2016年度公務員試験のEYE合格体験記

「onとoffの切り替えを徹底!!」大東文化大学法学部4年(受験時)・個別授業10コマ付き!警察消防教養プレミアムコース8ヶ月講座10月生・最終合格先:警視庁警察官Ⅰ類

モチベーショングラフ

―1人でも多くの人を守りたい―

 私が警察官を志望した理由は、ニュースや新聞の記事等で、罪のない人が凶悪犯の手によって傷つけられるのを見て、胸が痛たみ私が警察官となり1人でも多くの人を守りたいと思った事が警察官を志望した理由です。

―大東会館での公務員個別相談がEYE知ったきっかけ―

 私がEYEに入校を決めたのは、きっかけとなったのは、11月に友人と駅までの帰り道で大学の会館でEYEの方が実施していた相談教室にたまたま参加した事がきっかけです。元々、公務員の試験を受験する予定ではあったのですが、中々勉強に手が付いていない状態でした。当時悩んでいた事をEYEの相談員の方に相談したら、勉強方法ももちろんですが、同じような境遇からEYEに入校し警察官になった方のお話をして頂きました。今まで勉強が手についていなかった私でもEYEに入校すれば変わるかもしれないそんな思いで、評判の良い岡田先生のいる池袋校の面談に行きました。岡田先生の面談では、自分の中で不安だった事を全て話し解消して頂けました。また、校舎内には予備校独自のピリピリとした雰囲気はなく、数分ではあったのですがとても居心地が良かったです。また、当時もバイトをしていたので勉強面の時間の確保にも不安があったのですが、EYEでは自分にあった勉強方法を提案してくれて、これなら頑張れると思いました。何より、講師の方々の面倒見の良さが他校にはない最大の魅力だと思います。

―EYEの良いところはたくさんありますが、とくに自分のペースで勉強を進められる事―

 私は大学が都内で池袋には近かったのですが実家が遠いため、池袋校に通うまで2時間程かかってしまいました。学校に通っている時は、直接池袋校へ行き勉強し、家にいる時はweb講座で勉強しました。私にとっては家でWEB講座で勉強できた事が何より大きかったです。勉強で行き詰まった時は、岡田先生、長谷川先生、受付スタッフの方々に相談する事で解消でき、またチューターの方、合格を目指し一緒に頑張っている仲間の支えもあり、モチベーションが下がっている時はいつも励まされました。

―私の学習の流れ―

 最初の頃は、とにかくDVDを見る事に力を入れました。内容の理解もとても大切な事ですが科目全体の流れを掴みたかったからです。数的推理が苦ってだった為、わかるようになるまで繰り返し問題と向き合いました。中間期は、人文科学、社会科学中心に勉強をしました。警察官の採用試験では人文科学の出題率がとても高いので特に力をいれました。また、模試をこの時期に受ける事によって、何の科目をもっと伸ばすか、何の科目を捨てるかなど判断できるようになりました。直前期は、とにかく過去問、問題集を解く事に時間を費やしました。多くの問題に触れる事によって不安を解消する事に努めました。

―面接対策は先生方や警察志望の仲間と毎日練習―

 面接は、まずは面接カードの作成に取り組みました。面接カードの作成が終わった後は警察官志望の仲間、また岡田先生、長谷川先生と面接練習をしました。その都度、自分では気付けていない表情、話し方、面接カードの添削等のアドバイスを頂けてとても参考になりました。面接練習で心掛けていた事は、面接の時の顔を作るのでなく、素の自分でどう相手に伝えるかという事を心掛けていました。
 論文については、まずは講義DVDを見て書き方等を勉強しました。最初から良い文章は書けなかったので授業で配布される先輩の参考文章を模範にして書く事に努めました。1度書いたらすぐに先生に添削してもらいダメな所を何度も直しました。添削していくにつれ自分の文章で書けるようになりました。論文では、書き方ももちろんですが、社会事情、警察官志望なら警視庁、県警のホームページに記載されている、頻繁に起きている事件、事故、また取り組みに目を通しておく事もとても大切です。

―DVDを巻き戻し学習し、弱点克服―

 工夫した事として、DVDを見る際にとにかくわからない所、聞き逃した事があったらDVDを巻き戻し学習する事です。DVDは1回しか見ない気持ち(同じDVDは見ない)でレジュメ、ノートに書き込み自分専用のノート、レジュメを作成する事がオススメです。自分にわかりやすい言葉で要約したものなら中々忘れないからです。勉強時間の配分も工夫しました。ダラダラ数的処理だけやるのではなく数的処理は3時間だけ、人文科学も3時間といったような決められた時間の中で集中して学習する事を心がけました。最後に工夫した事は、onとoffの切り替えです。毎日毎日勉強する事はとてもきついです。でも、自分の趣味に費やす時間も確保する事によって気持ちもリフレッシュする事ができ、勉強にも集中する事ができました。

―これから勉強する皆さんへメッセージ―

 公務員の試験勉強は、とても根気がいると思います。勉強が中々捗らなかったり、模試で良い結果が残せなかったりと焦ったり、落ち込む時期もあると思いますが、onとoffの切り替えをしっかりして、最後まで自分を信じて頑張って下さい。

体験記一覧ページに戻る