2018年度公務員試験のEYE合格体験記

「得意な科目を伸ばして合格!」

武蔵大学 社会学部4年(受験時) 1.0年講座 2月生
ベーシックコース

最終合格特別区Ⅰ類、船橋市(行政一般A)、国家一般職、国税専門官

二次辞退国立大学法人等職員

―女性が働きやすい点に魅力を感じた―

 武蔵大学内で行われた公務員予備校の説明会に参加したことがきっかけで、公務員を志望しました。特に、女性が働きやすい点に魅力を感じました。また、人と接することが好きだったので、多くの人の生活基盤を支えられる公務員という仕事にやりがいを感じたからです。
 EYEを選んだ理由は、どこの予備校に行こうか迷っていたときに、EYEに通う先輩から話を聞いたことがきっかけです。また、実際に校舎の見学にも行きました。EYEは入校前の説明会や見学の機会が多く、事前に先生や校舎の雰囲気を知ることができました。そして、先生の面倒見の良さや、講義に出られなくてもDVD受講がいつでも可能な点、少人数で授業が受けられる点に魅力を感じ、ここなら勉強を継続できると思い選びました。

―私の学習スケジュール―

スタート時期

 2年生の2月から通い始めました。アルバイトも普通にしていたので、授業は後日DVDで受講する事が多かったです。

中間期

 夏休みはただただ溜めてしまった授業をDVDで消化し、復習もあまりしていませんでした。たくさん遊び、旅行にも行っていました。後から思うと、もう少し勉強を進めておくと(特にミクロマクロ経済)後々楽だったかなと思います。また、夏休み中にあった交流会に参加し、勉強仲間を作りました。
 本格的に勉強を始めたのは夏休みの終わりからです。アルバイトもこの頃から、少しずつ減らしました。DVD受講だと休憩時間を多めにとるなど、自分に甘くなってしまうので、授業はなるべく生講義を受けるようにしました。
 特に数的処理とマクロ、ミクロ経済が苦手でしたが、先生に質問しにいったり、友人と教え合うことで対策していました。

直前期

 1月頃からは予備校の自習室が朝の7時に開くようになったので、毎日朝から予備校の閉まる時間まで自習室で勉強していました。しかし、ずっと勉強しっぱなしというわけではなく、お昼は友人と食べたり、少しおしゃべりをする時間を作ることで、あまりストレスを貯めることなく勉強を継続することができました。同じ公務員を目指す友人が周りにいると、不安を共有できるし、勉強のモチベーションも維持しやすいと思いました。
 はじめは、朝早くから一日に何時間も勉強などできないと思っていましたが、この頃には習慣となっていました。
 また、直前では苦手な科目は思い切って諦め、得意な科目で点を採れるように対策しました。私の場合は、直前になっても数的処理に苦戦していたため、教養科目の文章理解や、選択科目に力をいれていました。結果、本試験でも選択科目の得点で数的処理の失点をカバーすることができました。

―EYEで学習して良かったことは、モチベーションの維持がしやすかったところ―

 私は一人で勉強すると怠けるタイプだったので、自習室が長時間開かれ、足を運ぶと周りに話せる人がたくさんいる環境が、とても合っていました。勉強を一緒に頑張る友人が周りにいる事で、モチベーションを保ちました。また、不安がある時、勉強のやる気が起きない時は、担任の佐々木先生やEYEの先生方、スタッフの皆さんとお話することで、ストレスを貯めることなく、勉強を継続することができました。
 また、合格者の先輩方がEYEに来てくださることが多いので、チャンスだと思い積極的に話しかけ、アドバイスや情報をいただくことができました。

―私の面接・論文対策―

【2月後半頃~】

 20テーマほど決め、友人と手分けしてアウトライン作りをしました。例えば、現状・課題・対策(2~3個)を各テーマごとにまとめました。
 特に現状は書き出しの部分で必要となりますので、きちんと把握しておくことが大切だと思いました。

【3月中旬】

 時間をはかり、友達と小論文を書く練習をしました。本番は80分ですが、練習では60分以内で書く練習をしました。出来上がった答案は友人と交換し、改善点などを言い合いました。その後大人の人に添削してもらえる機会があると良いと思います。私はEYEの先生(林先生、山田先生、鹿又先生)に添削してもらいました。
 出来上がった小論文は一つの型としてファイリングし、スキマ時間に眺めるなどしていました。
 あまり小論文に時間を取りすぎると択一試験対策が疎かになってしまうので、やり過ぎないように気をつけました。

【内容】

  • 数値は最新のものを調べ(例:待機児童数、予測帰宅困難者数、高齢化率、出生率など)確実に暗記すると良いと思いました。
  • 対策については、実際に区で行ってる取り組みを調べました。(区のHP、区の広報誌、新聞など。余裕があれば、新聞の地域欄を見ると、話題の区の政策が載っています。)

直前期は紙に書く時間がもったいないと思ったので、スマホのメモ機能を利用し電車などで小論文を書く練習をしました。

 面接対策は一次試験の結果がでて、すぐに面接対策に取り組みましたが、今思うともう少し早めに始めていたほうが気持ちに余裕がもてたかな、と思います。一次試験合格前に対策するのは勇気がいりますが、自己分析くらいはやっていいと思いました。
 私は予備校で友人と毎日のように面接の練習をしました。その他、大学のキャリアセンターや、水道橋にある仕事センターで大人と面接練習をしました。また、希望の区の街歩きも少しし始めました。(どの区から呼ばれるかは分かりませんが、第1志望の区のイベントなどは普段から注目し、参加するの良いと思いました。)
 面接のチームを組んでいましたが、質問も似てくるため他のチームとシャッフルするなど、人を変えて練習をしました。また、男女混ぜて練習をすると良いと思いました。
 動画を撮ってみると、意外と笑顔じゃなかったり、目線が動いていたり、客観的に自分を見ることができるのでおすすめです。

―直前期には週間実績表に勉強科目と時間を毎日記入―

 同じ公務員を目指す友人がいることでモチベーションを保ちました。予備校の自習室では、そんな友人に囲まれている状況で勉強していたので、自分も負けられない、という気持ちになれました。分からない問題をきいたり、情報共有も出来るのでとても良かったです。始めは勉強するのに友人はいなくてもいいと思っていましたが、友人がいなければ私は勉強を継続し続けることが出来なかったと思います。
 また、直前期には週間実績表に勉強科目と時間を毎日記入していました。勉強時間を記録しておくと、自分の頑張りが目で見て分かり、やる気がでました。

―これから勉強する皆さんへ応援メッセージ―

 公務員試験は長く、不安が消えない日々が続きますが、勉強した分だけ結果がでる試験だと思います。特に特別区では、小論文と面接がかなり重要となりますので、択一試験と平行してしっかりとした対策が必要だと思いました。数をこなせばどちらも必ず成長すると思います。
 頑張ってください!

体験記一覧ページに戻る