2015年度公務員試験のEYE合格体験記

「最後に笑っていられるように」帝京平成大学健康メディカル学部4年(受験時)・警察消防教養プレミアムコース1,0年講座3月生・最終合格先:川崎市消防局

モチベーショングラフ

―野球の経験からチームとして動く消防の仕事に興味を持った―

 私が高校2年生の時に東日本大震災が起こり、命を顧みず救助をする姿に憧れを持ったと同時に、野球を通じて仲間の大切さを学びチームとして動く消防の仕事に興味を持ち消防士を目指すようになりました。大学では救急救命士の受験資格を取得出来る学科に進み、将来は救急の現場で仕事をしたいと思っています。

―帝京平成大学の友人の紹介でEYEの無料個別相談で入校を決めた―

 大学の友人に紹介してもらい無料個別相談を受けさせてもらいました。そこで岡田先生に親身になって話を聞いてもらったことや警察・消防に特化したコース、料金設定に満足し、EYEを選びました。

―自分のペースを崩さないで勉強することを意識した―

 スタート期:最初はなるべく生講義を受けるようにし、授業に沿って勉強していきました。さらに、私は昔から数学が苦手だったので数的処理を多めに勉強していました。

 中間期はどの試験でも得点の鍵となる数的処理を固めることに一番時間と労力を費やしました。私は川崎市消防が第一志望だったのでこの時期に社会科目も並行してやっていました。ですが、夏休みになるとやる気が出なくなり勉強が手につかなくなりました。その時は思いっきり遊び気分転換をして切り替えていました。

 直前期は今まで続けてきたバイトを休み勉強に専念しました。直前期になると友達との模試の点数の差に焦りを感じ不安になることもありましたが、自分のペースを崩さないで勉強することを意識して取り組みました。勉強内容としては数的処理と社会科目を重点的にやり、東京消防庁に必要な自然科学を息抜き程度にやっていました。今考えるともっと早く自然科学に手をつけるべきだったと思いました。

―分からないことがあればすぐに聞ける環境がEYEにはあった―

 予備校だけでなく家でも講義を見れることで、いつでも気になった点を見返すことができ復習できることがありがたかった。そして、予備校全体での雰囲気がいいので岡田先生やチューターの方に相談もしやすかったです。分からないことがあればすぐに聞ける環境があったのでかなり為になりました。

―EYEの先輩方や友人が書いた良い論文を読み、良いところを自分の知識にした―

 面接対策の集まりで頂いたレジュメをもとに一項目ずつ自分の意見を考えて本番に臨みました。集団討論の試験があった為DVDで予習し、先生や友人に面接官役をやってもらい何度も練習し面接慣れをするまでやりました。

 論文対策については以前から私は文書を書くのが苦手だったのでまず論文の本を読んでから進めていきました。そして、先輩方や友人が書いた良い論文を読み良いところを盗むようにして自分の知識にしていきました。同じテーマを何度も書き全文を覚えてしまうのも良いと思いますが、私はそれをせずにパーツごとに覚えどのテーマでも使えるように勉強しました。本番では時間が短く感じたので練習の時から時間をもっと意識して勉強していけばよかったと思いました。

―自分にノルマを作りそれをこなした―

 試験で落としてはいけない問題をきちんと取れるように勉強しました。そのためにも数的処理に時間をかけました。また、受験先次第で必要となってくる教科が違うので先に調べてから勉強していきました。自分は集中が長く続かないので、自分にノルマを作りそれをこなすという形で勉強のやる気を出していました。

―これから勉強する皆さんへ―

 やる気を高いところで持続させることはとても難しいでの息抜きをしっかり取り、めりはりはつけて勉強した方がいいと思います。最後に笑っていられるように諦めずに頑張って下さい。応援しています!

体験記一覧ページに戻る