大学生 特集ページ

EYE受講生の大学3年生に聞きました。「あなたが公務員になりたい理由はなんですか?」

  1. 1位「安定」「安心」
  2. 2位「人のため、地域のために働くことができる」
  3. 3位「仕事の幅が広く、楽しそう」

大学3年生の多くの受験動機は「安定」です。
40年間だけでなく、その後も安心して暮らすことができるからでしょう。

CHECK 01
安定した給料
CHECK 02
リストラがない終身雇用
CHECK 03
退職金制度の充実
CHECK 04
結婚後や産休後も働きやすい環境

など「安定や安心」は生きていくうえで、一番といってよいほど重要になってきます。

どんなに「世のため人のために貢献したい!」という気持ちが強くても、
実現するには前提として、自分自身や周囲が幸せな暮らしを
送ることができているかどうかも大切なんです。

利益目的で働くよりも、
「人のため、地域のために働きたい」人増えてます!

公務員は色んな仕事をするので、
「働きながら自分探し」ができます!

多くの公務員では、2~3年の間隔で色んな部署をローテーションしていきます。
地方公務員なら、
「福祉」「教育」「環境」「まちづくり」「観光」「国際」
など、多くの仕事を経験することができます。
「福祉」といってもその中で、「高齢者」「障害者」「児童」など
いくつもの分野に分かれ、それらを一定のサイクルで経験できます。

これからの40年間を考えたら、あなたの進路は公務員です。

就職はあなたの大きな人生の問題です。
なんといっても仕事は、

  • ☆ 第一に安定していること
  • ☆ 第二に人のためになること

この2つが大事なことです。

では、ここで考えてみましょう。
民間企業へ就職した方々は、
1年以内に15%、3年以内なら35%もの方々が退職しています。

どうしてでしょうか?
それは「決める」ことまでしか考えていないからです。
「決める」ことも大事ですが、決めた後の人生は長いです。
ぜひ、10 年後20 年後の仕事、そしてプライベートをどのように
過ごしていたいかを考えて、将来の就職先を決めてください。

大学3年生からの質問 Q&A

Q1.EYE の講義は週何回ありますか?

A.通学ペースは入学時期によって変わってきます。
基本的に学習しなくてはいけない科目数は早く始めても、遅く始めても変わりません。
早い時期に学習をすれば、1 週間に受講する科目数も減り、遅くなればなるほど1週間に受講する科目数が増えていきます。

【4月~6月から学習スタートの場合】
週2~3回の講義を受講
【7月~10月から学習スタートの場合】
週3~5回の講義受講
【11月以降から学習スタートの場合】
週5~8回の講義受講

※講義1回=3時間になります。
※志望先によって講義受講ペースも変わります。

アルバイトやサークル、部活と両立したい方や、教育実習や保育実習などで一定期間学習ができなくなってしまう方々は、できるだけ早めに学習をすることをオススメします。

Q2. 公務員と民間就活の両立はできますか?

両立することは可能です。ただ、10社以上は厳しいです。
民間企業を受けるにも「OB・OG 訪問」や「企業研究」などが必要で、そちらに時間を使うと、公務員試験対策がおろそかになってしまうからです。

ですから、5社くらいまでに抑えて公務員試験に専念することをオススメします。
また、EYE受講生は公務員試験の併願先として「公益法人」などを受けています。
以上のように、民間企業の就職活動もしたい方ほど、公務員試験対策を早めにして欲しいと思います。早ければどちらの対策もできますが、遅いとどちらか一方の対策をする時間しかなくなってしまうからです。

Q3. 公務員にはなりたいと思うが、志望先が決められないどうすればいいですか?

公務員試験の特徴として、「ほとんどの試験種で出題科目が類似している」ということがあります。
ということは、「ある一定の学習をしてしまえばおのずと他の試験種も受験できる(併願できる)」ということなのです。
EYEでは基本的に、「憲法」「経済原論」「数的処理」この3科目を最初に学習していただきます。
この3科目はほとんどの公務員試験で出題され、なおかつ「出題数が非常に多い科目」になっています。
そうしますと、この3科目を学習している間に、ご自身の志望先などを決めていただければよいわけです。
「学習をしながら、受験先を決める」 この方法がベスト!といえます。

【無料】個別相談を申し込む