2018年度公務員試験のEYE合格体験記

「初めての猛勉強」

武蔵大学 人文学部4年(受験時) 2年講座 10月生
主要5科目+ベーシックコース

最終合格特別区Ⅰ類

―最初は安直な理由で公務員を考えたのがきっかけ―

 正直な話、安定していそうだな、お金も人並みにもらえそうだな、定時に帰れそうだな、と思ったのが公務員を目指したきっかけです。また、なんとなく私の性格も公務員に合ってる気がしたので、公務員を目指しました。ちゃんとした理由としましては、民間のように第一目的が利益追求ではなく、社会貢献のところ、人の役に立つために働くことができる点を魅力に感じたからです。

―武蔵大生が多く、アットホームな雰囲気に惹かれた―

 同じ大学の人が多いこと、そしてアットホームな雰囲気を魅力に感じ、入学しました。他にも予備校の見学などにいくつか参加しましたが、その中でもアットホームな雰囲気というのはEYEがずば抜けていた気がします。先生との距離感も近く、友達もできやすい、そんな環境で勉強できることは自分にとって大きなプラスになると思います。

―私の学習の流れ―

スタート時期(10月~5月)

 まずは、行われる講義には必ず参加するようにしていました。その上で、最初は一年前の憲法とミクロ経済のDVDを交互に見て学習していました。また、時間のかかる判断、数的にも取り組み始めました。入学当時はゆっくりと勉強を進めていましたが、徐々に勉強する時間を増やしていきました。

中間期(6月~12月)

 とにかく講義には参加して、遅れないようにしていました。この時期からは勉強量も増えていったと思います。私は、講義を早く見終えたかったので、積極的に講義のビデオを見ていた覚えがあります。しかし、見た後の復習が非常に大事だと思うので、定着するまでしっかりと復習することを徹底して行うことが大事です。それと同時に、スー過去にも取り組み、実践的な力を身につけていきました。この時期は講義を見て新しい知識を入れること、そして、知識を定着させるために講義でのレジュメとスー過去を繰り返して勉強していました。

直前期(1月~6月)

 バイトも辞め、一日8~10時間程度やっていたと思います。講義をほとんど見終え、レジュメやスー過去を中心に復習していました。志望先の科目を一通りやった後は、とにかく過去問をやっていた記憶があります。過去問をすることで問題の傾向や特徴をつかむようにしていました。また、自分の苦手な教科や間違えやすいところはノートにまとめるようにして、何度も見返しました。自分ができる問題できない問題を分析して、点数に結びつくように工夫していくことが大事だと思います。

―友達と切磋琢磨していける環境が良かった―

 同じ大学の人が多いこと、そしてイベントなどもあり、友達を作りやすい環境であった点が私にとって大きなプラスだったと思います。私の場合は、友達と協力しながら、そして競争しながら学習を続けていきました。直前期になると、朝は7時から教室が解放され、友達より早く行ってやろうという思いも芽生えました。また、困った時や悩んだ時の先生や先輩チューターさんに相談できる環境は大きな心の支えになりました。私はこの人とつながり、支え合うことができる環境はEYEならではだと思います。

―私の面接・論文対策―

 面接カードを作るときは、EYEの先生や大学のキャリアセンターの職員の方々に面接カードの添削をやって頂きました。その面接カードを元に友達との面接練習を行いました。基本的には、EYEに通ってる同じ大学の人と練習することが多かったです。それに加え、EYEで知り合ったほかの友達とも練習をし、様々な人と練習をする事で、面接力をつけていきました。

 論文対策は最初、グループでも取り組みましたが、最終的には一人で行いました。グループで行うかは好みによると思います。自分に適したやり方がいいと思います。私は、出題されそうなものをピックアップし、構成だけを考えていました。しかし、論文に関してはもっと本番に近い形での練習をやっとけばよかったなと思っています。

―わからなかったところは1つのノートに書き出していた―

 そのノートを頻繁に見返して、知識の定着につなげました。また、友達の存在は大きかったと思います。私の場合は、友達に負けたくないという思いが強かったので、勉強を頑張ることができたと思います。試験に受かりたいというよりも、友達に負けたくないという気持ちの方が強かったかもしれません。勉強が忙しい時でも、友達とのコミュニケーションや情報交換は大事だと思います。

―高校、大学と推薦入学の私でも合格できました!―

 私は、今までの高校や大学へは推薦で入学したため、勉強をたくさんした経験がありませんでした。しかし、そんな僕でも努力すれば合格することができたということが、皆さんへの心の支えになるのではないかなと思います。公務員試験は長い戦いになり、大変なことの方が多いと思います。そんな大変な時に大事なのは、人との関わりだと思います。友達、先生、家族と支え合えば、乗り越えていけると思います。後悔はしてほしくありませんので、自分のやれることはやっておくべきだと思います。

体験記一覧ページに戻る