサポートの話や、仲間がたくさんできる環境だからこそ協力して合格できたという話を聞き、EYEに関心を持ちました。
 その後体験授業に行った際も、その授業に来ていたOGの方が自ら声をかけに来てくれたりと、とても優しくしてくださったことから、EYEなら素敵な仲間と出会えるのではないかと感じたことがEYEに決めた理由として大きかったです。また、週間学習表の添削の存在も他校にはないEYEならではのサポートであると知り、入学の決め手となりました。

―私の学習の流れ―

スタート時期

 5月に入学したものの、すでにアルバイトの予定などがたくさん入っていたことから授業に参加できず、遅れをとってしまいました。その後も中々やる気を出せず、一度遅れた授業はそのままに、初回に間に合う授業だけ惰性で出続けていたような状態でした。
 今思うと、アルバイトなどでがっつり自習の時間は取れずとも、せめてきちんと授業に追いついた状態で復習を心がけていたら後々苦労せずに済んだなと後悔しています。

中間期

 スタート期と変わらず惰性で授業に出続けていました。授業を消化する計画を立てても中々実行に移せず、モチベーションが下がりまくりの低迷期だったと思います。
 ただ、一緒に頑張る友人がいたことや、私の状況を知ってこの時期にそんなに授業をためているのは良くないと叱咤してくれる友人がいたことが、少しずつでも勉強を続けられた要因だったと思います。モチベーションが低い時期でも、自分の好きな科目であればそこまで苦にならないことから、そういう時期には好きな科目を多めに自習に組み込むようにしていました。
 本来ならまだ心に余裕を持って勉強していける時期だと思うので、苦手に感じる科目も時間を設けて解いていけると後々捨て科目を作らずに済んだと思います。

直前期

 1,2月は溜め込んだ授業を必死に消化していました。しかしその中でもこれまでの授業の復習をする時間を取ることを心がけ、知識を風化させないように注意していました。
 ただやはり私はモチベーションにムラがあったのと、周りの受験生を見るとどうしても焦りが生まれてしまうため、あえてEYEには行かず自宅や学校の図書館で勉強していました。
 私は余裕のある時期に入ったにも関わらず、本当に周りから遅れていたので、4月頃から過去問に着手しました。問題の傾向も掴めますし、苦手な分野も見えてくるので、過去問にはもっと早めに着手できたらよかったなと思います。
 しかし、どうしてもやる気の出ない日は6時間程度で勉強を打ち切ったり、時には友人と出かけたりすることもありました。周りとやり方やペースこそ違いましたが、自分なりのルールを設けて勉強したことが私にとっては良かったのかなと思います。

―担任の先生方が本当に親身になってくださった―

 交流会や合格者アドバイス会などを開催し、仲間作りを大切にしてくれることから、一緒に頑張る仲間ができたことです。最初は1対1という状況に物怖じし、中々行くことのできなかった個別相談も、いざ勇気を出して相談しに行って見るととても気さくで親身になって相談に乗ってくれました。特に佐々木先生はキビキビとした態度で相談に乗ってくれるので、身を引き締める意味でもよく相談に行かせてもらいました。面接先の情報がない時に、OBOGの方を紹介できるように手配してくださったりと、親身になってくれたので本当に感謝しています。

―私の面接・論文対策―

 面接対策はチューターゼミやEYEの友人で面接グループを組んで練習していました。グループの方では毎日集まれる人たちでEYEに集まって練習したり、時には午後からまち歩きをしたりもしました。2日に1度はグループに参加し、面接練習をしていたような気がします。グループを組んだメンバーは、交流会で知り合った子や合格者アドバイス会で知り合った子たちが主だったので、そういった会には積極的に参加して、EYEでの知り合いを増やしておくといいと思います。
 また、面接カードについてはいろんな人に見てもらい、添削してもらうことも大切です。修正を重ね、完成形になった面接カードが一つでもあれば、後々いろんな自治体の面接カードに使い回せることが多いので、完成形の面接カードが一つでもあると強いと思います。私は佐々木先生に何度も見ていただき、面接対策の終盤の時期に少し言い回しを修正するだけでほぼ一発OKがもらえるようになれたときは嬉しかったです。
 論文対策は初めは仲の良かった友人と2人で手分けして論文作りをしていましたが、途中から進みが悪くなり、結局個人で準備をしていました。個人でとは言っても、寺本先生の論文の本を参考に自分なりに書き換えてみたりしていただけなので、あまり苦労はしなかったです。
 先生や先輩の残してくれた論文など誰でもいいので、自分でこの人の論文はわかりやすいと思える人の論文をとにかく真似してみることが大切だと思います。
 私は論文の対策を始めたのが遅かったので、直前期は3日に1度は実際に書く時間を作りながら、15テーマほど用意していました。

―1日でなるべく多くの科目に触れるように気をつけた―

 勉強が足りない分野や苦手な分野はダーウィンのAレベルは解けるようにしていました。過去問を解いていると頻出分野や傾向が見えてくるので、頻出や傾向的に今年はでるかもしれないという分野だけ抑えた科目もあります。
 また、公務員試験は本当に科目数が多いため、1日でなるべく多くの科目に触れるように気をつけていました。多くの科目に触れる機会があれば、それだけ本番で解けるチャンスが増えると思います。苦手な科目は多めに時間を取っていましたが、それ以外は一定の時間を決めてたくさんの科目を回すようにしていました。

―自分なりのやり方とルールを設け、時にはEYEの先生や友人を頼りながら合格―

 学習の流れの部分で散々私のモチベーションの低さと進みの遅さを露呈させてしまいましたが、こんな私でも自分なりのやり方とルールを設け、時にはEYEの先生や友人を頼りながら合格することができました。
 周りと違うからと焦る必要はないと思います。王道のやり方はあるとは思いますが、必ずしもそのやり方に沿ってないからといって受からないわけではありません。
 公務員試験は本当に長丁場で何度も辞めたくなりますが、努力は必ず報われると思います。自分なりの努力の仕方で悔いのないよう頑張ってください。応援しています!

体験記一覧ページに戻る