受講生ファースト EYEonline
  • Tweet
  • facebook
  • LINEで送る

公務員試験の名門 EYE 公式オンラインWeb
<どんな時代でも公務員になれば乗り越えて行ける>

2017年3月1日 就活

”就活生”に聞いてみた。「就職したい理想の会社は?」

  • 残業がない会社、残業が少ない会社
  • 福利厚生が整っている会社
  • 産休や育休が取りやすく、女性でもずっと働ける会社
  • 有給休暇が計画的に取れる会社
  • ブラック企業ではない会社
  • 転勤が一切ない会社
  • パワハラ・セクハラ・マタハラがない会社
  • 違法行為・脱法行為のない会社
  • 精神疾患にかからない会社
  • 休日出勤、GW・年末年始など長期休暇中に出勤がない会社

そんな会社あるかぁ!!

と声高に叫びつつも、離職率がほぼ0という素敵な会社ならありました。

新入社員の定着率が抜群に高い会社(1~20位)

順位社名3年後離職率
(2011年入社)
(%)
2011年
入社者
(人)
3年後離職率
(2010年入社)
(%)
業種名
1JT0.02073.7食品・水産
2日産自動車0.01220.0自動車
3日本電信電話0.0923.1通信サービス
4JFEエンジニアリング0.0792.4建設
5住友ゴム工業0.0680.0自動車部品
6シスメックス0.0661.5住宅・医療機器他
7大日精化工業0.0620.0化学
8NOK0.0580.0自動車部品
9カシオ計算機0.0520.0電機・事務機器
10アドヴィックス0.0493.7自動車部品
東芝テック0.0498.3電機・事務機器
12ブラザー工業0.0481.8電機・事務機器
小田急電鉄0.0481.8鉄道
14東芝三菱電機産業システム0.0475.0電機・事務機器
15サッポロビール0.04511.9食品・水産
16栗田工業0.0440.0機械
DOWAホールディングス0.04415.2非鉄
18西日本鉄道0.04320.3鉄道
19田辺三菱製薬0.0410.0医薬品
20ADEKA0.0370.0化学

(出典 東洋経済オンライン|就職四季報プラスワン|「3年後離職率」が低い200社ランキング)

探せばあるもんですね。
離職率が低いですので、きっと良い会社なんでしょうね。

ネットショッピングで、1000人以上が評価した上で☆が5個付くのと同じくらい、
かなり信頼度の高い会社
と言えるでしょう。

問題は、
【本日のテーマ】果たして私たちでそんな会社に、入れるのか?内定は取れるのか?
ということです。

ES で大学フィルターに引っかからない名門大学の名門学部生で、面接も上手で学校の成績もAばっかり。
仕事もできそうな人なら、きっと入れるでしょう。

でも、そんな人どれだけいるの?

自分の大学・学部だと、ESで切られそうだし、1浪1留しているから年齢がヤバそうだし、なんやかんら『女子』というだけで避けられそうだし、文系学部生は結局『営業』なんでしょ?どうせどうせ…

そんな不安を抱えているあなたにも、
1つだけ解決策があります。

それって公務員じゃないですか?

いいえ。
ただの公務員では、解決策にならない場合があります。

答えは、A. 地方公務員。

それも財務状況の良い市役所か区役所です。

財務内容は公表されているので、調べればすぐ分かります。

財務内容の良い市役所・区役所の職員採用試験は、
毎年実施されています。これに合格すればいいのです。
試験内容は少しだけやっかいなところもありますが、
それほど難しいわけではありません。
ここ最近のマスメディアの誘導で、世間的には
「雇用が良くなってる!」ということになってます。

雇用が良いのは離職率の高い業界、会社ばかりです。
入れても入れてもすぐ辞めるので、年中募集が常態化しています。
そういった会社なら誰でも入れます。

まだ社会が何たるかを知らない学生さんたちは、毎年多くの新卒が辞めつづけている業界・会社に就活しては内定をもらって喜び、そして入社してすぐに辞めてしまいます。そこから先の人生が、大変な困難を極めるのは、想像に難しくないでしょう。

大切なことなのでもう一度言います。

最も信頼に値する就職先は、
地方公務員。
それも、財務内容の良い市役所や区役所です。

・浦安市役所(千葉県)
・港区(東京特別区)などがオススメ!

○離職率の低い会社に入ることができるくらいの自信がある人○名門大学の理科系学部・大学院生で、教授の推薦が効く人○営業が大好きな人

そういうあなたは、民間企業に進むのが最適です。
きっと性格的に向いてるので、民間企業の方が
イキイキ♪と仕事できるんじゃないでしょうか。

でも、そうではない、そこのあなた。
つまり、

○ライフワークバランスを大事にしたい人○経済力、仕事力をしっかり持ちたい女性○基本的に、転勤はイヤ!な人

は、地方公務員。
それも、財務内容の良い市役所・区役所を目指しましょう。

大切なことなので3回言いました。
もう言いません。



えっ!?自分には高望み?学力に自信がない?

たしかにそうですね。
集合授業や映像授業をやっている、
普通の公務員講座では無理かもしれません。

だがしかし!
・1対1の個別授業・マンツーマンの面接対策・メンタル面も応援してくれる担任
そんな予備校があったらどうですか?

合格率を見たら分かります。

EYEの合格率を知りたいなら、ここをクリック!



というわけです。

公務員試験は、大学も学部も年齢も関係ないですしね。
大丈夫です、合格できます。
EYEはそんな面倒見の良い、公務員予備校ですから。

あなたもきっと、受かります。
合格体験記を読んでください。

便利だからと大学の学内講座に申し込んでしまったり、 大きいから安心だと大手の資格校講座に申し込んでしまう前に、 ぜひ1回EYE にいらしてください。

私たちも”営業”は嫌いなので、安心していらしてください(笑)

企業を離職率や社風で選ぶなら、公務員の学校・講座は
合格率と学校の空気感で選んでください。

ピリピリしてない、先生が「上から目線」じゃない、話しやすいetc

マッチするかしないかは、あなたが来て見て、確かめてください。