2018年度公務員試験のEYE合格体験記

「がんばった1年」

東洋大学 文学部4年(受験時) 1.0年講座 2月生
ベーシックコース

最終合格国家一般職、特別区Ⅰ類、国立大学法人等職員

-多くの人の生活基盤を支えていきたい-

 特にやりたいことがなかった、というのが正直なところです。公務員であれば幅広く色々なことが出来ると思って公務員を目指すことにしました。安定さや、福利厚生といった待遇が良さそうというイメージももちろんありました。
 大学で史学を学んでいる中で、教育制度や年金や社会保障などは当たり前ではなく、最近できたということを目の当たりにし、このあたりまえの生活を支えていきたいと思うようになり、人の生活基盤を支える仕事がしたいと思うようになったということにしています。

-「週間学習実績表」のサポートを知ってEYEへ入学-

 大学と家のあいだにあって通いやすいと思って選びましたが、1週間の勉強記録シート(週間学習実績表)があるということが決め手でした。1年間も勉強のモチベーションは絶対に続かないと思っていたので、勉強時間を書いて提出して添削してくれるのであれば、励みになって勉強が続けられると思いました。実際に、自分の勉強時間や科目を可視化できたことでバランスよく勉強できたし、アドバイスも参考にしながら勉強の予定を立てることもできました。

-学習の流れ-

スタート(大学3年生春~)

 基本的には生講義、レジュメの読み直し、ダーウインの繰り返しでした。法律や経済などは講義毎に復習テストがあったため、それを短期の目標にして勉強していました。

中間(大学3年生秋~)

 数的と法律と経済を中心にやっていました。この時期は大学の授業の課題が多くて、勉強時間の4分の3は課題でした。予備校での授業の科目数が増え始めた時期でもあったので不安な期間でした。小論文対策を少しずつ始めた時期でもあり、大学の授業中にネットで調べた内容をノートにまとめたりしてました。

直前(大学3年生春休み~)

 朝7時から自習室が解放されていたので、春休みは毎日7時すぎから9時半まで予備校にいました。残りの科目を2月中にはDVDで見終わることを目標にしてとにかく復習に時間を割けるようにしました。模試を月に1回ペースで受けて(合計3回)モチベーションが下がらないように定期的に目標を達成設定していました。模試は終わってすぐ答え合わせと解き直し、返却されてからもう1回解き直し、直前に間違えた問題だけ解き直しをして少なくて2回、多くて3回は見直すようにしていました。また、一日の勉強の予定を書くノートを作って毎朝予備校に着いたら10分単位で勉強時間の予定を立てて、それに従って勉強するように心がけていました。私は法律と学系はレジュメを読み込むことを中心に勉強を進めていました。基本的にはレジュメ・レジュメ・ダーウインくらいの割合でした。数的と経済はひたすらスー過去を回していました。過去問に取りかかったのはそれぞれの試験の1か月前くらいからだったと思います。特別区が5月頭だったので、3月後半からは本番と同じように時間を測って過去問を解いていました。1か月前はほとんど過去問しか解いていません。時間を測って過去問を解いて、一日の残りをかけて復習をして、という感じで一日1年のペースで特別区は10年分の過去問を2周しました。解き直しの時に、間違えた問題はレジュメを読み直すというようにしてレジュメは使っていました。特別区が終わった次の日から国家一般職の過去問を解き始めました。早いうちから国家一般の問題を解いた方がいいのではないか、という焦りもありました。でも、特別区の対策がきちんとできていれば国家一般の過去問は特別区が終わった後からでも遅くはないと思います。教養は時間との勝負なので時間をきちんと測ってやることをオススメします。

-EYEで学習して同じ目標に向かってがんばる仲間ができたことがとても良かった!-

 私は春休みに自習室で勉強をするまで、予備校で知り合いはほとんどいませんでした。でもお昼の時間が同じ子がいて話すようになったり、知り合いの知り合いでどんどん喋れる仲間が増えていきました。自分だけがしんどいわけではないし、みんな頑張っているから、とモチベーションも上がりました。また、お互いに勉強を教えあったり、情報交換をしたり、違う会社の模試を受けて交換したりと切磋琢磨できる環境だったと思います。 現役の公務員の方やチューターさんと連絡の取りやすい環境だったことも強みのひとつだと思います。先生方を通じて連絡をおってもらえたり、アドバイスをもらえたりとても心強かったです。

-友達と面接演習-

 面接官役もローテーションで回しました。面接官をやることで相手の質問を考えたり、色々な人からの質問をきけたりと勉強になりました。

-グループで論文対策-

 私はグループを作って、テーマを分担して共有し合いました。直前期には、2日に1回のペースで友達と時間を測って実際に過去のテーマで書く練習をしました。意外と時間が少ないので実際に時間を測って書くことオススメします。

-私の勉強での工夫-

 一日にほとんどの教科を触るようにしたことです!一日1教科40分程度で設定して、できるだけ多くの教科を回すようにしました。また、私は問題集よりもレジュメを重視して勉強していました。過去問だけでは穴ができると思っていたのでレジュメをしっかりと読み込むようにしました。

-これから勉強する皆さんへ-

 教科数も多くて、勉強がしんどい時の方が多いと思いますが、努力が報われた時は本当に自信がつきます。辛い時や勉強に飽きた時は受付に喋りに行ってました!公務員試験は勉強した結果か出やすい試験だと思います。諦めずに最後まで頑張ってください!

体験記一覧ページに戻る