EYEの経営

社長からあなたへ

やりたいことはやまほどある。人材が必要だ。今いる人はもちろん、ひとりとして欠けることなく、さらに新しい仲間を集いたい。
昔は想像すらできないことが今は実現できている。たとえば、大阪や京都に校舎をつくるとか、公務員講座受付件数の一番校になるとか(法政大学生協内)。

私はこの会社を続けている意義として、昔から言いつづけていることがある。ずばりドリームカンパニーをつくること。

世の中に自分が考える理想の会社など存在しない。ならば自分がつくる。これは私だけの夢の会社でなく、社員、講師、バイトのみなさんにとってのドリームカンパニーだ。自分が企業づくりに参画するから、ドリームができる。

自分で考え、他の人からも知恵を借り、そしてたくさんトライしたい人にとって、EYEは最高の職場だ。

そして、EYEは受講生第一主義のスクールだ。大きな業務は2つ。1つはできるかぎりのサービスを受講生に提供し、満足感を味わってもらうこと。もう1つは実際に試験に合格してもらうこと。
お金(利益)が先にあるんじゃない。受講生を大事にしたら利益がついてきた。そんなスクールだ。

受講生のために、自分の成長ために、会社のために、
ともに働ける仲間を集いたい。


代表取締役 生稲富士男(講師名 今村潤平)

Page Top